スマホゲームこそ楽天モバイル?選ばれる格安SIM第一の理由

安いから強い‼︎格安simならではのスマホゲームの強み

結論から言います。
格安simは、月額のデータ通信料が安いです。
3大キャリアと比べて月額料金が安くて済むので、その差額で、課金する事が出来ます。
安さは強さです。
その結果、3大キャリアのユーザーと比べて有利にゲームを進める事が可能です。
さらに、楽天モバイルなら楽天ポイントでさらにおトクになるので、その分も課金することが可能です。
格安simの中でも金銭的に有利に進める事が出来るのです。
データ通信量(以下ギガ)が使い放題な訳では無いので、スマホゲームをメインで堪能してある方には、向きません。
しかし、仕事の片手間等にスマホゲームをたしなんである方には、ピッタリの格安simと言えます。

ゲームだけじゃない‼︎通話やSNSもおトクな理由とは

スマホはゲームだけに使うわけではありません。
通話やSNSがメインの使い方になるはずです。
格安simは、ギガが使い放題等でおトク感をアピールしている携帯電話会社が多いです。
しかし楽天モバイルは、ポイント還元があるので、他の格安simと比べて、金銭面でおトクです。
楽天ポイントでおトクになった分は、ゲームだけではなく、通話やSNSにも使う事が出来るのです。
その分、通話やSNSがおトクに使う事が出来ます。

楽天カード持ってますか⁉︎楽天モバイルなら更におトク

楽天モバイルを使うなら、楽天カードを使わない手はありません。
これをお読みの方は、楽天カードをお持ちのことと思います。
もし、お持ちでない方は、是非お試しください。
楽天モバイルは、楽天ポイントが貯まる事が、売りだとは既にお伝え致しました。
楽天カードがあれば、更にポイントが貯まります。
楽天カードを持って、楽天モバイルを契約していれば、それだけで楽天市場での獲得ポイントが4倍になります。
貯まったポイントは、楽天モバイルにも使えますし、楽天ポイントの使えるお店で使用可能です。
楽天カードなら、クレジットだけでなく、ETCカード等のサービスもあります。

楽天カードなら更におトク‼︎スマホゲームも楽天モバイル

楽天モバイルでは、楽天ポイントがたまるため、3大キャリア・格安sim含め他の携帯電話会社よりも、金額面で、おトクに使う事が可能です。
その分、ゲームに課金したり、ポイントで買い物をすることが出来ます。
楽天には、楽天市場だけでなく、Kobo等の電子書籍サービスもあります。
ただ、楽天モバイルにも、欠点があります。
それは、カスタマセンターへのつながりにくさです。
これは、格安sim全般に言える事です。
店舗は販売専用なので、使っていく上で起きたお困りごとは、カスタマセンターで解決してもらう必要があります。
そこにつながりにくいのが、欠点と言えます。
しかし、逆に言えば、楽天モバイルの欠点はその程度です。
是非、そんな楽天モバイルでおトクにスマホゲームを楽しんでください。

楽天モバイルはスマホゲーム向け!速度のuqが負けるって本当?

皆さんはスマホゲームをするにあたって、何の項目を重視しているでしょうか。データ保存などに関する“端末性能”でしょうか、それとも通信速度などに関する“通信環境”でしょうか。自分がプレイしているゲームのジャンルによって変わってくると思います。

私自身は比較的データ容量などが軽い“パズルゲーム(モンスト)”しているので、“端末性能”よりかは“通信環境”を重視しています。というのも、私はかつて“端末性能”“通信環境”ともに無頓着でした。その当時は“MMORPG”をプレイしていたので、色々と悲惨でした。

その影響からか、どちらも重視しているのですが「マルチプレイをする」というのを考慮に入れると、やっぱり“通信環境”を重視しています。“通信環境”をよくするにはWi-Fiなどを使えばたいてい解決するのですが、財布には優しくありません・・・。

そこで、結構高く感じる“毎月のスマホ料金”を抑え、なおかつ、スマホゲームをするのにある程度の“通信環境”が整っている格安SIMを紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、以下のような悩みを解決することができます。

  • 格安SIMのデメリットとは?
  • デメリットが実質ない格安SIMとは?
  • オススメの格安SIMとは?

(1)要注意です!格安SIMのデメリットとは?

最近よく耳にするようになった“格安SIM”、そのメリットとして挙げられるのが「毎月のスマホ料金を格安に抑えられる」というもの。これはよく聞くのでこれ以上言及しませんが、スマホゲームをするときの致命的なデメリットが存在します。

それは「通信速度が遅い」というものです。特に「マルチプレイ」をよくする人にとっては致命的だと思います。モンストに限って言えば、マルチプレイがスムーズでないとグッジョブ連打されることもあるので、精神的にくるものがあります・・・

それはさておき、このデメリットを解消するには「通信速度が比較的速い格安SIM」か「通信速度制限が無い」ものを選ぶしかありません。懐に余裕があるなら「モバイルWi-Fiを使う」という手段もありますがここでは除くことにします。

(2)格安SIMのデメリットを実質ゼロにできる格安SIMとは

私が調べた限り、格安SIMのデメリットである「通信速度が遅い」というのを軽減・実質ゼロできる料金プランが3つほどありました。それは“楽天モバイル”“LinksMate”“UQモバイル”でした。

それぞれの格安SIMの料金プランは、

  • 楽天モバイル:スーパーホーダイ
  • LinksMate:データ+SMS
  • UQモバイル:データ無制限プラン

では、それぞれについて紹介していこうと思います。

(3)ちょっとコスパが・・・。楽天モバイルのスーパーホーダイ

個人的に普段使い&スマホゲーム用として必要となってくるデータ通信容量は10GB以上だと思います。楽天モバイルが提供している“スーパーホーダイ”の10GB以上の料金プランは2種類です。

  • スーパーホーダイL(14GB)

           ・・・月額5,980円

  • スーパーホーダイLL(24GB)

           ・・・月額6,980円

スーパーホーダイの場合、通話は10分間無料となっており、ギガを使い切っても通信速度が最大1Mbpsで使い放題となっています。理論上、通信速度に関して言えば良いかもしれませんが、個人的に大手携帯会社並の料金設定だと感じました。

個人的意見ですが、特にスーパーホーダイLLを契約するなら、ドコモの“ギガホ(30GB)”の方がコスパ良いような気がします。

(4)ゲームのための格安SIM!LinksMateの料金プラン

LinksMateが提供している10GB以上の料金プランは3種類あります。また、+600円で音声通話機能をつけることができます。今回は音声通話がない“データ+SMS”だけにします。

  • データ+SMS 10GB

           ・・・月額2,500円

  • データ+SMS 20GB

           ・・・月額4,200円

  • データ+SMS 30GB

           ・・・月額5,400円

LinksMateが連携しているゲーム(例:グラブル)に関しては、毎月ゲーム内で様々な特典をゲットすることができます。

また、+月額500円となってしまいますが、“カウントフリーオプション”に加入することによって、データ通信量を大幅に減らすことができます。さらに、通信速度制限後も連携しているゲームには通信速度制限がかからず快適にプレイすることができます。

(5)ギガを気にせずプレイできる!UQモバイルのデータ無制限

UQモバイルが提供している“データ無制限プラン”はなんと言っても「コストパフォーマンスが最高」なんです。

  • データ無制限プラン

           ・・・月額1,980円

暇つぶしでスマホゲームやYouTubeなどで動画を見ていて、つい使っちゃう“ギガ”、これを気にせずいつでも使えるというのは精神的にも良いです。ただ、通信速度制限が無い代わりに通常の通信速度が500Mbpsとなっています。

(6)まとめ

いかがだったでしょうか。格安SIMのデメリット解消法とそれぞれの会社の特徴が分かったと思います。まとめると、

  • 楽天モバイルはコスパが悪く、通信速度が表記通りでない
  • LinksMateはスマホゲーム向けの格安SIM
  • UQモバイルはコスパが最高で、ギガを気にする必要がまったくない

と言うことです。 

 

楽天モバイル唯一のデメリットは××!人気格安SIMの弱点は

皆さんが使っている携帯端末は
どこの会社と契約しているでしょうか。

docomoやsoftbank・auといった
「大手携帯会社」でしょうか、

それともテレビのCMなどでよく見るようになった
「格安スマホ」でしょうか。

私自身はdocomoの「ギガホ」という料金プランで
契約しているのですが、満足している点と
不満を感じている点が半々ぐらいあります。

満足している点としては「30GBという大容量」
「通信速度制限下での通信速度が速い」
というのが挙げられます。

また不満点として「毎月請求される料金が高い」
と感じることがあり、大手携帯会社で契約している人の
多くはそう感じていると思います。

不満点はこの1つだけなのですが、
財布と“にらめっこ”するのは
いささか疲れてしまいます。

この影響からか「格安スマホ」
という名前の通り、格安でスマホを使うために
乗り換える人が多いと思います。

そこで今回は「格安スマホ」の中でも
普段使いに最適だと思われる
“楽天モバイル”を紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のような悩みが解決すると思います。


● なぜ「格安スマホ」は毎月のスマホ料金を
安く抑えることが可能なのか?
● 「格安スマホ」の“メリット”と“デメリット”とは?
● オススメの料金プランは?

(1)なぜ「格安SIM」は毎月のスマホ料金を安く抑えることができるのか?


大手携帯会社で契約している人は
「毎月のスマホ料金を安く抑える」ために、
「格安SIM」に乗り換えようとした人は少
なからずいると思います。

人によっては料金シミュレーションで
半額以下になった人もいるのでしょうか。

ではなぜ「格安SIM」に乗り換えることによって
安く抑えることができるのか
解説していこうと思います。

まず「格安SIM」の会社は独自の回線を持っておらず、
大手携帯会社の回線を借りています。

おそらく「格安SIM」の料金プランを見た際に、
“docomo回線”“softbank回線”“au回線”
というのが掲載されていたと思います。

そのため莫大な費用のかかる
「回線の設備費」がないため、
「格安SIM」の運営している会社・
スマホの利用者ともに料金を
安く抑えることができるということです。

また大手携帯会社は販売店舗が多数ありますが、
「格安SIM」の会社はほとんどありません。

そのため「店舗の設備費・維持費」がなく、
さらに費用を抑えることができます。

安く抑えられる理由を簡単にまとめると、
以下のようになります。


● 独自の回線がなく、大手携帯会社の回線を借りている
● 例外がありますが、販売店舗を持っていない

(2)「格安SIM」に乗り換えるメリット・デメリット


私個人の考えですが大手携帯会社の料金プラン
(docomoのギガホ)のメリット・デメリットを
紹介しました。

では「格安SIM」に乗り換えた際の
メリット・デメリットを紹介していこうと思います。

● メリット


○ 毎月のスマホ料金を安く抑えることができる!
○ 「2年契約縛り」がない!

「毎月のスマホ料金を抑えることができる!」
というのは言うまでもないでしょう。

「格安SIM」の名の通り“格安”で、
財布と“にらめっこ”する必要がなくなります。

また「2年契約縛り」という、
契約変更時などの“とてつもなく面倒”なものが
ありません。

自分の好きなときに変更できるので、
プランを変更するもよし、
ほかの会社に乗り換えるもよしです。

● デメリット


○ 時間帯によっては通信速度が遅くなる・・・。
○ 通話料金が高くなりやすい・・・。

大手携帯会社の回線を借りているため、
データ通信が混む時間帯は通信速度が
遅くなってしまいます。

しかしパソコンなど使う
ポケットWi-Fiという物を持っていれば
解決することができます。

そして「通話料金が高くなりやすい」
というのは、通話に関するオプションに
加入すれば解決することができます。

「格安SIM」なのに毎月のスマホ料金が高い、
という原因第1位なので注意が必要です。

(3)楽天モバイルでオススメの料金プランは?


オススメの料金プランは
「スーパーカケホーダイ」プランで、
ドコモ回線のみとなってます。

この料金プランの特徴が
「ギガを使い切っても最大1Mbpsで使い放題」
という部分です。

通常の通信速度制限下だと
128kbpsという通信速度なのですが、
楽天モバイルの場合1Mbps=1,000kbpsなので、
Webページはもちろん、
動画も低画質程度なら快適に視聴できます。

料金プランと月額基本料金は以下のようになっています。


● プランS(2GB)_2,980円/月
● プランM(6GB)_3,980円/月
● プランL(14GB)_5,980円/月
● プランLL(24GB)_6,980円/月

(4)まとめ


いかがだったでしょうか。

「格安SIM」に乗り換えたときの
メリット・デメリット、
そして“楽天モバイル”のオススメ料金プランが
分かったと思います。

まとめると、


● 毎月のスマホ料金を格安に抑えることができる!
● データ通信が混む時間帯は「格安SIM」の
データ通信速度が遅くなってしまう・・・。
● 楽天モバイルのスーパーカケホーダイなら
実質デメリットがゼロ!


ということです。