スマホゲーム最適端末はOPPO?格安ゲーミングスマホの性能は

マイナーだが優秀!!リーズナブルな格安スマホメーカーOPPO


OPPOというメーカーをご存じでしょうか。


実はあまり知られていませんが、
リーズナブルな価格でハイスペックな
スマホを購入可能な優良メーカーなのです。


OPPOの端末を5点紹介します。


・A5 2020    Amazon価格:29,480円


 カメラを使うなら、これです。


 A5 2020のカメラ性能は、
アウトカメラが4眼カメラ1200万画素・
1600万画素インカメラとなっております。


 iphoneシリーズの中でも、
カメラ性能が格段に向上したとされる
iphone11でも、アウトカメラが1200万画素です。


 このことでもA5 2020の
カメラ性能の高さが分かります。


・Reno 10x Zoom Amazon価格:107,964円


 圧倒的ズーム、体感出来ます。


 10倍のズームを可能にし、
遠くの物もきれいに残せます。


 Reno 10x Zoomはその名の通り、
ズーム機能が抜きん出ています。


 インカメラを本体内部に収納し、
必要な時に出現する仕組みを採用しています。


 これにより、エッジを極力小さくし、

本体表面をほとんど画面が占有しています。


・R17 Pro Amazon価格:51,980円


 R17 Proは「水滴型ノッチスクリーン」という
水滴をモチーフにしたデザインを採用しており、
見た目に優しいデザインになっております。


 iphoneでもお馴染みの指紋認証ですが、
R17 Proはこの指紋認証機能を
画面内に搭載しています。


 画面の一部分を触ることで、
指紋を読み取ることが出来るのです。


 これにより、インカメラ以外の部分を
画面にすることが可能になっています。


・AX7   Amazon価格:23,500円


 一日中、使えます。


 4230mAhの大容量バッテリーを備えた
モデルです。


 AX7はAIによるバッテリー管理システムを
搭載しています。


 バッテリー管理システムは
使用していないアプリケーションを停止させ、
より多くの電力を節約可能になっています。


 また、反射防止コーティングを
採用しているため、
画面全体の明るさが35%向上しています。


 どの角度から見ても鮮やかに移る
設計になっています。


・Find X     Amazon価格:81,224円


 ステルス 3Dカメラという
インカメラを搭載しています。


 ステルス 3Dカメラは、
Reno 10x Zoom同様に、本体内部に
インカメラを格納するシステムです。


 このスライド式のインカメラによって、
顔認証による本体ロックの解除を
行えるようになっています。


 本体ロック解除のたびに使用するので、
30万回以上の耐久性試験が試されています。

いかがでしょうか、たしかにOPPOには、
10万円前後の端末もあります。


しかし画面内の指紋認証等、
高い性能を有いしているにも関わらず、
5万円台の端末もあります。


OPPOの中でもこれ!!コスパがよくスマホゲームも快適なR17NEOとは


OPPOの中でも特におすすめ出来る端末が、
R17NEOです。


R17NEOは、前述した画面内の
指紋認証を日本で初めて搭載した
端末になります。


ディスプレイは、インカメラ部分が
水滴のようなデザインになっている
「水滴型ノッチスクリーン」です。


これにより、スマホの前面91%を
画面が占めています。


もちろん、デザインだけでなく、
機能の面でも優れています。


ストレージも128GBあるので、
ゲームアプリなども大量にダウンロード可能です。


バッテリーも3600mAhと大容量なので、
連続待ち受け時間が300時間もあります。


ここまでの性能で、
Amazon価格:28,600円とスマホにしては、
安価に購入することが可能です。


しかし、1点だけ欠点があります。


防水・防滴に対応していないことです。


そのままでは、お風呂などで
スマホゲームやネットサーフィンを楽しむ事は
出来ません。


しかし、スマホ用の防水袋(タッチ可能)に
入れておけば、お風呂でも問題無く楽しむことが
出来ます。


スマホが一般的になって久しい昨今では、
スマホ用の防水袋も100円均一で
入手することが可能です。


袋に入れた状態では、
指紋認証機能を使うことは出来ません。

スマホゲームはUQモバイル!?圧倒的に選ばれ続けている理由


UQモバイルは、
データ通信が無制限のプランがあります。


モバイルWi-Fiルーターである
UQWIMAXと同時契約するプランです。


もともとUQWIMAXは
データ通信の無制限を謳っているルーターなので、
当然、使いたい放題です。


特に、スマホゲームを楽しんでいると、
どうしてもデータ通信の上限に
すぐに届いてしまいます。


50GBでも安心することは出来ません。


しかし、UQモバイルなら
そんな心配は無用なのです。


UQモバイルを含めた格安simは、
データ通信料金を安くする代わりに、
通話に関するサービスを減らして
安い料金プランを実現しています。


LINE等の通話機能を搭載した
snsが広く使われるようになった今では、
長い通話で通常の通話機能を使うこと自体が
珍しいので、格安simの方が圧倒的に安いのです。


通話利用金を下げるために、
3年ほど前に盛んに行われていた
3大キャリアと格安simの2台持ちも、
個人用ではあまり見られなくなってきました。

ダブルでお得!! OPPOとUQモバイルがスマホゲームの最強コンビ


OPPOの端末は、UQモバイルでも
取り扱われています。


前述の通り、UQモバイルは
データ通信が無制限のプランがあるため、
スマホゲームをするうえで
最適な格安simと言えます。


さらに、安くて使い勝手の良い
OPPOのR17NEOを契約することで、
安く快適にスマホゲームを楽しむことが可能です。


まさに、スマホゲームの
最強コンビと言えます。


スマホゲームだけで無く日常使いとしても、
インターネットメインで使用することが
多いスマホは、UQモバイルがお得です。


スマホゲームをするために
データ通信が無制限のプランを
契約しているので、ネットサーフィンなども、
気にせずに楽しむことが出来ます。


昨今一大ブームを巻き起こしている
動画配信サービスも、
どこでも楽しむことが出来るので、
退屈する時が無くなります。


OPPOのR17NEOも
大容量のストレージがあるので、
スマホゲームや動画配信サービス等の
エンターテインメントに最適です。


是非、UQモバイルで
R17NEOをお楽しみください。

UQモバイルでOPPOを使ってスマホゲームを遊び尽くそう!!


いかがでしたでしょうか、

今回はコストパフォーマンスに非常に優れた
OPPOのR17NEOに焦点を当てて
紹介しました。


しかしUQモバイルには、
他にも優秀な端末や安価な端末はあります。


是非UQモバイルのホームページで
ご自身にあったスマホを探して見てください。


スマホゲームを楽しみ尽くしましょう。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す