初期費用がネック!?LINEモバイル契約時に注意すべき事とは

「格安スマホに乗り換えたいけど、
どこが良いの?いくらぐらいお金がかかるの?」
という疑問点を解決します。

この記事を読むことによって

  • よく聞く《初期費用》とは?
  • なぜLINEモバイルがオススメなのか
  • オススメ料金プランは?

という悩みが解決します。

(1)スマホ乗り換え時の初期費用とは?

《格安スマホ》を扱う会社でよく聞く
《初期費用》とは、端的に言うと《新規手数料》・
《端末代金》・《解約手数料》・
《MNP予約番号発行手数料》の総称を指します。

会社によっては《事務手数料》と言うこともあります。

それぞれについて解説します。

新規手数料

新規で契約するときに、契約して
最初の月に請求される料金です。

大手携帯会社やLINEモバイルなどの
格安スマホを扱う会社でもだいたい3,000円前後です。

登録料と考えていただければ良いと思います。

端末代金

格安スマホに乗り換えるときに、
現在使っているスマホを使わない場合、
スマホ本体を購入する必要があります。

支払い方法は分割払い、または、
一括払いとなっております。

解約手数料

格安スマホに乗り換える際に、
現在契約している携帯会社と解約するときに
更新月でない場合は、解約手数料がかかってしまいます。

MNP予約番号発行手数料

現在使っている電話番号をそのまま使いたい場合は、
契約している携帯会社に連絡して
MNP予約番号を発行してもらいます。

発行する際に大手携帯会社では
2,000~3,000円の手数料がかかります。

解約した月に請求されます。

(2)iPhoneなどがLINEモバイルではセール価格!?

2019年8月23日(金)~2019年9月24日(火)の
AM10:00まで、対象となる端末が値引きされます。

対象となる商品は

  1. iPhone 6S(32GB)

一括払い:33,800円 → 30,800円

分割払い(24回):1,490円 → 1,380円

  1. R15 NEO

一括払いの新規契約:20,880円 → 9,880円

一括払いの機種変更:20,880円 → 15,480円

分割払い(24回):940円 → 440円

  1. AQUOS sense2 SH-M08

一括払い:34,800円 → 29,980円

分割払い(24回):1,540円 → 1,340円

(3)〇〇購入で事務手数料がお得!?

ずばり、エントリーパッケージを
購入することによって事務手数料が割引になります。

Amazonなどのウェブサイト店舗にて、
定価900円で16桁の数字が書かれた紙のパッケージ、
つまりエントリーパッケージを購入します。

その紙に書かれている16桁の数字を
LINEモバイルのウェブサイトに入力して申し込むと、
ウェブ登録手数料3,000円が無料になります。

(4)ある料金プランを契約すると月額基本料が5ヶ月半額!?

対象となる料金プランは2種類あります。

音声通話SIM限定で《コミュニケーションフリー》
または《MUSIC+》の新規契約で
月額基本料金が5ヶ月間半額になります。

そしてさらに、契約して
最初の月はギガを問わず600円です。

コミュニケーションフリー

SNS使いたい放題のプランです。

 3GB:  845円/月(2~5ヶ月目)

   1,690円/月(6ヶ月目以降)

 5GB:1,110円/月(2~5ヶ月目)

    2,220円/月(6ヶ月目以降)

 7GB:1,440円/月(2~5ヶ月目)

    2,888円/月(6ヶ月目以降)

10GB:1,610円/月(2~5ヶ月目)

     3,220円/月(6ヶ月目以降)

MUSIC+

LINE MUSIC利用者向けのプランです。

 3GB:1,195円/月(2~5ヶ月目)

   2,390円/月(6ヶ月目以降)

 5GB:1,360円/月(2~5ヶ月目)

    2,720円/月(6ヶ月目以降)

 7GB:1,640円/月(2~5ヶ月目)

    3,280円/月(6ヶ月目以降)

10GB:1,760円/月(2~5ヶ月目)

     3,520円/月(6ヶ月目以降)

(5)まとめ

いかがだったでしょうか。

LINEモバイルのエントリーパッケージを購入して、
コミュニケーションフリーまたは
MUSIC+を契約すれば
とてもお得になることが分かったと思います。

まとめると、

  • 期間限定で人気機種がお買い得!
  • エントリーパッケージで3,000円がお得に!
  • コミュニケーションフリーまたはMUSIC+で5ヶ月間基本料金半額!

ということです。

本当にお得?!LINEモバイル乗り換え前には●●確認が必須!!

話題のLINEモバイルをはじめとした
格安SIMへの乗り換えは、
家計の大きな節約になります。

しかし、
格安SIM各社の違いや
自分のスマホ使用スタイルをよく検討せずに
乗り換えることは決してしないでください!!

逆にスマホ料金が上がって大きく損をしたり、
今までつかえたサービスが使えなくなる

可能性があるからです。

では、格安SIM検討時には
どのような点に注意すべきなのでしょうか。

こんな疑問を解決します!!
・話題のLINEモバイルの特徴は?
・LINEモバイルにデメリットはないの?
・自分に最も向いている格安SIMはどこ?

ここでは、そういった疑問を
解決していきます。

LINEモバイル大人気の理由はダントツの低料金って本当?

最近よく耳にする格安SIM。

中でも、お得度が高いとして注目を集めているのが
LINEモバイルです。

LINEモバイルとは、
いったいどんな格安SIM会社なのでしょうか。

LINEモバイルは、
SNSサービスのLINEとソフトバンクの系列会社が
運営している格安SIM会社(MVNO)の1つです。

料金が安い格安SIM会社のなかでも、
月額500円と特に安くスマホを利用できることから
利用者がどんどん増えています。

話題のLINEモバイルを契約すると
どういったメリットがあるのでしょうか。

通話も●●も?LINEモバイルなら500円でココまでできる

LINEモバイルの最大のメリットは、
なんといっても月額500円で
LINEを使い放題でスマホを持てることです。

最近では、電話番号を使用しての
音声通話を行っている人は
ほとんどいないのではないでしょうか。

LINEモバイルであれば、
LINEを使用してのSNS送信だけでなく、
音声通話や画像の送受信、タイムライン投稿まで、
すべて500円の範囲内で使い放題なのです。

乗り換えて後悔!?LINEモバイル3大デメリット限定公開中

LINEモバイルなら
月額500円からスマホを使える。

しかし、それほど安くスマホを持てることに
疑問を感じる人もいるのではないでしょうか。

確かに、ココだけの話、
LINEモバイルにもデメリットはあります。

それは、一体どういうことなのでしょうか。

1,最大プランでも10GB! 恐怖の容量不足へはどう対処?

LINEモバイルの弱点として、
データ容量において
大容量のプランがない点が
挙げられる場合があります。

これは、LINEモバイルのプラン設定が
最大で10GBであることによるもの。

他社の中には、20GBを超えるプランや
データ無制限プランがあるところもあります。

それに対して、容量の少なさが
デメリットと感じられるのです。

しかし、LINEモバイルに大容量プランがないのには
しっかりとした理由があります。

それは、LINEモバイルには
SNSを始めとしたデータフリーサービスが
あらかじめ付加されているということ。

つまり、大容量プランの契約をしなくても、
データ不足になる可能性は低いのです。

LINEモバイルでは
少ないと感じられる容量のプランでも
必要十分な活用ができ、
むしろお得と言えるでしょう。

2,気軽な乗り換えNG!1年以内解約は違約金と諸経費●●円請求!

LINEモバイルには、最低契約期間があることも
要注意ポイントです。

音声通話SIMを契約した場合に限りますが、
最低契約期間が存在します。

最低契約期間である1年以内の解約は、
違約金1000円がかかります。

たかが1000円ではありますが、
音声通話SIM契約の際は
注意が必要です。

3,口座引き落とし未対応!クレカ以外の支払い方法は?

また、LINEモバイルでは、
支払方法に口座引き落としが対応していません。

しかし、ご安心ください!

他の多くの格安SIMと異なり、
LINEモバイルでは、
LINE Payを利用した支払が可能です。

そのため、学生など、
収入のない若い人であっても
利用しやすくなっています。

LINEモバイル最大の強みがSNS利用である最大の理由

以上のように、
価格や使い易さで人気のLINEモバイルにも
いくつかのデメリットがあります。

しかし、どのデメリットも
事前に準備しておくことで
解決できるものばかりです。

それよりも、
LINEモバイルには、まだお伝えしていない
大きなメリットがあります。

それは、一体なんなのでしょうか。

月額1110円でSNS使い放題!おススメプランの正体は

LINEモバイルの特徴でもあり
大きな強みの1つは
コミュニケーションフリープランにあります。

コミュニケーションフリープランでは、
LINE、Twitter、Facebook、InstagramのSNSが、
データ容量を気にせず、使い放題で使えます。

コミュニケーションフリー
プラン

使い放題SNS 使い放題になる主な機能
LINE、Twitter、Facebook、Instagram LINE電話、動画・画像送受信、
インスタでのタイムライン、
ストーリーズの閲覧・投稿

また、3GBではデータ容量が不安である。

そういった人には、
5GB、7GB、10GBプランの選択が可能です。

データは、LINEモバイルを使っている
友達や家族と分け合うことができ、
安心してスマホを使用できます。

LINEモバイルと言えば500円?!LINEフリーの詳細は

LINEモバイルの契約を考える方の
多くが検討対象にしているのが
月額500円で使用可能な
LINEフリープランではないでしょうか。

このLINEフリープランは、
月1㎇で、LINEの通話・トーク・
画像動画の送受信・タイムラインが
使い放題という大変お得なプランです。

気軽に持てる料金設定と
基本的使用に問題ないデータ容量で
子どもの初スマホや2台目スマホとしても
選ばれています。

LINEモバイルだけ!格安SIM唯一の超重要機能の正体は

また、LINEモバイルをチェックする際に
忘れてはいけない、大きなメリットがあります。

それは、格安SIMの中で唯一、
LINEのID検索が可能だということ。

このLINEのID検索は、
キャリアスマホでLINEを使用している場合、
当たり前のように行えます。

しかし、格安SIMでは、
LINEモバイル以外、
LINEのID検索ができないのです。

LINEのID検索ができないのは、
とても不便です。

新しく知り合った人を友だち登録したいのに
いちいちQRコードでの読み込みが必要になるなど、
手間がかかったり、場合によっては
友だち登録ができない場合もあるのです。

LINEモバイルでは、
LINEの年齢認証とID検索に対応しているので、
友達のID検索が可能なのです。

徹底比較で解明!一番お得なLINEモバイル使用法

このように、LINEモバイルは
格安SIMの中でもかなりおススメ度が高い
MVNOとなっています。

しかし、よりお得に使うためには
プラン選びが大切です。

また、他社格安SIMとの徹底的な比較は
欠かせません。

あなたにとって、気になるアノ格安SIMと
どちらがお得なのでしょうか。

通学中はSNS!LINEモバイルvs OCNモバイルONEお得なのは?

   

 

毎日インスタに写真をアップしたり
通学中にSNSをチェックしているうちに
データ超過して通信制限になってしまう!

そういった方の中には、
通信制限を少しでもお得に回避したいという思いで、
OCNモバイルONEの日次プランと
LINEモバイルで迷っている方もいることでしょう。

OCNモバイルONEの日次プランは
日ごとにデータ容量が設定されています。

そのため、
データ量が超過して通信制限を受けても、
翌日にはそれが解消される、
というのがメリットです。

OCNモバイル日次プランにデメリット!?通信制限の原因とは

通信制限が翌日には解除されるのが
最大のメリットであるOCNモバイルONEの
日次プラン。

しかし、裏を返せば、
毎日通信制限をくらってしまう
可能性もあります。

特にインスタを利用している場合、
画像や動画の読み込みで
データを非常に多く消費します。

その消費量は、
平均すると10分で140MB程度です。

しかし、OCNモバイルONEの
日次プランでは110MB/日と170MB/日しか
ありません。

これでは、ちょっとインスタを眺めていると
あっという間に通信制限がかかります。

一方、LINEモバイルであれば、
インスタはコミュニケーションフリーの
データフリー対象サービスです。

そのため、いくらインスタを閲覧しても
通信量はカウントされません。

OCNモバイルONEとLINEモバイルを比較した場合、
LINEモバイルの方が
快適に使いこなせるでしょう。

通話料金比較!UQvsLINEモバイルお得なのはどちら?

スマホは基本的に連絡手段として使っている。

LINEでのメッセージ送受信はもちろん、
通話機能も必要。

そういった場合は、
通話プランであるおしゃべりプランを有する
UQモバイルが検討対象かもしれません。

しかし、最近では
特にプライベートの通話は
LINE電話で行っている、という方が
多いのではないでしょうか。

いざという時の保険に!通話がお得にできるのは?

毎日電話を使うわけではないけど、
保険として通話機能は絶対に必要。

通話プランを検討する方の中で
最も多いのがこのタイプの方です。

そういった場合にお勧めなのが
LINEモバイルの「いつでも電話」アプリ。

UQモバイルの20円/30秒よりお得な
10円/30秒で通話が可能です。

話し放題必須!お得な通話プランがあるのは?

仕事での電話など、
一定の通話量があるから
通話プランが必要!

そういった場合は、詳細な検討が必要です。

まず、UQモバイルで、
最も安い音声通話SIMに話し放題を付けると
1980円+700円で2680円になります。

LINEモバイルでは、
最も安い音声通話SIMに話し放題を付けると
1200円+880円で2080円です。

通話料金比較表

  通話料金 話し放題 月額支払料金
LINEモバイル 10円/30秒 880円 2080円
UQモバイル 20円/30秒 700円 2680円

このように、
通話機能が必要な場合でも
LINEモバイルの優位性が高く、
お得度が高いことがわかります。

LINEモバイルより優れているのは?アノ格安SIMの実力は

以上、各格安SIMの特徴をまとめると
次のようになります。

  LINEモバイル
OCNモバイルONE


UQモバイル
お勧めポイント 追加料金なしでSNS使い放題 日次プラン

おしゃべりプラン

3GB月額料金
(データSIM)
1110円 1220円 1980円

あなたはスマートフォンを
どのように使っていますか。

・家族や友達との連絡手段
・LINEやインスタなどのSNSを楽しむg
・いざという時に通話機能も必要!!

こうした目的あれば、
LINEモバイルが断然おススメです。

今だけ!LINEモバイルの超絶お得なキャンペーンの詳細は

このように、格安SIMは、
自分に合った会社を選ぶことで
よりお得に使用できます。

中でも、LINEモバイルは、
格安SIMにおいて、かなりメリットの大きい
使用が可能です。

加えて、チェックしておきたいのが、
よりお得に利用できる
キャンペーンの存在です。

現在、LINEモバイルでは、
基本料金が半額になるキャンペーンを
実施中です。

キャンペーン期間中に、
コミュニケーションフリープランか、
LINEミュージックが使い放題になる
MUSIC+の契約をすると、
初月600円、以降2~5か月目の基本料金が半額になります。

コミュニケーションフリーの3㎇プランなら、
月額845円で利用が可能です。

この他にも、キャンペーンコードの入力で、
LINEポイント5000Pがもらえるという、
大変お得な格安SIMなのです。

LINEモバイルが選ばれ続ける3つの理由大公開!

このように、LINEモバイルには
大容量プランがない、支払い方法が限定される、
音声通話SIMに最低契約期間がある、 など
契約前の確認事項がいくつかあります。

しかし、それらをクリアしていれば、
契約には大きなメリットが3つあります。

・月額500円からLINE通話、トークが使い放題!
・月額1690円で各種SNS使い放題に加え3GB利用可能!
・今なら期間限定 
基本料金半額キャンペーン開催中!

このように、使い放題でお得なプランで大人気!

格安SIM乗り換えにはLINEモバイルを
強くおすすめします。

LINEモバイル/◆ゲーム/本当に