格安sim徹底比較スマホゲーム編/モンストに最適なのは?

題名:
モンストを快適にプレイできる格安SIMは?比較してみた!
格安sim徹底比較スマホゲーム編/モンストに最適なのは?

皆さんはどんなタイトルのスマホゲームを
端末に入れているのでしょうか?

人によって様々だと思いますが、
“パズルゲーム”系統が多いと考えています。

私の場合はタイトル通り“モンスト”を入れていて、
毎日欠かさずログインして
オーブなどをゲットしています。

3年ほど前にモンストをやめて、
1ヶ月ちょっと前にまた改めてダウンロードし
てプレイしたのですが、
大きく変わっていてビックリしたのを覚えています。

久々にプレイしてみて「こんなに面白かったっけ?」
という状態に陥っています。

モンストのゲームに対する不満点はない
(強いて言うならガチャで⭐6を当てまくりたい)
のですが、「使っている端末の保存領域が少ない」
「処理速度などが遅く、マルチがスムーズに行かない」
などといったゲーム以外の不満点があります。

そして今現在“HUNTER × HUNTER”
コラボを開催していて、自分が欲しいのは
“ゴンの獣神化”なのですが、
自分のガチャ運では引き当てることができず、
課金しようかと悩んでいるところです。

課金するにも懐に余裕がなくなりそうで
無課金のままだと思いますが・・・。

そこでモンストをするのに個人的に
必要だとおもった“端末性能”、
自分の懐に余裕を持たせるために
少しでも格安でコスパの良い“格安SIM”を
紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のような悩みを解決します。

● モンストに必要な端末性能とは?
● データ通信容量5GBでコスパが良いのは?
● データ通信容量10GBでコスパが良いのは?

(1)モンストに必要な端末性能とは?


個人的に嵌まっている“モンスト”ですが、
比較的データ使用量が少なく(軽く)、
MMORPGなどの容量を多くとるゲームではないので、
端末性能がよっぽど低くない限り、
処理落ちなどのトラブルもなく
快適にプレイできると思います。

個人的に思う端末を購入する際に
確認したい項目が2点ほどあります。

あくまで“モンスト”をやりこむ場合ですが、
“ROM”と“バッテリー容量”を確認して
欲しいところです。

というのも自分が苦い経験した項目なので、
他の人にも注意して欲しいからです。

“ROM”というのは“ストレージ”とも呼ばれ、
端末の保存領域のことを指します。

これが少ないとアップロードをする際に
スムーズにできないことがあるからです。

そして“バッテリー容量”ですが、
降臨クエストで2時間以上プレイする際に、
残りの電池が少ないと焦ってしまい
「クリアできるのにできなかった!」
などといった経験をしなくて済むからです。

特に後2・3体で運極ってときは・・・。

(2)課金額が増えより強くなる!?コスパが良い格安SIMはどれだ


モンストをプレイしていく中で
特に重要となってくるのが
“ガチャ”だと思います。

このガチャの引きによってノーマルクエストはともかく、
降臨クエストなどがスムーズに
行くか行かないかを左右します。

フレンド枠を見て「良いキャラばっかり・・・」
と嘆くことも。

人によってはシングルで自分が
欲しいキャラをゲットしたり、
はては10連ガチャを何回も回したのに
ゲットできなかったり、と様々だと思います。

私自身はどちらかと言うと後者に当たりますが、
前者・後者問わず課金をする人は
主に“ガチャ”が目的だと思います。

当たり前の話ですが、課金するのには
“お金”がかかってしまいます。

そのお金を出すために節約する人は多いと思います。

ある意味毎月お金がかかるもので、
安く抑えることができるのが
“スマホ使用料”だと思います。

人によっては毎月、諭吉が1人分と
野口が数人分消えてしまうこともあるでしょう。

それを格安SIMに乗り換えることによって
抑えることができれば、人によっては
課金額を2倍に増やせるかもしれません。

そこでどの格安SIMが毎月の料金を
抑えることができるのか
比較していこうと思います

比較していく格安SIMは、
“UQモバイル”“LINEモバイル”“LinksMate”の3社で、
5GBと10GBで行いたいと思います。

(3)普段使い想定の5GB!どこの格安SIMがオススメ?


それでは比較していこうと思います。

  1. UQモバイル
    料金プラン:プランS(3GB)+データチャージ(2GB)
    月額基本料金:1,980円/月+2,000円/月
  2. LINEモバイル
    料金プラン:コミュニケーションフリー(5GB)
    月額基本料金:1,640円/月
  3. LinksMate
    料金プラン:データ通信&SMS(5GB)
    月額基本料金:1,500円/月

それぞれまとめていくと、
“UQモバイル”は月額3,980円、
LINEモバイル”は月額1,640円、
“LinksMate”は月額1,500円でした。

5GBにおいて、
1番料金を抑えることができたのが
“LinksMate”と言う結果になりました。

(4)攻略動画視聴想定の10GB!どこの格安SIMがオススメ?


それでは比較していこうと思います。

  1. UQモバイル
    料金プラン:プランM(9GB)+データチャージ(1GB)
    月額基本料金:2,980円/月+1,000円/月
  2. LINEモバイル
    料金プラン:コミュニケーションフリー(5GB)
    月額基本料金:2,640円/月
  3. LinksMate
    料金プラン:データ通信&SMS(10GB)
    月額基本料金:2,500円/月

それぞれまとめると、
“UQモバイル”は月額3,980円、“LINEモバイル”は
月額2,640円、“LinksMate”は月額2,500円でした。

ビックリしたのが5GBと10GBの料金が同じだった
“UQモバイル”でした。

そして5GBと同じで最も安く抑えることができたのが
“LinksMate”という結果になりました。

(5)まとめ


いかがだったでしょうか。

モンストを快適にプレイするのに
必要な端末性能と格安SIMの中で
月額基本料金を安く抑えることのできる
会社が分かったと思います。

まとめると、

● 端末性能は“ROM(ストレージ)”と“バッテリー容量”を要確認!
● 最も月額料金を抑えることができるのが“LinksMate”!
● ぜひ格安SIMに乗り換えて課金額を増やして⭐6キャラをゲット!

ということです。

あなたが快適にモンストができて、
ガチャで⭐6の欲しいキャラを
ゲットできますように願っています。

スマホゲームお勧め格安sim比較!リンクスメイトvsUQモバイル

皆さんはスマホでどのような
ジャンルゲームをしていますか?

パズドラやモンストのような
“パズルゲーム”でしょうか、

もしくはグラブルやアヴァベルのような
“MMORPG”でしょうか?

自分がプレイしている、

または、
プレイしたいゲームによっては
「画面の動きが鈍くて楽しめない!」
などといった不満が出てくると思います。

酷いときには、スマホを壁に
投げつけたくなる気分に
なってしまうこともあります。

私自身も過去に、MMORPGの
アヴァベルをプレイ中、
画面の動きが鈍くなってしまうことが多く、
とても「快適」とは言えませんでした。

その影響として攻撃が当たらず、
モンスターの攻撃も回避できない!

そのせいかレベルも上がらず、
ゲーム内のお金も全然増えなかったので、
当時上級職に上がる前にやめてしまいました。

そんな経緯もあってか、それ以降は
端末の見た目よりも性能を重視するようになりました。

そこで、最近CMなど見るようになった
『格安スマホ』または『格安SIM』の中で、
料金プランを見た際にゲームをするには
適していると思った会社が2つあり、
そして個人的にどっちの格安スマホの方が
コストパフォーマンスが良いか比較してみました。

この記事を読むことによって、
以下のような悩みが解決できると思います。

  • ゲームに適している端末性能とは?
  • LimksMateの端末・料金プランとは?
  • UQモバイルの端末・料金プランとは?

(1)スマホゲームの「快適さ」に直結!重視すべき端末性能とは?

私が経験したような「スマホ画面の動きが鈍い」
といった不満点は、
機種変更すればなくなることが多いです。

また「データの保存領域が少ない」
というのも同様で、
よりメモリーが大きい端末に
機種変更すれば解決できます。

そういったスマホゲームが快適にできない
という不満点を解消するために、
機種変更の際に確認すべき項目を解説します。

  • CPU

端末の処理速度に関する部分で、
スマホの頭脳に相当します。

Android端末だと、搭載されている
主なCPUは“Snapdragon”“Kirin”です。

それぞれのCPUの数値が高ければ
高いほど性能が良く、
端末の値段も高くなってきます。

  • RAM

スマホのプログラム作業領域のことで、
この領域が多ければ多いほど、
アプリがバックグランドでも
終了せず状態を維持してくれます。

ゲームのマルチプレイ募集のときに、
他のアプリを起動してゲームに戻った際に、
タイトルに戻らずにすむ、ということです。

  • ROM

“ストレージ”とも呼ばれていて、
あらゆるデータの保存領域のことを指します。

Android端末はSDカードを
挿入することによって拡張することができますが、
最近のゲームデータはSDカードに
移せないことが多く、
端末のROMが多い方が良いです。

  • バッテリー容量

あまり気にする必要がないと
思っている人が多いと思いますが、
スマホゲームをしていると、
想像以上にバッテリー消費が多く
下手したら6時間ぐらいで
充電が必要になってくることもあります。

(2)LinksMateの取り扱い端末とは?

2019年11日20日現在、
公式サイトにて取り扱っている端末を
何点か紹介します。

  • OPPO A5 2020
    • 一括:26,000円
    • CPU:Snapdragon665
    • RAM/ROM:4GB/64GB
    • バッテリー容量:5,000mAh
  • OPPO Reno A 64GB
    • 一括:34,000円
    • CPU:Snapdragon710
    • RAM/ROM:6GB/64GB
    • バッテリー容量:mAh
  • ASUS ZenFone6 128GB
    • 一括:68,600円
    • CPU:Snapdragon710
    • RAM/ROM:6GB/128GB
    • バッテリー容量:3,600mAh
  • ASUS ZenFone6 256GB
    • 一括:81,800円
    • CPU:Sbapdragon855
    • RAM/ROM:6GB/256GB
    • バッテリー容量:5,000mAh
  • HUAWEI P30 lite
    • 一括:29,8000円
    • CPU:Kirin710
    • RAM/ROM:4GB/64GB
    • バッテリー容量:3,340mAh

(3)LinksMateのオススメ料金プラン・オプションとは?

LinksMateの料金プランを見てみると、
スマホゲームと連携しているものが多く、
特に月額500円で加入できる
“カウントフリーオプション”が特にオススメです。

“カウントフリーオプション”の
特徴として挙げられるのが、
連携しているゲームやコンテンツの
データ通信量を90%OFFしてくれる機能なのです。

動画視聴やMMORPGなどの
1回のデータ通信が多いものと相性が良く、
毎月の費用も抑えることができます。    

また料金プランについても
ゲームに関する特典がよく、
データ通信容量は1GB/5GB/10GB/
20GB/30GBから選ぶことができます。

  • 1GB:500円/月
  • 5GB:1,500円/月
  • 10GB:2,500円/月
  • 20GB:4,200円/月
  • 30GB:5,400円/月

(4)UQモバイルの取り扱い端末とは?

2019年11日20日現在、
公式サイトにて取り扱っている端末を何点か紹介します。

  • HUAWEI P30 lite
    • 月額:600円(36回)
    • CPU:Kirin710
    • RAM/ROM:4GB/64GB
    • バッテリー容量:3,340mAh
  • SAMSUNG Galaxy A30
    • 月額:600円(36回)
    • CPU:Exynos 7904
    • RAM/ROM:3GB/32GB
    • バッテリー容量:4,000mAh
  • SHARP AQUOS sense2
    • 月額:300円(36回)
    • CPU:Snapdragon450
    • RAM/ROM:3GB/32GB
    • バッテリー容量:2,700mAh
  • HUAWEI nova lite3
    • 月額:300円(36回)
    • CPU:Kirin710
    • RAM/ROM:3GB/32GB
    • バッテリー容量:3,400mAh
  • OPPO R17 Neo
    • 月額:300円(36回)
    • CPU:Snapdragon660
    • RAM/ROM:4GB/128GB
    • バッテリー容量:3,600mAh

(5)UQモバイルのオススメ料金プラン・オプションとは?

料金プランを見てみると、
あまりゲームに関するものはなく、
どちらかと言うと通話や
各種SNSに特化していると感じました。

携帯会社特有の自分に適している
料金プランが分からない、というものはなく
非常にシンプルです。

データ通信容量はS(3GB)/M(9GB)
/L(14GB)の3種類から選ぶことができ、
1ヶ月間の通話量によって
通話オプションを選ぶことができます。

  • S(3GB):1,980/月
  • M(9GB):2,980/月
  • L(14GB):3,980円/月

(6)コスパが良くスマホゲームに適しているのは〇〇だ!

スマホゲームに適しているのは、
端末の品揃えが良く、料金プラン・オプションが
スマホゲームに特化している
LinksMateがオススメです。

それぞれの端末の項目
(CPU/RAM/ROM/バッテリー容量)が
UQモバイルの端末と比較した際、
の項目もLinksMateが優れていて、
“カウントフリーオプション”を使ったことも考えると
圧倒的にコスパが良いです。

(7)まとめ

いかがだったでしょうか。

LinksMateとUQモバイルを比較した際、
それぞれの会社の特徴が分かったと思います。

まとめると、

  • 端末性能の善し悪しは4項目
    (CPU/RAM/ROM/バッテリー容量)が左右する!
  • LinksMateはスマホゲーム向け!
    UQモバイルは普段使い向け!
  • コスパが優れているの圧倒的に“LinksMate”!

ということです。       

あなたが快適に
スマホゲームができることを願っています。

格安SIM乗り換えがアイマス進捗の鍵?驚くべきその裏ワザとは

皆さんは、アイドルマスターというゲームを
ご存じですよね。


来年には15周年を迎える大人気ゲームなので
当然だと思います。


本日は、そんなアイドルマスターを
より楽しく遊べるお得な話を持ってきました。

・お薦めのアイマスシリーズ・デレマス
・基本無料ゲーだけど、パケット量が心配
・スマホ代は高いけど、課金もしたい

そんな悩めるプロデューサーさんたちに
贈るとっておきの話があります。

どこでも気軽に遊べるゲーム、やっぱりデレマスが一番


アイドルマスターシリーズといえば、
通称アケマスことアーケード版の
元祖アイドルマスターから始まり、
実に22タイトルのゲームを世に送り出した
大作シリーズ。


その中でも私の一番のお薦めは、
やっぱり手軽にスマホで遊べる
アイドルマスター・シンデレラガールズ。

通称デレマス。


いわゆる基本無料のスマホぽちぽちゲーなので、
現代日本の忙しい社会人の皆様でも
気軽に遊べるところが最大の売りです。


持ち歩いて当然のスマートフォンで、
出勤の最中や仕事のお昼休みに
気軽にぽちぽちアイドルを目指す可愛い女の子たちを
育成できますよ。

やっぱり夢を追いかける若者を
応援するのが、大人の務めだよね!


いや、下心なんてないですよ?

楽しいデレマス、だけど気になるのはパケット通信量と課金


立派な大人として(?)出来るだけ
沢山の可愛い女のk・・・頑張る若者を
応援したいけれども、
そうなるとやっぱり気になるのが、
課金とパケ代。


デレマスで沢山のアイドルの卵たちを
育ててあげようと思ったら、
やはり課金は必須でしょう。


そしてもちろん、いつでもどこでも
応援してあげたいと思えば、
パケット通信量も気になるところ。

せっかく善意から沢山の若者を
応援したいという欲はあるのに、
パケ代やゲーム課金には限度があります。


くそう、なんて世知辛い世の中だ!

大丈夫です!


そんな、出来るだけ多くの女の子を
アイドルとしてデビューさせてあげたい
心の優しいプロデューサーさんに、
今日はとっておきの解決策をお教えします!

スマホを乗り換えれば全部解決!UQモバイル


とっておきの解決策、それは今お使いの
スマーフォンをUQモバイルに乗り換えるだけ。


なんと10月1日から料金プランが
一新されたUQモバイルは、
月3Gまでのパケット通信が付き、
月々たったの1980円
(スマホプランS選択時、本体・通話・税別)。


しかもUQモバイルには、
節約モードという手動切り替えの
低速モードがあるので、
自分の好きなタイミングで、
低速通信と高速通信を切り替えられるんです。


節約モードの最中はパケット通信量が
カウントされなくなるので、
メールやサイトの閲覧を節約モードで済ませて、
デレマスは高速通信でプレイ
なんてことが可能になりますよ。


さらに、今ならこちらのキャンペーンサイトで、
5000円のキャッシュバックキャンペーンを開催中。

・UQモバイルに乗り換えればスマホ代が安くなる
・節約モードがあるから、ゲームに沢山パケットが使える
・キャッシュバックで課金も可能に

これは絶対お得ですよ、
プロデューサーさん♪(千川ちひろ風)。

モンストOK!激安108円格安スマホゲーム端末の通信速度は?


・モンスターストライクしたいけどスマホは高い
・今ガラケーだけどスマホゲームをしたい
・モンスターストライクしたいだけだけどスマホは端末が高い


この記事は、そんなあなたのための記事です。

端末スペック不問!?端末選ばないモンスターストライクとは

スマホゲームが1大ブームを巻き起こしている昨今ですが、
長らく有名なゲームの一つに
モンスターストライクというゲームがあります。


このゲームで遊ぶのにハイスペックなスマホを
要求しないことも含めて、
非常に人気が高いゲームです。


スマホゲームによっては、
スマホに負荷がかかるので、
処理能力の高いハイスペックなスマホで無ければ
遊べないゲームもあります。


しかし、モンスターストライクは、
基本的にLINEが使用可能な性能のあり、
ゲームアプリがダウンロード可能なスマホであれば、
遊ぶことが出来ます。


モンスターストライクで遊ぶことを中心に考えるなら、
これらの条件を満たすスマホであれば、
安いほうが良いのです。

最安はUQモバイル!? DIGNO Aが圧倒的に安い秘密とは


UQモバイルで「ピッタリ・おしゃべりプランM」
(月額3218円)に加入し、DIGNO Aを契約すると、
実質端末代金を108円にすることが出来ます。


安い端末を探しても、108円よりも安価なスマホは、
なかなか見つかりません。

しかし、UQモバイルには108円のスマホがあります。


機種単体購入で108円になるわけではありません。

「ピッタリ・おしゃべりプランM」に入ることで
割引を受けられるのです。


DIGNO Aの分割支払金は初月が、
1404円です。2カ月目以降は、1296円になります。


UQモバイルで「ピッタリ・おしゃべりプランM」
に加入すると、初月から、
「2カ月目以降の分割支払金」に相当する
1296円の割引を受けることが可能です。


そのため、「2カ月目以降の分割支払金」が
相殺され、初月の1404円から1296円を引いた
108円を払うだけでDIGNO Aを購入可能になるのです。


上記の流れをまとめますと、
初月は3326円(3218円+108円)、
2カ月目以降は3218円でDIGNO Aを契約することが
可能なのです。

安かろう悪かろうは古い!!安くても十分なDIGNO Aの性能とは


DIGNO Aが108円で購入出来ても、
端末の性能が余りにも低ければ意味はありません。

スマホを契約したのに
「LINEとモンスターストライクしか出来ない」
という事態になりかねないからです。


では、DIGNO Aの性能はどうなのでしょうか。


まず、DIGNO Aは防水・防塵・耐衝撃です。

そのため、お風呂でもネットサーフィンや
LINE・モンスターストライクをする事が出来ます。


塗れた手でも操作可能な
「ウェットタッチ」という機能もあります。


次にカメラ性能ですが、
1,300万画素のメインカメラ性能があります。


確かに、4000万画素超えのスマホが
最新機種として投入されている昨今では、

「え?たった1,300万画素?」と思われるかもしれません。


しかし、これはスマホスペックが
半ば暴走気味に向上した現在の考え方です。


そもそもDIGNO A発売当初は、
「スマホに1,300万画素のカメラ性能は必要なのか?」
といった意見も見られた程です。


携帯電話から進化した端末と思えば
決して低いスペックではありません。


そして、最も気になるバッテリー容量ですが、
2,600mAh(連続待受時間:530時間)の大容量です。


古い機種ですが、現在主流になりつつある
USB Type-Cにも対応しています。

当時としては先進的な考えで作られたスマホです。


このおかげで外出先でも充電ケーブルに困ることはありません。


(2019年現在、カラーはネイビーしか購入することが出来ません)

UQモバイルで安価にモンスターストライクを楽しもう!!

いかがでしたでしょうか。

UQモバイルで108円で購入可能なDIGNO Aですが、
日常使いには十分な性能を持っていることが
お分かり頂けたと思います。


もちろんDIGNO Aのスペックは、
Appleのiphone11やSonyのXperia1といった
超越的なスペックを持つ最新機種には遠く及びません。


しかし、LINEでみんなで話しながら、
モンスターストライクを楽しむ上では
超越的なスペックを持つ最新機種は必要ありません。


是非、UQモバイルで安くて便利な
DIGNO Aを検討してみてください。


今回の内容に関連する格安スマホのメリットは以下の3つです。


1.常識ではありえない金額でスマホが買える
2.UQモバイルはシンプルで契約しやすい
3.モンストにはLINEが使いたい放題のLINEモバイルも便利

OPPOvsHUAWEI ROGphone ZenFone最強ゲーミングスマホは?

やっぱり懐にも優しく!格安SIMのスマホ

「《格安スマホ》で扱っているスマホは、
性能が悪い」と思っていませんか?

実はそうでもないんです。

スマホで快適にゲームをするという
点においては、大手携帯会社が扱っているスマホに
引けをとりません。

そんな《格安スマホ》の会社、
今回は《UQモバイル》で扱っているスマホを
紹介していこうと思います。

ゲームに適した格安スマホ①

会社:HUAWEI

機種名:P30 lite

発売時期:2019年5月

OS:Android 9.0

CPU:Kirin710

RAM:3GB

ROM:32GB

画面の大きさ:約6.21インチ/2312×1080ピクセル

バッテリー容量:約3,400mAh

ゲームに適した格安スマホ②

会社:OPPO

機種名R17 Neo

発売時期:2018年11月

OS:ColorOS 5.2

CPU:Snapdragon660

RAM:4GB

ROM:128GB

画面の大きさ:約6.4インチ/2340×1080ピクセル

バッテリー容量:約3,600mAh

オススメの料金プラン

快適にスマホゲームをするために
必要な端末性能とその機種が分かったと思います。

そして次に必要なのが通信環境についてです。

通信環境が整っていないと、
データを読み込むのに時間がかかってしまいます。

そこで、ある程度の通信速度と
データ通信量が確保されていて、
懐にも優しい料金プランが
《UQモバイル》に存在するのです。

そのオススメしたい料金プランは
“データ無制限プラン”で、
月額基本料金は1,980円です。

名前の通り、データ通信量は無限で、
この価格設定は同じ《UQモバイル》の
スマホプランS(3GB)に相当します。

通信速度は500kbpsです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

快適にスマホゲームをしたい人にとっては、
《UQモバイル》の端末・料金プランともに最適ですね。

もし端末が気に入らない場合は
“SIMフリー”を利用してゲームを
楽しむことができます。

まとめると、

  • 端末性能の善し悪しは5項目を要確認!
  • SIMフリーを利用すれば好きな端末で遊ぶことが可能!
  • データ無制限プランはスマホゲームに最適なプラン!

ということです。   

あなたが快適にスマホゲームが
できることを願っています。

スマホゲームならAndroid?失敗しない端末&格安SIMの選び方

家の中や電車の中など、
暇つぶしの一環としてスマホを使うと思います。

おそらく動画を見たり、
ゲームをしたりしている人が多いはずです。

私自身スマホでゲームをする際に
「読み込み時間が長い」
「グラフィックが綺麗でない」など、
不満に思ったことが多々あります。

そんな快適にスマホでゲームをするために
必要な携帯端末の性能、
懐にも優しい安価で性能の良いものを調べました。

この記事を読むことに
以下のことが分かります。

  • スマホゲーム不調の原因とは?
  • 《格安スマホ》には良い端末がないときの解決策とは?
  • オススメの料金プランとは?

(1)スマホゲームが快適にできない原因は〇〇だ!

スマホでゲームをするときに感じる不満な点は
大まかに分けると2種類あります。

それは“端末性能”と“通信環境”です。

端末性能

不満に感じる点として
「データ容量が足りないのでアップデートできない」
「グラフィックが綺麗でない」
「ゲームをしていて強制的に落ちる」
「電池の消費が激しく長持ちしない」などが
挙げられます。

ちなみに、私自身が一番不満に感じる点は
「データ容量が足りない」ことです。

今更だと思いますが、
データ容量が足りないと
「アップデートができない」
「他のアプリがダウンロードできない」
「電池消費がさらに激しくなる」
「スマホの起動に時間がかかる」など、
様々なデメリットがあります。

その解決策は至ってシンプルで、
より高性能なものに買い換えれば
良いだけなのですが、「懐にダメージが・・・」と
なってしまうのが現実です。

通信環境

現在形約している携帯会社の通信環境が悪いと
「快適にスマホゲームができない」
ということになります。

この不満点として挙げられるのが
「通信速度が遅く、読み込みに時間がかかる」
ことだと思います。

ゲームの種類にもよりますが、
1回のデータ通信量が多いものがあるので、
すぐに通信速度制限がかかってしまい、
「読み込みに時間がかかる」
ということもあります。

私自身も経験があるのですが、
ひどいときには
「読み込みに時間がかかりすぎて、
ゲームにログインできない」ということもあります。

その解決策としては、Wi-Fiを使うか、
料金プランを変えてGBを増やすか、
の2種類だと思います。

しかし、新規Wi-Fiを契約するにせよ、
料金プランを変えるにせよ、
出費が増えてしまいます。

(2)これにて解決!「機種変更は出費が・・・」

快適にスマホゲームをするための
解決策として「機種変更をする」
ことを挙げましたが、
やっぱりお金がかかってしまいます。

それに加えて
「通信速度制限を回避するために
料金プランを変更する」となると、
さらに出費が増えてしまいます。

場合によっては今までの
2倍となることもあります。

「《格安スマホ》に乗り換えた方が安くなる」
ということから、《格安スマホ》に
乗り換えようと考える人は多いです。

しかし「《格安スマホ》のスマホで
気になるのがない」ということから、
乗り換えるのを断念する人がいるのも事実です。

そんな人のために“SIMフリー”
というものがあります。

そもそも“SIMフリー”とは、
簡単に説明すると「キャリアに縛られず、
どの通信業者とも契約できる」
ことを指します。

この“SIMフリー”というものを使って、
大手携帯会社で購入した端末を使って、
《格安スマホ》に乗り換えることができるのです。

(3)快適なスマホゲームに必要な端末性能とは

快適なスマホゲームを実現するために
必要な端末性能を解説します。

端末性能の善し悪しを見分ける際に
確認する必要があるのは5項目です。

CPU

スマホにおいて頭脳の役割を担っている部分です。

この性能がゲームをする際に
キャラの動きなどに直結し、
性能が良ければキャラの動きが滑らかになります。

一般的にCPUの型番には数字がつきます。

この数値が大きければ大きいほど
性能が良いとされます。

RAM

スマホの作業スペースを担っている部分で、
メモリとも呼ばれます。

このRAMの容量が大きければ大きいほど
アプリがサクサク動きます。

スマホでゲームを快適にしたい場合は、
最低でも4GBがほしいです。

ROM

スマホのデータを保存する領域のことで、
パソコンでいうHDDやSSDに相当します。

1つのゲームで1GB以上の
データ容量が必要となることが多いため、
最低でも64GBほしいところです。

また、ROMは写真や動画の保存にも必要のため、
多くても損はないと思います。

画面の大きさ

ゲームをするときに画面が大きければ大きいほど
大迫力となります。

3D系のゲームする際など、
画面が大きいほど操作性も上昇します。

また、綺麗なグラフィックも楽しみたい場合は
解像度にも注目で、
最大限に楽しみなら
フルHD画質“1920×1080”がオススメです。

バッテリー容量

容量が多ければ多いほど、
充電せずにゲームをできる時間が長くなります。

電池の消費が激しいものが多いので、
最低でも3,000mAhがほしいです。

主に家でゲームをする場合は
あまり気にする必要はありませんが、
外出の時など考えると少ないより
多い方が良いです。

格安SIMにデメリット?スマホゲームにiphoneがお勧めの理由

最近のゲームはスマホでできるのは
ご存じでしょうか。

今までのイメージだと画質がパソコンなどに劣り、
取り扱っているゲームの数は
ゲーム専用の本体に劣っていると
思っていました。

しかし、実際のクオリティ・セキュリティの
安全面・取り扱っているゲーム数など
劣っていませんでした。

そんな快適にスマホでゲームを
するためになるべく安く、
ハイクオリティのスマホ・会社を探したところ
《UQモバイル》良いと分かりました。

この記事を読むことによって、
以下のことが分かります。

  • 快適にスマホでゲームをするのに重要視すること
  • “iphone”と“Android”はどちらが優れているのか
  • なぜ《UQモバイル》がオススメなのか

(1)快適にスマホでゲームを!端末性能と通信環境が鍵を握る

スマホでゲームをするにあたって、
重要視しているのが“スマホ本体の端末性能”と
“通信環境”だと思います。

スマホでゲームをする際に、
私自身もそうなのですが、
ほとんどの人が気にしているのが
“通信環境”だと思います。

“通信環境”に関しては“通信速度”と
“データ通信量”の2種類に分けることが
できると思います。

“通信速度”に関してはWi-Fiなどで
確保できますが、“データ通信量”に
関してはそうはなりません。

大手携帯会社(=3大キャリア)や
MVNO(=格安スマホを扱う会社)で
契約をする際にデータ通信量が決まっており、
「スマホでゲームをする」となると
それなりにGBが必要になってくるのです。

また、私自身は最初気にしていなかったのですが
“端末性能”についても同様です。

最近のスマホゲームはグラフィックが
とても綺麗なのが多いです。

この綺麗なグラフィックというのは
スマホにとって高負荷となるので、
ゲームの種類によっては端末性能が良い物を
選ぶ必要があります。

(2)スマホのスペックがゲームの快適さを左右する

快適にスマホでゲームをするためには
どの程度の性能が良いのでしょうか?

グラフィックの美しい3Dゲームで、
その3D表示を最も美しく表示させ
プレイするためには、
一般的には高性能なスマホが必要となります。

快適にスマホでゲームするにあたって、
端末性能の善し悪しの参考となるものを紹介します。

RAM

メモリの一種で、メモリが多ければ多いほど、
いろいろなアプリなどを起動した状態のままに
おけるようになります。

CPU

プログラムの処理の速さに関わる機能です。

この数値は端末の値段に比例します。

GPU

グラフィックの処理に特化した装置です。

この数値が高ければ、より綺麗に
3D表示を行うことができるのです。

バッテリー

通信環境やディスプレイの明るさなどに
左右されますが、この数値が高ければ
長い時間ゲームをすることが可能になります。

ディスプレイ

画面の大きさや画像解像度が重要です。

画面が大きければゲームの操作をしやすくなり、
画像解像度が上がれば
ゲームの細かいところまで鮮明になります。

(3)“iphone”と“Android”どちらがお手頃価格?

2019年10月8日現在、

《UQモバイル》にて“iphone 7”(iphone)と
“Galaxy A30(Android)”で比較してみました。

「やっぱり・・・」と言うべきか、
“Galaxy A30(Android)”の方が安かったです。

具体的に書くと、“iphone 7”の
32GBで端末価格が51,480円、
“Galaxy A30”が31,680円でした。

しかも、“iphone 7”の128GBとなると
端末価格は63,360円となり、
Android端末の約2倍となってしまします。

(4)“iphone”と“Android”のゲーム数・クオリティ比較

ゲームの数の場合、2014年ぐらいまでは
“iphone”の多かったのですが、
それ以降は“iphone”と“Android”の両方とも
ほぼ同じぐらいの数があります。

しかし、クオリティで比較すると
“iphone”の方が優れています。

その理由としては、“Android”の
アプリ審査は少し緩めなのに対して、
“iphone”のアプリ審査はとても厳しく、
「ちゃんとそのアプリが作動するのか」
「セキュリティ対策はしっかりしているのか」
など安心安全に使うことができるのです。

(5)スマホでゲームをするならiphoneで決まり!

上記のことから、
快適にスマホでゲームをするのならば
“iphone”の方が優れている、
というのが分かったと思います。

“iphone”本体のデータ容量が多いというのも
魅力的ですし、機種が古くても、
最新OSのサポートがあり
長く使えるのでオススメです。

(6)SIMフリーのiphoneはUQモバイルがオススメ!

「格安スマホに乗り換えたいけど・・・、

《UQモバイル》には使いたい機種がない!」と
言う人には、“SIMフリー”というものがあります。

この“SIMフリー”というものを利用すれば、
自分の好きな機種と自分の好きな回線を
組み合わせて使うことができます。

「使いたい端末が《UQモバイル》で使えるか心配・・・」
という人には、《UQモバイル》公式サイトにて
“動作確認端末一覧”というページで
確認することができます。

(7)スマホで快適にゲームをするための料金プランとは?

《UQモバイル》の“SIMフリー”を利用して
快適にスマホでゲームをすることが
できることが分かったと思います。

スマホでゲームをする・しない問わず、
Wi-Fiが使えないときのことも考えると
やっぱりデータ通信量が多いに
越したことはありません。

しかし、データ通信量が多くなると
毎月請求される料金が多くなることも事実です。

そんな中で《UQモバイル》の料金プランで
オススメしたいのがあります。

スマホでゲームをするときに
データ通信量が多く、通信速度も
ある程度確保されているものが良いですよね。

オススメしたい料金プランは
“データ無制限プラン”です。

月額基本料金は1,980円で、
データ通信量は無制限です。

この価格設定は同じ《UQモバイル》の
スマホプランSに相当し、
データ通信量は3GBです。

(8)まとめ

いかがだったでしょうか。

《UQモバイル》の“SIMフリー”を利用して、
iphoneを使用し、“データ無制限プラン”を
契約すれば快適にスマホでゲームを
することができます。

まとめると、

  • “Android”よりも“iphone”の方がゲームをするのに適している
  • 《UQモバイル》の“SIMフリー”で好きな機種を選ぶことができる
  • “データ無制限プラン”で快適なスマホゲームができる

と、いうことです。

あなたが快適にスマホゲームが
できることを願っています。 

  

1位●●モバイル?!口コミでみる格安スマホ人気ランキング

最近何かと話題を集めている
格安スマホ。

気になっている方も多いのでは
ないでしょうか。

・結局どこの会社がいいの?
・通信速度やサービスに不安があるけど…
・はじめてのMNPで心配!!

ここでは、こうした悩みを解決し、
人気の格安スマホランキングを発表します。

1位UQモバイル!!人気の秘密は圧倒的通信速度と話題のアレ

口コミ格安スマホ人気ランキング。

気になる1位はUQモバイル!!

UQモバイルは、格安スマホの中では
大手ともいっていい、信頼のMVNO。

特に、その品質は、
通話、通信速度ともども
信頼されている人気のキャリアです。

UQモバイルが口コミでも人気なのには
次のような理由があります。

それは、何より通信速度が
安定して速いこと!!

格安スマホの中には、
日中のお昼時間や夕方など、
通信が集中する時間帯では
遅くなる場合が多くあります。

しかし、UQモバイルなら安心!!

系列であるauの純キャリア回線を
利用しているので、
通信速度に不安がある格安SIM会社では
断トツの通信速度なのです。

この通信速度がネックとなってくるのは
お昼休みや午後6~9時といった時間帯。

このピークラッシュ時でも
UQモバイルなら、ストレスなく
スマホを使うことが可能なのです。

これは、UQモバイルが、
他の格安スマホ会社と違い
大手キャリアAUの関連会社だからこその
メリットといえます。

スマホ料金増の原因は通話!?データプラン依存の弊害とは

スマホを使っている人の多くが
ぶち当たる問題が、料金プラン。

スマホ料金を下げようとしたときに、
一番さきに考えるのが、
自分のデータ使用量です。

Youtubeの視聴やインスタのチェックが
多くてスマホ代がかさんでる…。

多くの人が、こうした悩みを抱えていることでしょう。

しかし、実際には
そうではない場合が多いのです。

その理由は、スマホがもともと
電話機能を持っている、ということ。

普段はLINEなどのSNSやメッセージアプリで
やりとりをしていて、
メールもほとんどつかわない。

こういった人が最近では増えてきました。

一方、だからといって、
キャリアメールを解約したり、
SMSのショートメールを
受信しないわけにはいきません。

その結果、意図せず通信料がかさんでしまう。

こういった現象が多発しているのです。

特に通話料金というのは
まったくもって、盲点です。

今では、LINEなどで無料通話が可能なこともあり、
思わず気軽にかけてしまいます。

しかし、どうしても、一般回線から
電話をかけなければならない、
という状況が多々あります。

例えば、就職試験。

お店への予約。

企業への問い合わせ。

こうした通話時間がつもりつもって、
いつの間にか料金アップに
つながっているのです。

そういった事態にならないためには
どうしたらよいのでしょうか。

そんなときありがたいのが、
UQモバイルの特徴の一つでもある
無料通話の付与なのです。

つまり、もともとプランに
無料通話が含まれているのです。

UQモバイルにデメリット?!2年縛りを乗り切る裏技公開中

このように、安心して使える
UQモバイルですが、
「今すぐ契約しよう!」という勇気が
持てない人が多いのが事実です。

その理由の一つが、いわゆる「2年しばり」。

大手キャリアではおなじみの
この2年縛りですが、
UQモバイルにも存在するのです。

2年縛りとは、新規契約後、
最低2年は解約できない。

解約するのに高額な違約金がかかる。

という、携帯電話業界独自の
業界ルールです。

この2年縛りがあるため、
乗り換えを悩んでしまう。

そんなことはありませんか?

「料金が安くなったとしても
 品質に不安がある」。

「使いたい時間帯に通信速度が
 遅くなってしまったらどうしよう」。

「そもそもMNPをしたことがないから
 乗り換えが不安でしょうがない」。

こういった不安があるかた。

心配いりません!

UQモバイルは、通話品質、
通信速度ともに、大手キャリア同等の
高品質、高速をキープ。

MNPに関しても、
手軽に行うことができる
おススメMVNOなのです!

2位LINEモバイル!!SNSに特化したサービス内容の詳細は?

口コミ格安スマホ人気ランキング。

気になる2位はLINEモバイル!!

ラインモバイルが人気の理由は
なんといっても、
SNSをたくさん使うのに
メリットばかりなこと!!

LINEモバイルは、その名の通り、
LINEが運営する格安スマホです。

そのため、LINEを始めとした
SNSサービスに便利な機能が
たくさん開発されています。

代表的なのがカウントフリー。

この、LINEモバイルのカウントフリーは
自分がデータフリーにしたい
サービス対象を選ぶことが可能です。

動画視聴が多いのか、
音楽ダウンロードが多いのか、
インスタやツイッターが多いのか…。

それらの使い方に合わせて
柔軟にプランを選ぶことが出来るのです。

もっともリーズナブルなプランは
なんと月額500円!

ワンコインで済むこのプランでも
なんとLINEは使い放題、
カウントフリーの対象サービスなのです。

多くの格安スマホでは、
こういったデータフリーサービスは
有料オプションとなっています。

しかし、そこはLINEモバイルの
腕の見せ所。

最安値500円のプランでも
始めからカウントフリー対象に
含まれている、という
おどろきの内容なのです。

LINEモバイルにデメリット?!●●はカウントフリー対象外

このように、カウントフリーで
データ容量を気にせず使えるのが
LINEモバイルのメリットです。

しかし、同時にデメリットもあります。

それは、中には、カウントフリーの
対象外サービスもある、
ということ。

その代表的なものが、Youtubeなどの
動画視聴。

もっともデータ消費が大きいともいえる
この動画視聴が
LINEモバイルでは、データフリーの
対象外になってしまっているのです。

これは、大きなデメリット。

そのため、LINEやインスタなど

「SNSをとことん楽しみたい!」

という人には向いている
LINEモバイルですが、

「ゲームや動画視聴も楽しみたい!」

という人には、
スマホ料金が高くなってしまう
可能性も残されているのです。

自分がどういったスマホの使い方をしているか。

この点は、しっかり確認してから
どの格安スマホにするか
決めることが大切です。

これは、LINEモバイルに限らず、
どこのMVNOを契約するときでも同じ。

よりお得に、賢く格安スマホを使うために
とても大切なことになってきます。

3位BIGLOBEモバイル!!通信品質に高評価!!信頼の理由は

口コミ格安スマホ人気ランキング。

気になる3位はBIGLOBEモバイル!!

ビッグローブモバイルが
人気の理由は、一体どこにあるのでしょうか。

まず、BIGLOBEモバイルの
特徴ともいえるのが、
エンタメフリーオプション、
といわれるもの。

このエンタメフリーオプションは、
動画や音楽配信、電子書籍、
フェイスブックなどの
データ通信料がカウントフリーになるもの。

つまり、エンタメフリーオプションを
付けておくと、
いくらたくさん動画を見ても、
音楽を聞いても、
データ容量はノーカウントなのです。

これは、日常的にスマホでの
動画視聴習慣、音楽鑑賞習慣が
ある人にとっては、
とてもうれしい仕組み。

月初に動画を見すぎて、
月末の通信制限がつらい…。

こういった経験は
誰しもがあるのではないでしょうか。

そんなストレスフルなスマホ生活と
おさらばすることができるのが、
エンタメフリーオプションなのです。

かつての携帯電話、ガラケーとは違い、
もはやスマートフォン、スマホは
電話のためだけのものではありません。

たくさんの楽しみを与えてくれる、
その手助けをしてくれるともいえるのが
BIGLOBEのエンタメフリーなのです。

気になる速度も高速安定!?BIGLOBが選ばれるにはこんな訳

BIGLOBEが人気ランキング3位の理由は
エンタメフリーオプションだけでは
ありません。

通信品質そのものも、
高い口コミ評価を受けているのです。

例えば、通信速度。

通信速度は、動画視聴や
SNSのチェック、アップロードには
欠かせない項目。

この通信速度が遅いと
スマホを使っていて
ストレスの原因になります。

動画が遅くて見られない!!

フリーズしてスマホゲームが
楽しめない!!

こういった経験をお持ちではないでしょうか。

スマホの通信速度は、
言いようによっては、
料金以上に大切な項目。

例え、月々の支払が安くなっても
スマホ生活がストレスフルになっては
元も子もありません。

特にお昼休みや夕方の時間帯は
通信量が増え、通信速度が
遅くなる時間帯。

この時間帯をいかに乗り切るかが、
スマホをストレスなく使う上で
とても大切になってくるのです。

その点、BIGLOBEモバイルは
安定した高速通信が保証されています。

大手MMD研究所の調査でも、
データ通信速度、データ通信品質、
データ通信の安定性のすべてで2位を獲得!!

数ある携帯電話会社のなかでも
圧倒的高評価となっているのです。

断トツの85Mbps!BIGLOBEモバイルの高速通信の秘密は

では、実際のところ、BIGLOBEモバイルの
通信速度はどうなっているのでしょうか。

通信速度は、時間帯によって、
かなり各社とも、速度にばらつきがでます。

格安スマホ会社のなかには、
時間帯によっては、1Mbps未満しか出せない、
といった会社もあるほど。

通信が混雑する時間帯は、
おもに1日の中で3回あります。

朝の出勤時間帯。

お昼のランチタイム。

夕方の退勤時間帯。

これらの時間帯にどういった通信速度で
使用できるかが、スマホキャリアを選ぶうえで
とても大切になって来るのです。

こういった通信のピークラッシュ時に
BIGLOBEモバイルは、脅威の85Mbpsでの
通信が可能!!

これは、非常に速い数値です。

品質にばらつきのある
格安スマホMVNOのなかには、
こういったラッシュ時に
ほとんど使用できないものもあります。

電話会社、通信会社は、
品質が何より大切です。

もちろん、格安スマホですから、
値段も安くなってもらわねばなりません。

しかし、安かろう悪かろうでは
通信手段として、
まったく意味をなさないのです。

話題のMVNO!口コミレビュー人気第1位のおススメは?

安くて高品質。

しかも使い易い!

こういった特徴で人気の格安スマホは
一体どこなのでしょうか。

格安スマホで人気なのは
なんといっても、ランキング1位の
UQモバイル!!

UQモバイルは、通信速度、
品質、プラン、どれをとっても
顧客満足度の非常に高い
人気MVNOなのです。

中には、AUユーザーでないから
UQモバイルは検討外。

という人もいるかもしれません。

しかし、UQモバイルを契約するにおいて、
auユーザーであることのメリットは
微々たるものです。

特に、端末を新規購入する場合、
メリットはないに等しいといえます。

つまり、今現在どのキャリアを使っていても、
UQモバイルへの乗り換えには
支障がないのです。

スマホ料金を安くしたい。

そう考えているのであれば、
格安スマホへの乗り換えは必須。

加えて、速度や通話品質への
妥協はゆるせない。

そういったことであれば、
UQモイルを選ばない手はありません。

ホントに安心?確認したい格安スマホのデメリットとは

今のキャリアからスマホを乗り換えて
格安スマホを使おう!!

そう思って、人気ランキングを確認したけど
契約前にデメリットも確認しなければなりません。

安心して、スマホを使うために、
それはとても大切です。

では、格安スマホのデメリットとは
どんなことがあるのでしょうか。

まず、気を付けたいのが、
LINEの使用です。

正確には、格安スマホでもラインの使用には
何ら問題はありません。

しかし、LINEでお友達検索などをする際に
必要なID検索。

これが、できない場合があるのです。

では、そういったときは
どうしたらよいのでしょう。

スマホ本体でID検索ができない場合は、
次の方法で解決しましょう。

PCでログインする。

ふるふるやQRコードでお友達を追加する。

こうした方法をとることで
なにも問題なく、LINEの使用を
継続できるでしょう。

キャリアメールが使えない!?1番簡単解決方法は●●利用

次に不便を感じる人が多いのは
キャリアメールが使えなくなる、
ということです。

しかし、これは、格安スマホに
限ったことではありません。

3大キャリア同士で
MNPした場合でも、それまで使っていた
キャリアメールは使えなくなります。

新しくメールアドレスを取得、
様々な登録アドレスを
変更しなければならない。

こういったデメリットは変わりません。

キャリアメールが使えない場合、
おススメの解決方法は、
フリーメールの使用です。

特にヤフーメールや
ジーメールなどは、
利便性がよく、おススメです。

スマホからのメールチェックも
問題なく行えます。

フリーメールもPCだけで使うものではありません。

こういった点から、
キャリアメール以上に活用されています。

大人気!UQモバイルがランキングNO.1の理由大公開!

ますます使用者が増えているのが
格安スマホ。

人気ランキング1位はUQモバイルでした。

UQモバイルが大人気の理由は、
以下の通りです。

・格安スマホの中で断トツ高速通信!!
・プランが分かりやすくお得!!
・店舗でスタッフにも相談できる!!

こうしたたくさんのメリットから
大人気の格安スマホなのです。

基本料金無料!格安SIMで快適プレイ可能なサッカーゲームは

手軽な操作で本格的にサッカーを
楽しめるゲームとして、
爆発的な人気を誇るのがパワサカ
(実況パワフルサッカー)で、
基本料金無料でサクセスモードが
ガッツリ遊べることもあって
幅広い年代から高い評価を受けています。


毎月の通信料を節約しつつ、
パワサカも快適にプレイしたい
という人におすすめなのが、格安SIMなのですが、
格安SIMの中でも特にパワサカをプレイする人に
おすすめの2社を紹介していきます。

パワサカは格安SIMでも快適にプレイできる!


格安SIMは大手携帯電話会社と比較して
通信速度の遅さを指摘される事が多いですが、
パワサカ(実況パワフルサッカー)は
あまり通信速度を必要としないため、
格安SIMでも全く問題なくプレイできます。


実際に筆者も通信速度が低下しがちな
12時前後にパワサカをプレイしましたが、
最初の読み込みで少し待たされたものの、
プレイを始めるとストレスなく遊べました。

初回ダウンロード時には注意が必要


パワサカ(実況パワフルサッカー)は
プレイ中はあまり通信速度は必要されませんし、
データ消費量も少ないのですが、
初回ダウンロード時に500MB以上の
データ量を消費します。

ダウンロードにはやや時間もかかるため、
初回のみはWi-Fi環境で
アプリを導入することをおすすめします。

パワサカプレイヤーにおすすめの格安SIM


主要なMVNOの格安SIMであれば
基本的にはどの格安SIMでも快適に
パワサカをプレイできますが、

特におすすめなのが、
UQモバイルとリンクスメイトです。

この2社の特徴を確認していきましょう。

・UQモバイル


UQモバイルは月額1,980円~で
データ容量無制限で通信ができる
「データ無制限プラン」というプランがあります。

このプランは通信速度こそ最大で500kbpsですが、
パワサカをプレイするのには十分な速度ですし、
データ残量を気にしないでプレイできるので、
ヘビーユーザーにおすすめです。

・リンクスメイト


リンクスメイトは対象のゲームの
プレイ中のデータ消費量やダウンロード、
アップデートの際に消費されるデータ容量が
90%以上OFFになる「カウントフリーオプション」
というオプションが利用できます。


もちろん、パワサカもカウントフリーオプションの
対象となっていますし、
カウントフリーオプションに加入しても
月額1,000円~から利用できる安さが魅力です。


初回ダウンロード時のデータ容量も
節約できるので、自宅にWi-Fiなどがない人に
特におすすめです。

格安SIMで節約しつつ、快適に遊ぼう


パワサカはプレイ中は大きく
データ容量を消費することもなく、
また速度もあまり求められないので
格安SIMでも十分快適にプレイできます。


格安SIMに乗り換えをして、
節約できたお金で課金アイテムなどを
購入することで、より快適にプレイできるので、
乗り換えを強くおすすめします。

ツムツム、パズルゲームこそ格安SIMでプレイすべき理由

スマホゲームの中でもパズルゲームは
程よく脳を刺激できますし、
1回あたりのプレイ時間も短く、
マイペースで遊べるので多くの人がプレイしています。


今までゲームをしたことはなかったけれど、
スマホのパズルゲームだけは熱心に遊んでいる
という人は少なくありませんし、
複数のパズルゲームを使い分けて楽しんでいる人もいます。


もしもよくパズルゲームで遊んでいて、
なおかつ毎月のスマホ代を節約したいと
考えているのであれば、格安SIMへの
乗り換えが絶対的におすすめです。


その理由を詳しく説明していきます。

パズルゲームは格安スマホと相性抜群!


現在配信されている人気のパズルゲームの
ほとんどは、RPGなどと比較してゲーム自体の
容量が少ないですし、動作要件も
比較的優しくなっています。


最新のハイスペックスマホでなくても
十分快適にプレイができるので、
ミドルスペックでコストパフォーマンスに優れた
格安スマホを利用することで、
毎月の支払いを抑えつつ、
大手携帯キャリアと同じような感覚で
遊び続けることができるのです。

パズルゲームのデータ消費量は?


パズルゲームは初回のダウンロードや
更新データをダウンロードする際には
数十MB~数百MBの通信量を消費しますが、
通常のプレイではほとんどデータ容量を消費しません。

パズドラやドクターマリオワールド、
LINEツムツムなどのパズルゲームでは
30分プレイしても3MB~5MB程度しか
データ容量を消費しないので、
初回ダウンロード時にWi-Fiなどを利用すれば
格安SIMの低容量プランでも全く問題ないと考えられます。

パズルゲームは低速通信でも快適に遊べます


パズルゲームはデータ容量をほとんど
消費しないことに加えて、
低速通信でも比較的快適に遊べます。


格安SIMで通信回線が混雑する時間帯でも
プレイに支障はありませんし、
節約モードをオンにした状態や高速データ量を
使い切ってしまって通信速度が200kbpsと
なってしまった場合でも、
起動時に少し時間がかかる以外は
大きな問題なくプレイできます。

パズルゲームを遊ぶのにおすすめの格安SIMは?


パズルゲームを快適に遊べる格安SIMとして
おすすめなのが、OCNモバイルONEの格安SIMです。


OCNモバイルONEは
NTTグループの格安SIMなので、
通信安定性に定評がありますし、
専用のアプリやウィジェットから
ワンタッチで節約モードのオンオフ切り替えが
可能となっています。


また最大500kbpsで15GBまで
通信ができるプラン
(パズルゲームメインなら実質データ容量無制限)
もあるので、中速でデータ容量を気にせず
通信をしたい場合に最適な格安SIMと考えられます。

格安SIMなら通信料金を抑えつつ、快適に遊べます


パズルゲームは端末に大きな負荷がかかりませんし、
通信速度や大容量のデータ通信量を
求められることもないので、
大手携帯キャリアよりも格安SIMの方が
相性が良いと考えられます。


格安SIMへ乗り換えをすることで、
大幅な通信料金の節約も期待できるので、
スマホではパズルゲームができれば満足
という場合には格安SIMへの乗り換えを推奨します。