格安SIM限定!お風呂でスマホゲームも安心の防水スマホ大公開


皆さんはお風呂で本を読んだり、
スマホを使ったりする人でしょうか。

本に関してはいろいろと便利グッズが
販売されていますが、
スマホの防水に関しての便利グッズは
まだまだ少ないと思います。

スマホの防水グッズが少ない中で、
お風呂の中で使うには端末の防水性能に
頼るほかありません。

風呂場での「ついうっかり」に
よる端末故障、それを防げるような
スマホを紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のような悩みが解決されます。


● そもそも“防水性能”はどこの項目を見ればいいのか?
● そもそもゲームをするのに重視する項目とは?
● “高性能&防水”のおすすめ格安スマホとは?

(1)防水性能の善し悪しが判る項目とは?


スマホの防水性能が判るのは
“IP◯◯”という項目です。

左側の◯部分は“防塵性能”を表し、
右側の◯部分は“防水性能”を表しています。

今回は右側の“防水性能”について解説します。

“防水性能”を表す数字は0~8で、
数字が大きい方が性能が良いです。

”左側の“防塵性能”は今回問わないので
“X(エックス)”とおいときます。

● IP X0
→保護なし(防水性能がない)
● IP X1
→鉛直滴下に対する防水性能がある。(防滴 Ⅰ 形)
● IP X2
→15°の傾斜時における鉛直滴下に対する防水性能がある。(防滴 Ⅱ 形)
● IP X3
→鉛直から60°以内の噴霧上に対する防水性能がある。(防雨形)
● IP X4
→全方向からの水の飛沫に対する防水性能がある。(防沫形)
● IP X5
→全方向からの水の直接噴流に対する防水性能がある。(防噴流形)
● IP X6
→波浪または全方向からの水の直接噴流に対する防水性能がある。(耐水形)
● IP X7
→水中に一定の時間、浸漬することに対しての防水性能がある。(防浸形)
● IP X8
→水中に連続して水没することに対しての防水性能がある。(水中形)

シャワーだけでなく、
外出時の突然の大雨などにも対応することが
できるので、最低でも“IP X6”であることが
望ましいです。

理想をいえば“IP X7”以上が良いのですが・・・。

(2)スマホゲームに適している端末のスペックとは?


通学・通勤中などの暇つぶしなどに
スマホゲームをする人が増えてきました。

そういう私もよくモンストなどをするのですが、
プレイしたいゲームによっては容量を
多くとってしまったり、
通信量が多かったりします。

ゲームを快適にプレイしたいのに
「画質を下げないと電源が落ちる」
「したいゲームがあるのに容量が少なくて
ダウンロードできない」など、
端末性能に関する不満が少なからずある、
もしくはあったと思います。

私自身も過去に、
モンスト以外にも3つ程ゲームを
ダウンロードしてあったのですが、
容量が少なかった関係で消去してしまいました。

個人的にゲームを主とおくのならば、
チェックしておきたい項目が4つ程あります。

CPU

プログラムの処理速度に関する
性能を表していて、スマホの頭脳に相当します。

高性能なCPUの代表としてよく挙げられるのが《Snapdragon845》《Kirin970》、
Appleの《A12》です。

数字が大きければ大きいほど性能がよく、
端末価格も高くなってきます。

またコア数も性能の善し悪しに
関わってきます。

シングルコア・デュアルコア・クアドコア・
オクタコアの順に性能が良くなっていきます。

RAM

“CPU”はデータの処理速度に対して、
“RAM”はデータの処理可能量を表しています。

単位はGBで、ゲーム用なら
最低でも2GBは必要と感じます。

ROM

ストレージとも呼ばれていて、
ゲームのアプリはもちろん、
写真や動画などの保存領域となっています。

ゲームのダウンロードする数にもよりますが、
最低でも32GBは欲しいです。

解像度

MMORPGなどのグラフィックを
重視する人にとっては、
最低でもフルHDは欲しいです。

ゲーム以外にも写真や動画などの
画質にも影響があるので、あって損はないです。

(3)防水&高性能なスマホの条件とは?

これらのことを踏まえると
“IP X6”以上を満たす防水性能、
そして“RAM”は2GB以上/
“ROM”は32GB以上/解像度はフルHDを
満たす端末性能が望ましいと思います。

これらの条件を満たす格安スマホを
探してみました。

その中でもおすすめなのがこれらの端末です。

● iPhone7
● AQUOS sense2

ではそれぞれの端末性能を
紹介していこうと思います。

(4)おすすめの iPhone7 の端末性能とは

機種名:iPhone7
CPU:A10
RAM:2GB
ROM:128GB
解像度:1,334×750
画面の大きさ:4.7インチ
防塵防水:IP 67
バッテリー容量:1,960mAh

(5)おすすめの AQUOS sense2 の端末性能とは

機種名:AQUOS sense2
CPU:Snapdragon450
RAM:3GB
ROM:32GB
解像度:2,160×1,080
画面の大きさ:5.5インチ
防塵防水:IP 68
バッテリー容量:2,700mAh

(6)まとめ

いかがだったでしょうか。

防水性能・端末性能の善し悪しの判別方法、
おすすめの端末性能が分かったと思います。

まとめると

● 防水性能は最低でも“IP X6”以上!
● 端末性能の善し悪しは“CPU”“RAM”
  “ROM”“解像度”の4項目を要確認!
● 防水&高性能な“iPhone7”または
  “AQUOS sense2”がおすすめ!

あなたが快適にスマホが
使えることを願っています。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す