新料金プランはコスパ最高!?キャリアならドコモがよい理由

「ドコモは高い」に打開策!?低料金の決め手は驚きの●●?!

現在、7割以上の人が使っているスマートフォン、
俗に言う《スマホ》、
それに関して不満な点はありませんか?

私自身は過去に、《スマホ料金》について
特に不満を感じていました。

私は今現在、大手携帯会社である
“docomo”と契約しています。

そんなdocomoユーザーにとって
嬉しいニュースが飛び込んできました。

それは2019年6月1日より《料金プラン》が
シンプルに2種類のみになるということでした。

そんな過去に不満を感じていた部分の
解決法を紹介していこうと思います。

(1)分かりにくく高かった!過去の料金プラン

6月1日以前は、個人で使う料金プランは
《2GB》《5GB》の2種類でした。


家族でシェア料金プランは
《5GB》《10GB》《15GB》の3種類でした。

どのプランも《データ容量》がとても少なく、
その割に月々の《スマホ料金》が
とても高く感じていました。

①個人:データSパック《2GB》 → 税抜3,500円/月

②個人:データMパック《5GB》 → 税抜5,000円/月

③家族:シェアパック5《5GB》 → 税抜6,500円/月

④家族:シェアパック10《10GB》 → 税抜9,500円/月

⑤家族:シェアパック15《15GB》 → 税抜12,500円/月

《データ容量》の観点から考えると、
家もしくは外出先にWi-Fiがあることが
前提なのかと思いました。

家にWi-Fiがなかったので、
すぐ通信速度が遅くなってしまい、
色々と大変な思いをしました。

(2)分かりやすく安くなった!新しい料金プラン

6月1日以降の料金プランは
シンプルに2種類となり、
分かりやすくなりました。

月々の《スマホ料金》も安くなりました。

①ギガライト → 《1GB》税抜2,980円/月

         《3GB》税抜3,980円/月

         《5GB》税抜4,980円/月

         《7GB》税抜5,980円/月

②ギガホ    → 《30GB》税抜6,980円/月

ギガライトは《1GB》から《7GB》まで、
段階を踏んで《スマホ料金》が
高くなっていくプランです。

《7GB》以降は通信速度が遅くなり、
最大速度は128kbpsとなります。

家にWi-Fiがあって、《データ容量》を
あまり使わない人にオススメの料金プランです。

ギガホは大容量の《30GB》で、
圧倒的コストパフォーマンスが
良いと思っています。

《30GB》以降は通信速度が遅くなり、
最大速度は1Mbpsとなります。

毎月《7GB》を超える人や、
家にWi-Fiがない人にオススメの料金プランです。

旧料金プランはデータパックMを選んでいて、
毎月の《スマホ料金》は約10,000円でした。

新料金プランのギガホに変えてから、
毎月の《スマホ料金》は以前より
500円程度上がりましたが、《データ容量》が
大幅に増えたので、物凄く満足しています。

遅い!●●するだけでWi-Fi通信速度を上げる裏ワザ大公開

使いたい時に限って、ワイファイがつながらない!!

こんな悩みを一発解決!

・今すぐWi-Fiの通信速度を上げたい!
・動画がダウンロードできなくてイライラする!
・お昼や夕方の通信速度が遅くてこまる!!

ここでは、こうした悩みを解決します。

危機一髪!ワイファイを瞬時でつなげる裏ワザ大公開!

こんにちは。


今日は、Wi-Fiが遅くてつながらないときに
やるべきことをまとめていきます。

Wi-Fiが遅くてつながらないと、イライラしますよね。


私も速度が遅くてイライラしたことがあります。

では、一つずつ見ていきましょう。

機器の不具合?再起動してみよう!!


まず、一番目の原因として
機器の不具合が考えられます。


これは、子機だけではなく、
親機、つまりルーター側の不具合
だということもあります。


そのため、再起動してみると直るかもしれません。

再起動の方法は簡単です。


iPhoneなら電源を切って
電源を入れ直すだけ。


Androidなら電源ボタンを長押しすると
再起動ボタンがあると思うので、
それを押すだけです。


これで改善するかもしれません。

機器の性能不足?確認方法今すぐチェック!


Wi-Fiが遅いのはもしかすると
機器の性能不足かもしれません。


ですので、自分が使っている機器の
性能を確認しておきましょう。


と言っても、確認方法は簡単です。


最近買ったものかどうかで大体わかります。

最近発売されたものなら
だいたい十分な性能があります。


しかし、何年も前のものなら
性能が不足している場合があります。


もちろん、子機だけでなく、
親機も確認しておきましょう。


新しいのもならだいたい大丈夫です。

ただ、新しいものでも
廉価版は最新の規格に
対応してないものもあります。


私が所有しているAndroidは
Wi-Fiの5GHz帯に対応していないので、
そこまで性能はよくありません。


他の端末で出るスピードの
半分ぐらいしか出ません。

一度、スペック表を
見てみるのもいいでしょう。

回線の混雑?乗り換えるならWiMAX!


最後の原因として考えられるのは回線の混雑です。

いくら自分が持っている機器の規格が
最新でも、性能が足りていても、
遅くてイライラする事があります。


ただ、こればっかりはどうしようもありません。

回線を乗り換えるしかありません。


ただ、回線を乗り換えるにも、
かなり手間がかかりますし、
何より固定回線は利便性が悪いです。


家でしか使えませんし、
速度も遅い場合はとことん遅いです。

そこで登場するのがWiMAXです。


使えるエリアは限られていますが、
おそらく多くの場所で使えるでしょう。


また、速度もある程度安定しています。

これは、エリアによっても
かなり変わってきます。


私は昔、エリアのギリギリで
使ったことがありますが、
速度はかなり遅かったです。


ただ、エリアのどまんなかにあるような場合なら
かなり安定して速度が出るでしょう。

WiMAXは様々な業者が提供していますが、
一番オススメなのは、UQ WiMAXです。


最近UQ mobileとのセット割も開始し
UQ mobileと一緒に使うなら
かなりお得に使えます。

ただ、最大の欠点として
3日間で10GB のデータ量制限があります。

しかし、そんなにたくさん使わないよ、
という人にはもってこいなWi-Fiだと言えるでしょう。