バンドリもPUBGも!スマホゲームに最適格安スマホスペックは?


最近は「PUBGモバイル」や
「バンドリ」などスマホゲームも
本格的になってきており、

今の自分のスマホだと動作が
重くなってきていませんか?

スマホゲームを制するためには
スマホのスペックが非常に重要です。

今回の記事は

・スマホゲームするにはどんなスペックが重要なの?

・オススメのスマホは?

・スマホを安く買うには?

について解説いたします。

スマホのスペックって何が重要なの?

重たいスマホゲームでもサクサク楽しむためには、
以下の3要素が重要となってきます。

  • CPU

CPUはスマホの心臓に当たる部分であり、
ゲームを動かすために最も重要となる要素です。

主に使われているAndroidで使われているCPUは

Qualcomm製「Snapdragonシリーズ」です。

「Snapdragonシリーズ」の中でも、

エントリークラスで使われている400番台

ハイエンドクラスで使われている800番台

では性能が全く異なります。

更に800番台なら何でもいいという訳でもなく、

「Snapdragon 835」・・・
主に2017年に販売されたハイエンドスマホに搭載

「Snapdragon 845」・・・
主に2018年に販売されたハイエンドスマホに搭載

「Snapdragon 855」・・・
主に2019年に販売されたハイエンドスマホに搭載

あたりのCPUを搭載していると、
3Dゲームも遊べるかと思います。

ゲームをサクサク動かせる
=普段の処理性能については楽勝

ですので、まずはCPUに着目しましょう。

②メモリ(RAM)

次に重要なのが「メモリ(RAM)」です。

「メモリ」は重たい作業や、
複数の作業を同時に行う際に重要と
なるのですが、重たいゲームを行う場合は
最低でも4GBは必要になってきます。

もちろん6GB、8GBと多いほど快適に
ゲームが出来ることになります。

③画面の解像度

画面の解像度については、
フルHD以上をオススメいたします。

但し画面の解像度については、
①、②の条件を満たしていれば、
フルHD以上の液晶は搭載されていることが殆どです。

2019年でオススメのSIMフリースマホは?

スマホゲームを快適にするために
必要なスペックを満たしたスマホは
SIMフリーでもリリースされています。

その中でも最もオススメなのが、
以下の2端末です。

  • ZenFone 6

「ZenFone 6」は最新のCPU
「Snapdragon 855」を搭載しており、
「画面占有率 92%」とベゼルレスデザインの
フルHD液晶を搭載しております。

電動式フリップカメラが特徴的ですが、
ゲームを楽しむ方にももってこいです。

メモリは「6GB」と「8GB」の2種類あり、
お好きな方をお選びいただけます。

  • AQUOS zero SH-M10

「AQUOS zero SH-M10」は
「Snapdragon 845」とCPUは
一世代前ですが、防水・おサイフケータイ機能、
何と言ってもスマホ本体が146gと超軽量です。

画面解像度はWQHDと2Kクラスですし、
RAMも6GBありますので、
風呂でもゲームをしたい!という方にもオススメです。

このスマホを購入するには?

このスマホを購入するのにオススメの
格安SIMがOCNモバイルONEです。

OCNモバイルなら他所の格安SIMより
安価にスマホを購入できます。

是非こちらから価格をご確認ください。

OCN

どれだけお得?!OCNモバイルへの乗り換えメリット徹底解説!!

格安SIMへの乗り換えは、
家計の大きな節約になります。

今回は、数ある格安SIM会社の中で、
「OCNモバイル」について紹介していきます。

・OCNモバイルの特徴は?

・月額1600円で利用が可能?

・使い方によって選べる数多くのプラン!

7種類から選べるデータ容量プラン!

「OCNモバイルONE」は、
「4種類の基本料金」+「7種類のデータ容量プラン」を
選んで利用できます。

データ容量プランは7種類の中あり、
1日ごとにデータ容量がリセットされる
“日次プラン”は、月額900円+基本料金(700円~)の
「110MB/日」、月額1380円+基本料金の
「170MB/日」の2つの“日次プラン”があります。

この“日次プラン”は、
通信制限がかかってしまっても、翌日には解除されます。

他にも、月単位のデータプランとして、
3㎇1100円~、6㎇1450円~、10㎇2300円~、
20㎇4150円~、30㎇6050円~のプラン
(いずれも+基本料金が必要)があります。

コースは毎月変更することができ、
データは翌日、翌月に繰り越しが可能です。

1日110MBプランは意外と快適に使える!?

「110MB/1日」の“日次プラン”は、
「低速モード」と「高速モード」があり、
「低速モード」でも個人差はあります
が、充分に使用できます。

「高速モード」は人混みなどで利用すると、
データを多く消費してしまうこともあります。

「低速モード」は、場所や時間帯にはよりますが、
Twitterなどはアプリを開いてすぐ、
画像も含めて閲覧できますし、YouTubeなどは、
7秒ほど待てば動画再生もできたりします。

「低速モード」時は、
通信容量無制限なのも嬉しいところです。

固定電話へよく通話するなら通話プランの充実したOCNに

他の格安SIM会社では、
LINE通話などデータ通信を利用した
通話はお得になりますが、
固定電話などへ通話する場合に、
通話料がかかってきます。

そのため、固定電話への通話が多い人には、
OCNの3種類の通話プランがおすすめです。

月額1550円「10分かけ放題プラン」は、
10分以内の国内通話が回数無制限で
利用可能、月額1550円「トップ3かけ放題プラン」は、
その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になります。

月額2000円の「かけ放題ダブルプラン」は、
10分かけ放題とトップ3かけ放題を
組み合わせたプランで、10分以内の国内通話0円に、
上位3番号への通話料も0円になります。

「110MB/日」のプランと合わせると、
「かけ放題ダブルプラン」の場合、
月額2900円で利用できます。

OCNモバイルへの乗り換えでお得なことは!?

・「4種類の基本料金」+「7種類のデータ容量プラン」

・「100MB/日」プランは月額1600円~

・選べる3つの通話プラン!

OCN

低料金でも低速少容量?!スマホ乗り換え大失敗を防ぐ術

スマホ料金を下げるのに乗り換えに興味がある!

こんな悩みを一発解決!

・格安スマホの評判は?
・料金が低くても使いにくいのは困る!
・通信速度やデータ容量はどう?

ここでは、こうした悩みを解決します。

日本人の●人に1人!スマホ使用者の本音大公開!!

今現在、日本国内のスマートフォン
(以下、スマホ)普及率は総務省によると、
約75%です。

4人に3人は持っているという
計算になります。

その中でも20代・30代のスマホ普及率は
90%を超え、ほとんどの人が持っています。

そんな4人に3人は持っている
スマホを使っていく中で、《データ容量》
《スマホ料金》という言葉には敏感だと思います。

私個人の本音としては、「《データ容量》は
最低でも20GB以上、できれば無制限。

《スマホ料金》はできるだけ安くしたい!」
という願望は持っています。

そんな願望を叶えるには、
テレビのCMで話題の《格安スマホ》に
乗り換えるのが手っ取り早いと思い調べてみました。

そんな《格安スマホ》について
紹介していきたいと思います。

データ容量が無制限?!格安SIM最大のメリット大公開

調べていく中で、実際にデータ容量が
無制限の会社がありました。

値段も20GB・30GBより安くなっており
魅力的でした。

しかしこんな文言がありました。

「通信量が他の利用者の平均利用容量を
著しく超えるときは、  通信速度が
一時的に遅くなることがあります。」

というもの。

自分のイメージでは、
「値段は少し割高になるが、
通信速度は一定で変わらない」と、思ってました。

ほかの会社も調べてみると、
同じような文言がありました。

1日の上限通信量は、会社によって違いましたが、
通信速度が遅くなるという点では、
個人的に実用的ではないと思いました。

格安simでSNSし放題?噂の真相徹底究明!衝撃の事実は

《データ容量の無制限》は諦めて、
最低でも20GB以上のデータ容量の
会社を探しました。

その結果、2つの会社がヒットしました。


その会社は《BIGLOBEモバイル》と
《OCNモバイルONE》です。

では《BIGLOBEモバイル》と
《OCNモバイルONE》の料金プランを
説明していきたいとおもいます。

 おすすめはBIGLOBEモバイル?!料金プランの詳細は

データ容量についてのプランは、
《3GB》《6GB》《12GB》《20GB》
《30GB》の5種類です。

SIMについてのプランは《音声通話SIM》
《データSIM》《SMS機能付きデータSIM》の
3種類です。

データ容量とSIMの組み合わせにより
スマホ料金は決まります。

その中でも《20GB》《30GB》に限定して、
紹介していきます。

①20GB(音声通話SIM) → 税抜5,200円/月

②20GB(データSIM) → 税抜4,500円/月

③20GB(SMS機能付きSIM) → 税抜4,620円/月

④30GB(音声通話SIM) → 税抜7,450円/月

⑤30GB(データSIM) → 税抜6,750円/月

⑥30GB(SMS機能付きSIM) → 税抜6,870円/月

シンプルで人気!データ容量OCNモバイルONEの詳細は

データ容量についての料金プランのみで、
《3GB》《6GB》《10GB》《20GB》《30GB》の
5種類です。

《20GB》《30GB》に限定して、
紹介します。

①20GB → 税抜4,850円/月

②30GB → 税抜6,750円/月

LINEの〇〇機能が使えない!格安SIMデメリットは

結論を述べると、基本的に《ID検索》が
使えなくなります。

こちらから《ID検索》で
友だち登録をするときは、
パソコン版のLINEを使えば登録することが可能です。

《QRコード》や《ふるふる》をつかえば
今まで通り友達登録することができます。

そちらの点を除けば
いつも通りにLINEを使うことができます。

OCN

かけ放題の有無がポイント!?格安simで失敗する人の特徴は

格安スマホで本当に安くなるの?

こんな悩みを一発解決!

・毎月のスマホ料金が高すぎる!!
・話題の格安スマホが気になる!
・MVNOの詳細について知りたい!!

ここでは、そうした悩みについて
お応えします。

本当に安くなる?話題のuqモバイルおススメプランはどれ

毎月のスマホ料金
おこづかいや家計を圧迫している!

そういったことで
悩んでいませんか?

日本の通信料金は、
世界一高いと言われています。

そこまでして高い通信料金。

安く抑えるには
どうしたらよいでしょうか。

そのために、最近話題を集めているのが
格安スマホです。

mvnoと呼ばれるキャリアが
提供するこの通信サービス。

本当にスマホ料金が安くなるのでしょうか。

ここでは、そういった疑問について
お応えしたいと思います。

格安スマホで料金アップ!?プラン選びでありがちな失敗は

格安スマホを新たに契約した。

そういった人の中には
翌月の請求を見て
驚いてしまった。

そういった人もいるかもしれません。

というのも、当たり前のことですが
格安スマホといえども
必ず料金が安くなるわけではないのです。

今まで自分がどういった
携帯の使い方をしてきたのか。

それを知らずして、最もお得な
プランを選ぶことはできません。

敵を知るには己から。

つまり自分のスマホ料金が高い理由を
知ることで、最適なスマホ会社
どこかわかるのです。

そして、同時に大切なのがプラン選び。

同じキャリアの中でも
様々なプランがあります。

自分の使い方に合った
最もお得なプランを選ばなければなりません。

通話が多いと料金アップ!?プラン選びの盲点とは

スマホ料金を抑えたい。

そういったときに、
注意すべきが、通話料の有無です。

普段たくさん通話をしている。

あまり通話はしない。

ほとんど通話アプリを使っている。

LINEなど、SNSやメッセージアプリで充分。

一体自分はどういった使い方をしているのか。

コレを知らなければ、
プラン選びで間違えてしまいます。

そもそも、プラン選び以前に、
使い方によって
おすすめキャリアも変わってくるのです。

スマホを乗り換えたい。

そういった場合は、
自分の使い方を、
一度振り返る必要があるのです。

SNSも通話も通信速度も!?OCNがMNVOで選ばれている理由

スマホでは通話よりSNSを多用している。

そんなときお得なのはどこの格安スマホ?

こんな悩みを一発解決!

・データ量や通信速度で顧客満足度が高い!
・通話やデータ品質がよいと評判!!
・格安simで料金も大満足!!

月々の携帯料金を下げるためには
今すぐ乗り換えましょう!!

OCN