格安スマホでグラブル必勝!?huawei使用でMVP獲得の裏ワザ

グラブルって、武器集め大変ですよね。


せっかく頑張って素材を集めて
マルチを自発しても、他の騎空士様に
MVPを奪われちゃうとなかなか武器が集まりません。


しかも自分より低ランク低装備の
プレイヤーにMVPレースで負けることも
ちらほら。


今日はそんな悩める騎空士様に
知っておいてほしい話です。

・なんで低ランクの騎空士様にMVPを持っていかれちゃうの?
・解決方法は高性能オクタコアCPU!
・でもスマホの本体って高いよね?


大丈夫、全部まとめて解決できますよ。
いっしょにがんばりましょう~♪(CV奈央ぼう)

何故自分より弱い騎空士様に負ける?秘密はCPU?


何故かマルチバトルで自分より明らかに弱い
騎空士様にMVPを取られている事、
あると思います。


武器やキャラ、ランクを見ても
自分の方が全然勝っているのに・・・。


もしかしてアビの使い方が下手なのかなぁ・・・。

いいえ、そうとも限りませんよ。


グラブルのMVPレースでは、
装備やランクなんかよりもっと大事なことが
あるんです。


それがスマートフォンの処理性能。


いくら手持ちのキャラが強くても、
スマホの処理性能が低いと、
アビや奥義演出の処理が遅くなり、
高性能なスマホでプレイしている騎空士様には
絶対に勝てないのです。

心当たりのある騎空士様は
今すぐ自分のスマホをチェック!


最新のオクタコアCPU搭載スマホに
機種変更で、MVP常連を目指しましょう。

オクタコアCPUってなんだ?8つの頭脳で高速な演出処理?


オクタコアCPUというのは、
簡単に言うとアプリを処理する頭脳が
8個あるCPUの事です。


8個の頭脳が同時にスマホ内で
情報を処理してくれるから、
最新の綺麗なグラフィックのゲームや、
演出の派手なゲームでも、
サクサク軽快に処理してくれるんです。


もちろん、グラブルのながーい奥義演出も、
アビ演出ももれなくサクサク処理してくれるので、
絶対にDPSが上がります。


これならMVP率もぐっと上がって、
装備集めもはかどる事間違いなしですね。

最新のスマホは高い?そんな時はUQモバイルに乗り換え


スマホの性能を上げれば、
MVPが取りやすくなるのはわかったけれど、
機種変更ってお金がかかるよね?


ご安心ください!

今なら、huaweiの最新高性能スマホ、
オクタコアCPU搭載のP30 Liteを
とってもお得に手に入れる方法があるんです。


それが、今お使いのスマートホンを
UQモバイルに乗り換える事。


こちらのキャンペーンサイトから申し込めば、
P30 Liteが月々800円の機種代金で買えちゃうんです。


しかもUQモバイルなら、
通信料3GのスマホプランライトSが
月額たったの1980円。


5000円のキャッシュバックキャンペーンも
やっているので、次回のサプチケ代を確保しても
おつりがでますね。


もちろん、新規契約も受付しています。

・クアッドコアCPU搭載のhuawei P30 Liteなら
MVPレースも余裕に
・UQモバイルなら月々のスマホ代も
安くなって、その分課金も?
・キャッシュバックを貰ってサプチケ代も確保可能

騎空士様にはメリットしかない話。

ぜひ知っておいて欲しいです。


Huawei P30 Liteでサクサク快適なお
空の上ライフを楽しんでくださいねー。

モンストOK!激安108円格安スマホゲーム端末の通信速度は?


・モンスターストライクしたいけどスマホは高い
・今ガラケーだけどスマホゲームをしたい
・モンスターストライクしたいだけだけどスマホは端末が高い


この記事は、そんなあなたのための記事です。

端末スペック不問!?端末選ばないモンスターストライクとは

スマホゲームが1大ブームを巻き起こしている昨今ですが、
長らく有名なゲームの一つに
モンスターストライクというゲームがあります。


このゲームで遊ぶのにハイスペックなスマホを
要求しないことも含めて、
非常に人気が高いゲームです。


スマホゲームによっては、
スマホに負荷がかかるので、
処理能力の高いハイスペックなスマホで無ければ
遊べないゲームもあります。


しかし、モンスターストライクは、
基本的にLINEが使用可能な性能のあり、
ゲームアプリがダウンロード可能なスマホであれば、
遊ぶことが出来ます。


モンスターストライクで遊ぶことを中心に考えるなら、
これらの条件を満たすスマホであれば、
安いほうが良いのです。

最安はUQモバイル!? DIGNO Aが圧倒的に安い秘密とは


UQモバイルで「ピッタリ・おしゃべりプランM」
(月額3218円)に加入し、DIGNO Aを契約すると、
実質端末代金を108円にすることが出来ます。


安い端末を探しても、108円よりも安価なスマホは、
なかなか見つかりません。

しかし、UQモバイルには108円のスマホがあります。


機種単体購入で108円になるわけではありません。

「ピッタリ・おしゃべりプランM」に入ることで
割引を受けられるのです。


DIGNO Aの分割支払金は初月が、
1404円です。2カ月目以降は、1296円になります。


UQモバイルで「ピッタリ・おしゃべりプランM」
に加入すると、初月から、
「2カ月目以降の分割支払金」に相当する
1296円の割引を受けることが可能です。


そのため、「2カ月目以降の分割支払金」が
相殺され、初月の1404円から1296円を引いた
108円を払うだけでDIGNO Aを購入可能になるのです。


上記の流れをまとめますと、
初月は3326円(3218円+108円)、
2カ月目以降は3218円でDIGNO Aを契約することが
可能なのです。

安かろう悪かろうは古い!!安くても十分なDIGNO Aの性能とは


DIGNO Aが108円で購入出来ても、
端末の性能が余りにも低ければ意味はありません。

スマホを契約したのに
「LINEとモンスターストライクしか出来ない」
という事態になりかねないからです。


では、DIGNO Aの性能はどうなのでしょうか。


まず、DIGNO Aは防水・防塵・耐衝撃です。

そのため、お風呂でもネットサーフィンや
LINE・モンスターストライクをする事が出来ます。


塗れた手でも操作可能な
「ウェットタッチ」という機能もあります。


次にカメラ性能ですが、
1,300万画素のメインカメラ性能があります。


確かに、4000万画素超えのスマホが
最新機種として投入されている昨今では、

「え?たった1,300万画素?」と思われるかもしれません。


しかし、これはスマホスペックが
半ば暴走気味に向上した現在の考え方です。


そもそもDIGNO A発売当初は、
「スマホに1,300万画素のカメラ性能は必要なのか?」
といった意見も見られた程です。


携帯電話から進化した端末と思えば
決して低いスペックではありません。


そして、最も気になるバッテリー容量ですが、
2,600mAh(連続待受時間:530時間)の大容量です。


古い機種ですが、現在主流になりつつある
USB Type-Cにも対応しています。

当時としては先進的な考えで作られたスマホです。


このおかげで外出先でも充電ケーブルに困ることはありません。


(2019年現在、カラーはネイビーしか購入することが出来ません)

UQモバイルで安価にモンスターストライクを楽しもう!!

いかがでしたでしょうか。

UQモバイルで108円で購入可能なDIGNO Aですが、
日常使いには十分な性能を持っていることが
お分かり頂けたと思います。


もちろんDIGNO Aのスペックは、
Appleのiphone11やSonyのXperia1といった
超越的なスペックを持つ最新機種には遠く及びません。


しかし、LINEでみんなで話しながら、
モンスターストライクを楽しむ上では
超越的なスペックを持つ最新機種は必要ありません。


是非、UQモバイルで安くて便利な
DIGNO Aを検討してみてください。


今回の内容に関連する格安スマホのメリットは以下の3つです。


1.常識ではありえない金額でスマホが買える
2.UQモバイルはシンプルで契約しやすい
3.モンストにはLINEが使いたい放題のLINEモバイルも便利

徹底比較!スマホゲーム向けZenFoneが最安の格安SIMはどこ?

今使っているスマホでゲームをしていると、
動作が遅くなることが多くなってきました。

機種変更の際にどのスマホにしようか悩んでいて、
「快適にゲームをするのに適しているスマホは何?」
と思っていたので調べてみました。

この記事を読むと以下のことが分かります。

  • そもそもZenFoneとは?
  • OCNモバイルONEでZenFoneを購入するには?
  • BIG LOBEでZenFoneを購入するには?

(1)ZenFoneはスマホゲームに最適!?そのスペックとは

そもそも“ZenFone”とは、台湾のASUS社が
2014年より発売しているスマートフォンシリーズで、
日本ではZenFone5が最初に登場しました。

「誰でも気軽に堪能できる、ワンランク上の贅沢」
がコンセプトです。

今回は日本で最初に発売された
“ZenFone5”の端末性能を紹介します。

機種名:ZenFone5(ZE620KL)

快適にスマホでゲームをするときに必要な5項目
(CPU/RAM/ROM/画面の大きさ/バッテリー容量)を
載せました。

この端末性能なら十分にスマホゲームを
楽しむことができます。

この機種(ZenFone5)を基準にしていこうとおもいます。

CPU:Snapdragon636

RAM:6GB

ROM:64GB

画面の大きさ:6.2インチ

解像度:2246×1080ドット(フルHD+)

バッテリー容量:3,300mAh

(2)“ZenFone6”がOCNモバイルONEで購入可能!?

まず“ZenFone6”がどういった端末性能なのか紹介します。

機種名:ZenFone6(ZS630KL)

CPU:Snapdragon855

RAM:6GB または 8GB

ROM:128GB または 256GB

画面の大きさ:6.4インチ

解像度:2,340×1,080ドット(フルHD+)

バッテリー容量:5,000mAh

基準となる“ZenFone5”と比較すると、
なんと言っても目を引くのが《CPU》と
《バッテリー容量》の値だと思います。

《CPU》は情報の処理速度に関係し、
《バッテリー容量》はどれだけ充電しなくて済むかに関わってきます。

《CPU》の優秀さを表す“Snapdragon”の値が
636から855へと上昇し、
3,300mAhから5,000mAhへと
《バッテリー容量》が増えることによって、
長時間快適にスマホゲームができるようになります。

そんなスマホゲームに適している“ZenFone6”は
《OCNモバイルONE》で購入することができます。

ただし、他の販売されているスマートフォンと
くらべて端末価格が高くなっています。

参考までに“iPhone7(128GB)”も載せておきます。

iPhone7(128GB):税抜30,800円

ZenFone6(6GB) :税抜56,900円

ZenFone6(8GB) :税抜68,600円

(3)OCNモバイルONEで快適にスマホゲームをするには?

OCNモバイルONEで快適にスマホゲームを
する方法を紹介します。

毎日ある程度のデータ使用量が分かっている場合は、
日次プランがオススメです。

1ヶ月に約3GBまたは約5GB使う場合は、
月次プランの3GBまたは5GBよりお得になります。

日次プラン110MB/日(約3.3GB/月):税抜900円

日次プラン170MB/日(約5.1GB/月):税抜1,380円

(4)“ZenFoneMaxProM2”がBIGLOBEで購入可能!?

まず“ZenFoneMaxProM2”がどういった
端末性能なのか紹介します。

機種名:ZenFoneMaxProM2

CPU:Snapdragon632 または Snapdragon660

RAM:4GB

ROM:32GB または 64GB

画面の大きさ:6.3インチ

解像度:1,520×720ドット(HD+) または
2,280×1,080ドット(フルHD+)

バッテリー容量:4,000mAh または 5,000mAh

基準となる“ZenFone5”と比較すると
目を引くのが《バッテリー容量》だと思います。

他の項目に関しては多少向上、
または若干減少しています。

BIGLOBEではバッテリー容量の多い方を
購入することができます。

比較対象として“iPhone7(128GB)”を載せておきます。

iPhone7(128GB) :税抜68,400円

ZenFoneMaxProM2 :税抜35,760円

(5)BIG LOBEで快適にスマホゲームをするには?

スマホゲームをしているときに、
攻略難易度の高いステージなどをクリアするために
YouTubeなどで攻略法を見たりしませんか?

私自身はロマサガ関連で、よく視聴します。

そんな攻略の糸口となる動画視聴、
行き詰まるたびに見ていたらデータ使用量が増えてしまい、
通信速度が遅くなってしまうこともあります。

そこで、YouTubeの動画視聴によるデータ使用量を
ゼロにできるものがあるのです。

それはオプションの“エンタメフリー・オプション”です。


契約している料金プランにもより
月額料金が変わってきます。

音声通話SIMだと月額480円、
データSIMだと月額980円となっています。

(6)OCNモバイルONE×ZenFone6がオススメの人

端末性能が“ZenFone5”と比べて格段に良い
“ZenFone6”を、“OCNモバイルONE”で
快適にスマホゲームをしたい人は、
日次プラン170MB/月(月次約5GBに相当)がオススメです。

この端末が向いているゲームのジャンルは
RPGなどのグラフィックが綺麗なのだと思います。

CPUの値も優秀でキャラクターの動作が
鈍くなることが限りなく少なく、
RAM・ROMの容量も十分にあるため
データ容量を気にせず楽しむことができます。

毎日同じくらいのデータ通信をする人は
日次プランの方が安く済ませることができます。

いつもより多くデータ通信をする場合は
日次ごとにデータ通信量を増やすことができます。

もしくはWi-Fiを使えば安く済ますことができます。

(7)BIG LOBE×ZenFoneMaxProM2がオススメの人

端末性能が“ZenFone5”と比較したときに
優秀なのがバッテリー容量です。

この点から考えると、時間経過と共に回復する
“スタミナ”などが関係するゲームが、
この端末で最大限に楽しむことができると思います。

ゲームでスタミナを使い切ったときに、
攻略法としてYouTubeで動画を見たり、
またはゲームとは関係なく暇潰しの一環として動画を見たりと、
充電をあまり気にせず使うことができます。

そういった動画を多く見る場合は、
オプションの“エンタメフリー・オプション”が
オススメです。

動画視聴のデータ通信を気にせず、
ゲームをすることに集中できると思います。

(8)まとめ

いかがだったでしょうか。

格安スマホで快適にスマホゲームが
できることが分かったと思います。

ZenFoneシリーズの端末性能は比較的に優秀で、

ゲームをするにはそれも快適にできるスペックが多いです。

まとめると、

ZenFoneの端末性能は比較的優秀で、ゲームをするのに適している。

“ZenFone6”はRPGなどのグラフィックが綺麗なのがオススメ!

“ZenFoneMaxProM2”はスタミナが関係しているゲームがオススメ!

と、いうことです。    

あなたが快適にスマホゲームができることを願っています。

ZenFone

格安スマホ/端末性能徹底比較!話題のASUS ZenFoneの評判は


・zenfoneの名前ってなんだか分かりづらい
・どのzenfoneが一番新しいの?
・zenfoneの強みは何?

ここではそうしたお悩みを解決します。

格安simの主力!!台湾メーカーASUSのzenfone徹底解剖


zenfoneとは、台湾のメーカーである
ASUSが発売しているスマホです。

値段の割に性能は高く、
格安simでは主力スマホの一翼を担っています。


スマホの性能と直接関係しませんが、
台湾のASUSと言えば東日本大震災の際に、
日本へのメッセージを送ってくれたことで
一時期有名になりました。


ASUSの技術者が独断で、
「GOD BLESS JAPAN:日本に神のご加護を」と
応援メッセージをパソコンの基盤の
誰も気づかないであろう場所に
刻印してくれていたのです。


このニュースには目頭を熱くさせられました。


話がそれましたが、
zenfoneのzenは日本の禅からとった名前です。

どことなく日本人が親しみやすい
ネーミングであることも特徴の一つです。

最新にして最高!!話題のzenfone6その驚異の性能とは


zenfoneの中でも最新モデルは、
zenfone6です。


zenfoneは価格の割に
性能が良いと前述しましたが、

このzenfone6は例外です。


最近の高額スマホの例に漏れず、
7万円や8万円といったモデルもあり、
高額なモデルです。


しかし、その分他のzenfoneに比べて
非常に高性能です。


まずバッテリーですが、
5000mAhの大容量です。

最大待ち受け時間が約35日間・
連続通話最大40時間・webブラウジング
最大約23時間のバッテリー性能です。


さらに、最近流行りの急速充電にも
対応しています。


次に画面ですが、
画面のエッジを極力小さくしており、
大画面を実現しております。

スマホの正面の92%を画面が占めている程です。


そして、最も特筆すべきがカメラ性能です。

余りにも大画面にしているので、
インカメラを搭載していないzenfone6ですが、
驚異の方法で自撮りを可能にしています。


その方法が、「フリップカメラ」です。
アウトカメラが180°回転し、
スマホの正面を向くのです。


その際、カメラはスマホの上部に出てくるので、
画面の邪魔もしません。


これにより、アウトカメラの
高画質での自撮りが可能になっています。

長時間バッテリー!!まだ使えるZenFone Max Pro (M2)とは


ZenFone Max Pro (M2)の最大の特徴は、
最新モデルである、ZenFone6と
全く同じ容量のバッテリーを装備していることです。


これによりZenFone6と互角の駆動時間を実現しています。


当然、フリップカメラや
フレームいっぱいの大画面、
急速充電などはすべてZenFone6よりも劣ります。


それでも、画面のエッジは小さいですし、
画面のガラスも最高強度のものを使用しています。


ASUSの最新技術の結晶とは言えませんが、
まだまだ活躍の余地はあります。


また、ZenFone Max Pro (M2)は、
ZenFone6と違って、2万円から3万円台で
入手することが出来るという強みもあります。 

長時間バッテリー!!大画面のZenFone Max (M2)の性能とは


ZenFone Max(M2)はZenFone Max Pro (M2)が
性能ダウンしたタイプです。


画面は、6.3インチと
ZenFone Max Pro (M2)と
互角のサイズを誇っています。


カメラの画質も1300万画素と
ZenFone Max Pro (M2)と互角です。


ただ、バッテリーが4000mAhと少し、
ZenFone Max Pro (M2)よりも
容量が減少しています。


時間に直すと、
連続待ち受け最大約33日間・
連続通話時間最大約35時間・
webブラウジング最大約22時間少々短くなっています。


それでも大容量バッテリーであることに
変わりは無く、1日単位で考えれば
それほど不便を感じることもないでしょう。

日本に好意的な国台湾のASUS!!ZenFoneシリーズで格安simを使おう


いかがでしたでしょうか、

台湾が世界に誇るZenFoneシリーズは
日本の格安sim業界には無くてはならない存在です。


今回の内容をまとめると、以下のようになります。


・すべてにおいて最高の性能を持つ代わりに高額な「ZenFone6」
・バッテリー性能はZenFone6と互角で安価で手に入る「ZenFone Max Pro (M2)」
・ZenFone Max Pro (M2)よりも性能ダウンモデルだが実用範囲内である「ZenFone Max (M2)」

是非、お好みのモデルを選んで手に取ってみてください。


今回の内容に関係する格安simのメリットは以下の3つです。


・ASUSのフラッグシップモデルであるZenFone6が使える
・月々の支払いが安いので、高額の端末でも手が届きやすい
・廉価モデルのZenFoneを使えばさらに安い

ZenFone

要注意!マリオカートツアー/スペックと通信速度への対処法

国民的なキャラクターともいえる
スーパーマリオファミリーのレースゲームである
マリオカートツアーの配信が始まり、
早速爆発的な人気となっています。


スマホで手軽に操作でき、一人でもみんなとでも
熱く盛り上がれるので、ゲーマーはもちろん、
普段あまりゲームをしない人からも
高い注目を集めています。


スマホゲームは高性能スマホが
必要であったり、大量に通信量を
消費するイメージを持つ人も多いでしょうが、
実際のところ、マリオカートツアーは
格安スマホでも遊べるのかを解説していきます。

マリオカートツアーは格安スマホで十分遊べる!


結論から申し上げますと、
マリオカートツアーは格安スマホでも十分に遊べます。


iPhoneであればiPhone6sやiPhoneSEなどの
比較的古いiPhoneでも特に問題なく
プレイできましたし、ミドルスペックの
Androidスマホでも十分遊べました。

現在MVNOではミドルスペックの
AndroidスマホやiPhone6s、iPhone7などの
スマホをセットで販売していますが、
MVNOのセット端末でも全く問題なく
マリオカートツアーは遊べます。

マリオカートツアーのデータ消費量は?


プレイ環境やスマホによって
データ消費量は異なると考えられますが、
筆者が節約モードをオンにして
10分間遊んだところ、消費されたデータ量は
およそ2MBでした。


1時間遊んだ場合でもデータ消費量は
およそ12MBという計算になるので、
格安SIMの1GBプランや3GBプランでも
全く問題なく遊べると考えれます。

但し、アプリのダウンロードと初回起動時の
データのダウンロードで300MB以上の
データ量を消費するので、初回プレイ時は
Wi-Fiに接続することを強くおすすめします。

マリオカートツアーのバッテリー消費量は?


節約モードをオンにして実際に
10分間プレイしたところ、
7%程度バッテリーを消費しました。


節約モードをオフにして遊んだ場合には
さらにバッテリーを消費すると考えられます。

かなりバッテリーを消費する印象なので、
屋外でプレイする場合には
モバイルバッテリーの用意をおすすめします。

安く遊ぶなら格安スマホへ乗り換えよう!


スマホゲームはハイスペックモデルの
スマホが必要な上に、大量のデータ量を
消費するケースが多いですが、
マリオカートツアーは格安スマホ+
格安SIMの低容量プランの組み合わせでも
ストレスフリーで遊べます。


格安スマホへ乗り換えることで通信料金が浮き、
その分課金に回せるので
(マリオカートツアーは課金要素が強めの印象です)、
マリオカートツアーをとことん遊びたい場合には
格安スマホへの乗り換えを推奨します。

どれだけお得?!OCNモバイルへの乗り換えメリット徹底解説!!

格安SIMへの乗り換えは、
家計の大きな節約になります。

今回は、数ある格安SIM会社の中で、
「OCNモバイル」について紹介していきます。

・OCNモバイルの特徴は?

・月額1600円で利用が可能?

・使い方によって選べる数多くのプラン!

7種類から選べるデータ容量プラン!

「OCNモバイルONE」は、
「4種類の基本料金」+「7種類のデータ容量プラン」を
選んで利用できます。

データ容量プランは7種類の中あり、
1日ごとにデータ容量がリセットされる
“日次プラン”は、月額900円+基本料金(700円~)の
「110MB/日」、月額1380円+基本料金の
「170MB/日」の2つの“日次プラン”があります。

この“日次プラン”は、
通信制限がかかってしまっても、翌日には解除されます。

他にも、月単位のデータプランとして、
3㎇1100円~、6㎇1450円~、10㎇2300円~、
20㎇4150円~、30㎇6050円~のプラン
(いずれも+基本料金が必要)があります。

コースは毎月変更することができ、
データは翌日、翌月に繰り越しが可能です。

1日110MBプランは意外と快適に使える!?

「110MB/1日」の“日次プラン”は、
「低速モード」と「高速モード」があり、
「低速モード」でも個人差はあります
が、充分に使用できます。

「高速モード」は人混みなどで利用すると、
データを多く消費してしまうこともあります。

「低速モード」は、場所や時間帯にはよりますが、
Twitterなどはアプリを開いてすぐ、
画像も含めて閲覧できますし、YouTubeなどは、
7秒ほど待てば動画再生もできたりします。

「低速モード」時は、
通信容量無制限なのも嬉しいところです。

固定電話へよく通話するなら通話プランの充実したOCNに

他の格安SIM会社では、
LINE通話などデータ通信を利用した
通話はお得になりますが、
固定電話などへ通話する場合に、
通話料がかかってきます。

そのため、固定電話への通話が多い人には、
OCNの3種類の通話プランがおすすめです。

月額1550円「10分かけ放題プラン」は、
10分以内の国内通話が回数無制限で
利用可能、月額1550円「トップ3かけ放題プラン」は、
その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になります。

月額2000円の「かけ放題ダブルプラン」は、
10分かけ放題とトップ3かけ放題を
組み合わせたプランで、10分以内の国内通話0円に、
上位3番号への通話料も0円になります。

「110MB/日」のプランと合わせると、
「かけ放題ダブルプラン」の場合、
月額2900円で利用できます。

OCNモバイルへの乗り換えでお得なことは!?

・「4種類の基本料金」+「7種類のデータ容量プラン」

・「100MB/日」プランは月額1600円~

・選べる3つの通話プラン!

OCN

初めての格安スマホなら●●に決定!?初心者専用MVNO講座

格安スマホに乗り換えたいけど、
どこの会社がいいかわからない!!

こんな悩みを一発解決!

・たくさんあるMVNOでおススメは?
・もっとも使い易いのはどこ?
・料金以外に違いはあるの?

ここでは、こうした悩みを解決します。

3大キャリアとどう違う?MVNOの実態にせまる!!

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは、
主に3大キャリアから無線通信のインフラ
(以下インフラ)を借りて独自のサービスを
展開している携帯電話会社の事を指します。

有名なMVNOとしては、
UQ mobileはauのインフラを使用しています。

楽天モバイルならNTTドコモの
インフラを使用しています。


俗に「格安スマホ」「格安SIM」と
呼ばれている会社が多いのが特徴です。


さらに、前述の「楽天」・
動画配信サービスを展開している
「U-NEXT」等、一見携帯電話本体とは
関係無さそうな会社も多数参入しています。

安くても高品質で高速通信!!MVNOで高品質保持できる秘密は

結論から言いますと、ちゃんと使えます。

確かにMVNOには、聞いたことも
無いような名前の携帯電話会社も多いので、
通信速度が遅かったり、通信可能エリアが
狭いのでは無いかと思われがちです。


しかし、3大キャリアのインフラを
利用しているので、通信エリアは
3大キャリアの通信エリアと同じです。


通信速度に関しても、3大キャリアの
インフラを使用しているので
販売している端末の性能によって
変わってきます。

が、性能の良い端末であれば
3大キャリアと同等の通信速度を
得ることも出来ます。

人気はUQモバイル?!初めての格安スマホに選ばれている理由  


初めてMVNOを使うなら、
UQモバイルがおすすめです。

理由はシンプルだからです。

これに尽きます。

MVNOは、そもそも3大キャリアに比べて
料金プランやオプションが
分かりやすい携帯電話会社が多いです。


そんなMVNOの中でも、
UQモバイルは特にシンプルです。

たしかに、安さを売りにしている
MVNOでは、シンプル過ぎるのは
一見デメリットのように思えます。


しかし、3つしかない大手3大キャリアを
契約するのと違って、星の数ほどある
MVNOから自分にあった携帯電話会社を選ぶ。

さらに自分に合った料金プランや
オプション選びをするのは大変です。


そのため、初めに契約するのは
安くてシンプルなUQモバイルが
おすすめなのです。

だからおススメ!UQモバイル
ポイント①料金プランがシンプル!!


UQモバイルの料金プランは
他社に比べてとてもシンプルです。

料金プランは大きく分けて
2種類しかありません。

スマートフォンを単品で契約するか、
モバイルWi-FiルーターのUQWiMAXと
セットで契約するかの2種類です。


つまりスマートフォン単体で考えると、
料金プランが1つしか無いことになります。

選びたくても選べないのです。


細かく分けても、通信量の大小で
S・M・Lの3種類しかありません。


他の有名なMVNOでは、
どんなにシンプルでもスマートフォンの
料金プランだけで、大きく分けて2種類はあります。


有名なMVNOでは、
これほどシンプルな料金プランは他にありません。

だからおススメ!UQモバイル
ポイント②オプションがシンプル!!


スマートフォンを契約する上で、
非常に難しいのがオプション選びです。

気が付いたら使っていないオプションが
付いていて、余計な金額が
かかっていたという事もあります。


UQモバイルならそんなこともありません。

UQ モバイルでは、オプションは
2種類しかありません。

初心者用の「UQあんしんパック」と
家族みまもり用の「家族みまもりパック」です。


UQあんしんパックは、
遠隔サポート・バックアップ・セキュリティが
そろった初心者向けのオプションです。

家族みまもりパックは、家族の
位置確認などが含まれた
家族での使用が前提のオプションです。

初めてのMVNOならシンプルなUQモバイルがおすすめ!!


いかがでしたでしょうか。

選びたくても選べない程
UQモバイルはシンプルに
出来ています。

そのため、初めてMVNOを
契約するならUQモバイルがおすすめなのです。


もちろん、MVNOの使用にも
慣れてくれば、別のMVNOに
転出する事も可能です。

料金の安さに関して言えば
UQモバイルよりも安いMVNOは
数多くあります。


そのため、3大キャリアよりも
安くシンプルなUQモバイルを初めに使う。

慣れてきたらLINEモバイルなどの
さらに安価なMVNOに転出する使い方を
おすすめしています。

初心者におススメ!UQモバイルが大人気の3つの理由

 このように、UQモバイルは、
初めて格安スマホを使う人に
大変おすすめです。

こんな悩みを一発解決!

・手軽にスマホ料金が安くなる!
・シンプルなプランで無駄がない!!
・乗り換えも簡単!!

こうした悩みで、ファースト格安スマホには
大人気のUQモバイルを選びましょう!!

乗り換えでいくらに?格安sim料金シュミレーションの真実


格安SIMへ乗り換えをすると
スマホの利用料金は安くなるものの、
どのくらいお得になるのか分からない、
という人は少なくありません。

こんな悩みを一発解決!

・格安SIMの月額料金相場は?
・大手携帯キャリアと比較すると?
・長期利用の料金差は?

などの情報を詳しく解説していきます。

LINEモバイルの月額料金をシミュレート


格安SIMは様々な会社がありますが、
LINEとソフトバンクの系列会社が運営をしていて、
業界最大手の一社であるLINEモバイル
モデルケースとして料金をシュミレートしていきます。

驚きの1,690円?!コミュニケーションフリープランの詳細は

コミュニケーションフリープラン(3GB)を
音声通話SIMで契約した場合、
どうなるのでしょう。

※月間3GBまで高速データ通信ができます。

またLINE・Twitter・Facebook・
Instagramはデータ容量無制限で利用できます。

大手携帯キャリアはこんなに高い?!新プラン月額料金の内容は


2019年の9月13日から提供開始の
分離プランでスマホを利用した場合で
シュミレートしていきます。

980円(基本プラン/音声)+5,000円
(データプランミニ~2GB)=5,980円

※月間のデータ容量が2GB以内に収まるように
利用した場合の料金となります。

各種キャンペーンや割引サービスなどを
考慮しないでシミュレートすると、
ソフトバンクとLINEモバイルでは
月額4,000円以上の差が生じることが分かりました。

LINEモバイルと大手携帯キャリアの料金差を比較!


続いては各種割引サービスなどを考慮して、
LINEモバイルとソフトバンクで
年間スマホを利用した場合の総費用を
比較していきます。

・LINEモバイルのコミュニケーションフリー(3GB)の場合

1年目…600円(初月)+845円×4ヶ月
(キャンペーン料金)+1,690円×7ヶ月=15,810円

2年目と3年目…1,680円×24ヶ月=40,320円

3年間の総費用…56,130円

・ソフトバンクの新プランの場合

1年目…4,980円(1年お得割が適用されるため)
 ×12ヶ月=59,760円

2年目と3年目…5,980円×24ヶ月=143,520円

3年間の総費用…203,280円

やっぱりお得!?MVNOの実力料金プランの正体は…

こうして両社を比較してみますと、
ソフトバンクの利用1年目の費用が既に
LINEモバイルの3年間の総費用を
上回っていることが分かります。

また、3年間で約15万円の差がつく
結果となりました。

またLINEモバイルでは新規契約や
乗り換えで契約した場合、セットでスマホが
格安購入できます。

また、公式サイトからキャンペーンコードを
入力して申込みをするとお得になります。

そういったことで5,000円相当の
ポイントが還元されるキャンペーンが
行われているので、基本使用料以外の面でも
お得度が高いと言えます。

だから大人気!!LINモバイルが選ばれ続ける理由大公開!


大手携帯キャリアにも契約の縛りがない
分離プランが導入されましたが、
格安SIMと比べるとまだまだ
料金は高いと考えられます。


LINEモバイルであれば、

こんな悩みを一発解決!

・ずっと月額1,000円台!
・SNSがデータ容量の制限無しで使える!
・お得なキャンペーンを多数展開!!

などのメリットがあるので、
大手携帯キャリアの分離プランよりも
格安SIMへの乗り換えを強くおすすめします。

2分でわかる!端末持ち込み時のSIMロック解除法大公開

SIMロックって何?何故解除する必要があるの?

SIMロックとは、携帯電話端末に
かけるロックの事です。

特定の携帯電話会社のSIMカードでしか
携帯電話端末を使えないように
する機能があります。


SIMロックがあることにより、
本来であれば新しく携帯電話会社を
契約する場合には、携帯電話端末も
新しく買いなおさないといけませんでした。


しかし、携帯電話会社の競争を高めるために
総務省が、ユーザーの要望があれば
simロックを解除する義務を
携帯電話会社に設けました。


SIMロックがもともとかかっていない
・SIMロックを解除した端末を
SIMフリーと呼びます。

格安スマホにMNPするならSIMロック解除すべき理由は●●

SIMロックを解除することで、
大手携帯電話会社から
格安スマホに携帯電話端末を持ち込んで
契約することが出来るようになります。


格安スマホでは取り扱っていない
最新機種を格安スマホで
使用できるようになるのです。


大手携帯電話会社の契約期間によっては、
解約料金がかかってしまう
可能性があります。

現在の契約がどうなっているのか
確認してから行ってください。


現在お持ちの端末がSIMフリーなのか
解除可能な端末なのか、
是非契約されたお店に行って
確認してみてください。

SIMロック解除の方法!!


SIMロック解除の方法は、
以下の2通りあります。

(docomoだけは電話でも解除できます)


1.店舗で解除する方法


2.ネットで解除する方法
(各携帯電話会社の社名に基づいたMy○○という名前)


それぞれSIMロック解除には
基準があるので、各携帯電話会社に
相談してみてください。


特に解約してしまうと、
SIMロック解除の条件が変更になる
場合があるので、必ず解約前に
携帯電話会社に相談してください。

SoftbankのSIMロック解除の方法!



My SoftBankで解除する場合、
無料でSIMロックを解除することが
出来ます。

しかし、Softbankのものではない
SIMカードが必要になります。

Softbankのものではない
SIMカードが手元にない場合は
解除出来ません。


Softbankの店舗で解除する場合、
SIMロック解除手数料に3000円かかります。


その代わり、店舗にSIMロック解除用
SIMカードが常備されているので、
SoftbankのものではないSIMカードを
ご自身で用意する必要はありません。


Softbankの店舗で解除する場合は、
本人確認書類が必要になりますので、
本人確認書類を持って手続きに
行きましょう。

auのSIMロック解除の方法!



My auで解除する場合、
無料で解除することが出来ます。

SoftBankとは違って、
au以外のSIMカードを用意する必要性は
公式サイトには、明記されていません。


店舗で解除する場合、
3000円の手数料がかかります。

その代わり、SIMロック解除を
求めるだけですべての手続きを
誘導してくれます。


店舗で行う場合には、契約者が来店し、
契約者の本人確認書類が必要になります。

docomoのSIMロック解除の方法!

docomoのSIMロック解除の方法は
3つあります。


My docomoで手続きする場合と、
店舗で手続きする場合は、
auとほぼ同様です。


docomoならではの特徴としては、
電話で申し込む事が可能な点です。

電話での手続きは、
店舗での手続きと同様に
3000円の手数料が発生します。

さらに、解約してしまうと
電話での手続きが出来なくなります。


受付時間は午前9時〜午後8時までと
なっております。

通話料に関しては、
ドコモの携帯電話からは局番なしの
「151」から無料でお申込み可能です。

格安スマホにmnp転出して最新機種をおトクに使おう!


3大キャリアから、
SIMロック解除を行った端末を
持ち込み契約することで
最新機種をおトクに使うことが出来ます。

しかし、すべての携帯電話会社で
SIMロック解除した端末を
他社のSIMカードで使用する場合には
「動作保証外」と念を押されています。


そのため、すべての機能が
正常に動作するかどうかは
わからないということのようですね。

しかし、SIMロック解除による恩恵は
そのリスクを上回るものです。

ご興味のある方は
是非ご契約中の携帯電話会社に
ご確認ください。

スマホ乗り換えるなら格安SIM?!おすすめは●●モバイル

お得にスマホを乗り換えるにはどうしたらいい?

こんな悩みを一発解決!

・本当に契約すべき格安SIMを探している!
・スマホ料金がお得になる方法は?
・格安スマホの通信速度や通話品質に問題はない?

ここでは、こうした悩みを解決します。

おすすめはUQモバイル!?他の格安SIMとの違いは


UQモバイルは、モバイルWi-Fiで有名な
UQ WiMAXと同じ系列の
UQコミュニケーションズが運営する
携帯電話会社です。

格安スマホ(格安SIM)でもあります。

また、KDDIグループの携帯会社なので、
auと同じグループでもあります。


SoftBankにY!mobileがあるのと同様に、
auにもUQモバイルがあるのです。


格安スマホならではのシンプルなプラン設定と
豊富なキャンペーン・KDDIグループの
回線を用いた高速通信で人気があります。

月額最安はLINEモバイル!?お得に使う秘訣大公開!!


LINEモバイルとは、NTTドコモ・
SoftBank・auの回線を使用可能な
携帯電話会社です。

LINEのみの子会社と思われることが多いですが、
SoftBankとの合併子会社でもあります。


基本格安スマホはネーミングの
違いがあっても大中小等の
シンプルなタイプの料金プランが多いです。


しかし、LINEモバイルは「LINEフリー」・
「MUSIC+」・「コミュニケーションフリー」と
ネーミングや料金共に格安スマホにしては
複雑な料金プランを持ちます。

店舗キャンペーンが豊富!?UQモバイル契約メリット大公開

UQモバイルは店舗限定キャンペーンが
非常に豊富です。

公式ホームページの限定キャンペーンもあり、
どこで買うのが一番おトクか
探して見るのも楽しみの1つです。


店舗限定キャンペーンの例としては、


1.初期費用としてどこの携帯電話会社でも
  発生するSIMカードの代金3240円
  (消費税8%計算)が無料になる
2.5000円のキャッシュバックがある
3.3000円分の商品券プレゼント


等です。

これらは、ほんの一例なので
是非店頭に足を運んで確認してみてください。

LINEモバイルで●●放題!!使い方で激安料金を叶える秘訣


LINEモバイルは期間限定キャンペーン
(公式)が豊富です。

もちろん、期間限定なのでキャンペーンは
ご覧いただいた際には
既に終了している可能性があります。

1.月額基本料金5か月間半額?!


LINEモバイルはただでさえ
格安スマホなので月額基本料金が安いです。

そこに加えて常識破りの月額基本料金を
5か月間半額にするというキャンペーンが
現在適用中です。

2.最大半額!格安スマホSALE

iPhone 6sを含めた、6種類のスマートフォンが
大幅に割引されるキャンペーンです。

フレーム一杯に広がる画面と4230mAhの
大容量バッテリー・大容量 64GB ROMの
ストレージを誇る「R15 Neo」に至っては、
ほぼ半額となっております。

おすすめはUQモバイルとLINEモバイル!?驚きの理由は

いかがでしたでしょうか。

現在格安スマホ(格安SIM)は
様々な種類があるので、
殆ど選びたい放題な状況です。

今回は、そんな中でUQモバイルと
LINEモバイルをおすすめ致しました。


UQモバイルは豊富な
店舗キャンペーンがあるので、
是非ご自身に合ったお店で
契約していただきたいと思います。

LINEモバイルは、公式サイトで
展開しているキャンペーンが非常におトクです。


オンラインでの契約がおすすめです。

どちらも非常におトクな携帯電話会社なので、
是非ご自身に合った会社をお選びになってください。