iPhoneより快適?!低料金でスマホゲームが楽しめる優秀端末は

皆さんはスマホでゲームをしているでしょうか。

私の場合、使っている端末のストレージの
容量が足りないので、
比較的軽いゲームをしています。

本音を言えば、グラフィックが綺麗な
ゲームをしてみたいところです。

最近のスマホゲームは
パソコン並みにグラフィックが綺麗になってきて、
綺麗に映し出すためにも
ある程度の端末性能が必要となります。

そんな、ある程度の端末性能が確保されていて、
なおかつ財布にも優しい《格安スマホ》を
紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のことが分かります。

  • グラフィック重視の端末とは?
  • なぜ、格安スマホがオススメなのか?
  • スマホゲーム向けのオススメ端末は?

(1)グラフィックを楽しみたい人向けのスマホとは?

スマホゲームのジャンルの中で、
特に“MMORPG”を楽しみたい人にとって
《通信環境》と同時に《グラフィック》を
重視していると思います。

私自身が過去に使っていた端末で
最高峰グラフィックのゲーム
“アヴァベル”をプレイしていたのですが、
端末の性能不足でグラフィックを最低にしていました。

その影響で
「キャラの動きが鈍くて操作性が非常に悪く、
モンスターの攻撃を受けまくって
拠点に逆戻りを何度もする」という
苦い思い出があります。

これを考慮に入れると重視していきたいのが
《端末性能》、
特にグラフィックの善し悪しに直結する
“解像度”と、それに関する
“CPU”“RAM”の項目が重要だと考えられます。

そこで、オススメしたいのが財布にも優しく、
意外と高性能な端末を扱っている
《格安スマホ》です。

(2)憧れのゲーミングスマホ・・・財布に大ダメージ!?

スマホゲームに特化している
“ゲーミングスマホ”と呼ばれる
端末があります。

この端末を扱うことのメリットととして
挙げられるのがなんと言っても
「スマホゲームを快適に出来る」ということです。

なぜかというと、
データ処理の速度に関する“CPU”、
データ処理の容量に関する“RAM”、
ストレージとも呼ばれる“ROM”、
グラフィックに関する“解像度”の値が
それぞれ非常に優秀です。

しかしデメリットとして挙げられるのが、
「端末費用が高い」ことだと思います。

ほとんどのゲーミングスマホは
10万円を超えていて、
購入するのに勇気が必要となってきます。

それに加えて、三大キャリアで契約した場合、
ゲームでデータ通信容量を普通より必要となるため、
毎月請求される金額も嵩んでしまいます。

出来るだけ《端末性能》が良く、
毎月請求される費用も抑えたいところです。

(3)格安スマホにもゲームに適している高性能な端末が!?

皆さんが思っている《格安スマホ》イメージとして、
「大手携帯会社の扱っているスマホと
比べて性能が劣っている
」と想像している人がいると思います。

しかし、そんなイメージを
吹き飛ばすような端末も扱っています。

その例としてあげたいのが、
“OPPO_R17 Pro”だったり
“moto_g7 plus”だったり
“ASUS_ZenFone Max Pro M2”
だったりするのです。

それぞれについて紹介していこうと思います。

(4)オススメはこれ!“OPPO R17 Pro”

グラフィック重視のゲーム好きには
嬉しい端末性能となっています。

“CPU”“ROM”の値もそこそこ良く、
“解像度”はフルHD+と美麗で
“RAM”も6GBと大容量なので、
画面の動きが鈍くなることが限りなく少ないと思います。

機種名:R17 Pro

会社:OPPO

本体カラー:エメラルドグリーン/ミストグラデーション

CPU:Snapdragon710

RAM:6GB

ROM:128GB

解像度:2,340×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.4インチ

バッテリー容量:約3,700mAh

参考までに現在セール中の
《LINEモバイル》で端末費用を調べてみると、
通常だと税抜価格49,880円のところが
税抜価格39,880円となっていました。

(5)“moto_g7”はスマホゲームに適しているのか?

まず、端末性能を載せておきます。

機種名:g7

会社:モトローラ

本体カラー:セラミックブラック/クリアホワイト

CPU:Snapdragon632

RAM:4GB

ROM:64GB

解像度:2,270×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.24インチ

バッテリー容量:3,000mAh

“解像度”の項目を見るとグラフィックは
綺麗に見ることが出来ますが、
“RAM”が4GBとゲームをするには
最低限程度なので、
画面の動きが鈍くなりやすくなると思います。

グラフィックを求めないゲームなら
問題なく快適に使えると思います。

参考までに、《LINEモバイル》では
税抜価格30,800円となっています。

(6)“moto_g7 plus”はスマホゲームに適しているのか?

まず、端末性能を載せておきます。

機種名:g7 plus

会社:モトローラ

本体カラー:ディープインディゴ/ビバレッド

CPU:Snapdragon636

RAM:4GB

ROM:64GB

解像度:2,270×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.24インチ

バッテリー容量:3,000mAh

先ほど紹介した“moto_g7”と比較した際に
端末性能があまり変わってなく、
「“CPU”の性能が若干上昇したかな・・・」程度で、
“moto_g7”と同様に“パズルゲーム”なら
快適にプレイすることが出来ると思います。

参考までに、《LINEモバイル》では
税抜価格38,800円となっています。

(7)“ASUS_ZenFone Max Pro M2”

まず、端末性能を載せておきます。

機種名:ZenFone Max Pro M2

会社:ASUS

本体カラー:コズミックチタニウム/ミッドナイトブルー

CPU:Snapdragon660

RAM:4GB

ROM:64GB

解像度:2,280×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.3インチ

バッテリー容量:5,000mAh

“moto_g7”と“moto_g7 plus”同じぐらいの
端末性能ですが、“バッテリー容量”が
5,000mAhと普通では考えられないくらい
大容量でスマホの充電を気にせず
楽しむことができます。

参考までに、《LINEモバイル》では
税抜価格35,500円となっています。

(8)まとめ

いかがだったでしょうか。

格安スマホでも快適にスマホゲームが
できる端末があることが分かったと思います。

  • 《グラフィック重視》なら“RAM”と“解像度”の項目を要チェック!
  • “OPPO_R17 Pro”はグラフィックが綺麗に映る!
  • 個人的に“R17 Pro”>“g7 plus”=“ZenFone Max Pro M2”>“g7”の順にオススメ!

Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す