• スマホゲーム
    スマホゲームでUNO?課金は必要?定番ゲームアプリの魅力公開
    2019年12月26日
  • ドラクエウォーク
    ドラクエウォークで通信制限!格安simスマホゲームは●●注意
    2021年1月21日
  • 格安SIM
    プロジェクト東京ドールズでギガ不足?通信量削減の裏ワザは
    2020年1月31日
  • ドラクエウォーク
    ドラクエウォークはLinkemate?通信制限無関係の裏ワザ大公開
    2021年4月23日
  • ドラクエウォーク
    高速通信不要?ドラクエウォーク格安SIMプレイ時の注意点
    2021年6月4日
  • スマホゲーム
    ガーデンスケイプは格安SIM●●モード以外プレイNGの理由
    2019年10月6日

格安スマホに変えたいけれど、
実際どれくらいかかるのだろうか?

本当に安くなるのだろうか?

そういった不安が今検討中の方にはあるかと思います。

・実際にかかる費用ってどのくらい!?

・費用を抑えるには!?

・自分に最適なプランって!?

こういった不安点を
これから解消していただこうと思います。

使ってみて実際にかかる費用はどのくらい?

まず、初期費用として新規に購入する端末代と、
通話料、契約するプランの料金が
固定費としてかかります。

例えばiPhone6S(128GB)を購入するとすれば、
24回の分割払いで、
1920円が24ヶ月間は毎月かかります。

通話料は30秒20円で、
使用した分だけ加算されます。

契約するプランは例えば、
コミュニケーションフリープランの
音声通話SIMの3GBだと1690円が毎月かかります。

なので、上記条件だと24ヶ月目までは、
3610円が固定費、通話料が変動費として
毎月の使用料になります。

されるがままのプランでは割高になってしまう可能性も!?

例えば、安く抑える為にLINEフリープランに
したものの、パケットが足りなくなりデータを
追加購入、なんてことをしていては本末転倒です。

SNSをよく使用するならば、
コミュニケーションフリーフリープランが
よいでしょう。

また、追加購入しなくてよい分の
データ消費状況をしっかりと把握しておき、
自分にあったプランを選択する事が重要です。

また通話状況の把握も料金を
抑える為には非常に大切です。

もし、15日間5分の通話を
1件ずつしたとしましょう。

これだけで、通話料は3000円です。

意外とかかってしまうなぁと
感じる方もいるのではないでしょうか。

満足するか、更に求めるか

通話料について、結構かかってしまうなぁと
感じたあなたや、もっと電話するので
ヤバいかもと思ったあなたも大丈夫です。

LINEモバイルには、
「10分電話かけ放題オプション」
というものがあり、それを利用すれば
880円で10分以内の通話であれば
かけ放題となります。

「いつでも電話」のアプリ利用が
条件となっていますが、
そこまで電話しないかなという人は
アプリの利用だけという選択もあります。

このアプリ自体利用は無料で、
こちらを利用した通話は通話料が
半額(30秒10円)になります。

どちらがお得になるかは自身の通話利用状況で
試算してみてください。

ちなみにアプリ利用で880円分は約44分となります。

自分にあったプラン選びを!

このようにただ安いからといって
何も考えなしに契約してしまうと、
節約したつもりが出来ていない状況を
作ってしまうかもしれません。

自分の月に使用するパケット数はどれくらいか、
どのような使用がメインとなるか、
通話は月にどれくらいするか。

自分の使用状況を把握する事が、
節約への第一歩なんです。

LINEモバイルがオススメな理由!

オススメポイントは沢山ありますが、
特筆すべきはこちら!

・たくさん電話する人も大丈夫!

・プラン次第ではSNSでのパケットは気にしなくて大丈夫!

・自分の利用状況に応じたプラン選びで賢く節約できる!

乗り換え検討中の方は
是非LINEモバイルへの乗り換えを検討してみて下さいね!

関連キーワード
格安SIMの関連記事
  • 格安sim後悔理由は●●!simロック解除デメリット徹底検証
  • iijmioデビットカード乗り換え可能?格安sim後悔しない秘訣
  • 新型コロナ減収には2台持ち?通信費削減に最適格安SIMは
  • 新型コロナが5Gに影響?快適テレワークにおすすめ格安SIMは
  • マイネオデメリット解説/格安sim後悔しない選び方大公開
  • 高速通信不要?Android iphone別スマホ料金削減術大公開
おすすめの記事