基本料金無料!格安SIMで快適プレイ可能なサッカーゲームは

手軽な操作で本格的にサッカーを
楽しめるゲームとして、
爆発的な人気を誇るのがパワサカ
(実況パワフルサッカー)で、
基本料金無料でサクセスモードが
ガッツリ遊べることもあって
幅広い年代から高い評価を受けています。


毎月の通信料を節約しつつ、
パワサカも快適にプレイしたい
という人におすすめなのが、格安SIMなのですが、
格安SIMの中でも特にパワサカをプレイする人に
おすすめの2社を紹介していきます。

パワサカは格安SIMでも快適にプレイできる!


格安SIMは大手携帯電話会社と比較して
通信速度の遅さを指摘される事が多いですが、
パワサカ(実況パワフルサッカー)は
あまり通信速度を必要としないため、
格安SIMでも全く問題なくプレイできます。


実際に筆者も通信速度が低下しがちな
12時前後にパワサカをプレイしましたが、
最初の読み込みで少し待たされたものの、
プレイを始めるとストレスなく遊べました。

初回ダウンロード時には注意が必要


パワサカ(実況パワフルサッカー)は
プレイ中はあまり通信速度は必要されませんし、
データ消費量も少ないのですが、
初回ダウンロード時に500MB以上の
データ量を消費します。

ダウンロードにはやや時間もかかるため、
初回のみはWi-Fi環境で
アプリを導入することをおすすめします。

パワサカプレイヤーにおすすめの格安SIM


主要なMVNOの格安SIMであれば
基本的にはどの格安SIMでも快適に
パワサカをプレイできますが、

特におすすめなのが、
UQモバイルとリンクスメイトです。

この2社の特徴を確認していきましょう。

・UQモバイル


UQモバイルは月額1,980円~で
データ容量無制限で通信ができる
「データ無制限プラン」というプランがあります。

このプランは通信速度こそ最大で500kbpsですが、
パワサカをプレイするのには十分な速度ですし、
データ残量を気にしないでプレイできるので、
ヘビーユーザーにおすすめです。

・リンクスメイト


リンクスメイトは対象のゲームの
プレイ中のデータ消費量やダウンロード、
アップデートの際に消費されるデータ容量が
90%以上OFFになる「カウントフリーオプション」
というオプションが利用できます。


もちろん、パワサカもカウントフリーオプションの
対象となっていますし、
カウントフリーオプションに加入しても
月額1,000円~から利用できる安さが魅力です。


初回ダウンロード時のデータ容量も
節約できるので、自宅にWi-Fiなどがない人に
特におすすめです。

格安SIMで節約しつつ、快適に遊ぼう


パワサカはプレイ中は大きく
データ容量を消費することもなく、
また速度もあまり求められないので
格安SIMでも十分快適にプレイできます。


格安SIMに乗り換えをして、
節約できたお金で課金アイテムなどを
購入することで、より快適にプレイできるので、
乗り換えを強くおすすめします。

格安SIM&ミドルレンジで荒野行動を快適プレイする裏ワザ

10代~20代に爆発的な人気があり、
一人でも仲間とでもハラハラしながら遊べる
荒野行動はスマホゲームの中でも
屈指のクオリティと中毒性があります。

既にハマっている人も、これから本格参戦する人も、
多くの人が気にしているのが端末のスペックと
毎月の通信料と考えられます。


荒野行動はハイスペックモデルでなければ
スムーズにプレイできませんし、
マルチプレイ時には相当の通信量を消費するため、
節約意識が高い人はプレイしにくい難点があります。


できる限り費用を抑えつつ、
快適に荒野行動を遊ぶ方法を紹介していきます。

スマホはSIMフリーのiPhone11


まず端末ですが、動作が安定しており、
現在販売されているスマホの中でも
最もスペックの高い端末の一つである
iPhone11がおすすめです。


Androidは機種によっては
動作が不安定になることがありますし、
実際に筆者がiPhoneとAndroidの両端末で
荒野行動をプレイしたところ、
iPhoneのほうがプレイしやすい印象を受けました。


iPhone11は大手携帯キャリアから
購入してもよいのですが、
Appleの公式オンラインストアで
SIMフリーモデルを購入することで、
契約上の縛りなどが一切ない上に
安くiPhone11を入手できます。

格安SIMなら通信料金を圧倒的に抑えられる


iPhone11はSIMフリーモデルを購入する場合
74,800円~(下取りサービスを利用した場合は48,630円~)と
最初に高額な初期費用がかかります。

この初期費用をペイするためにおすすめしたいのが
格安SIMの利用です。


格安SIMを利用すれば
月額2,000円以下でiPhone11を利用できるので、
2年~3年利用する場合には
大手携帯キャリアと契約して利用するよりも
支払総額を数万円単位で節約できます。

荒野行動を遊ぶならリンクスメイト!


格安SIMの中でも荒野行動を
プレイする場合におすすめなのが
リンクスメイトです。


リンクスメイトはゲームの
カウントフリーオプションが利用でき、
カウントフリーオプションに加入することで、
実質データ容量の制限無しで
荒野行動がプレイできるようになります。


カウントフリーオプションは
月額500円で加入できるので、
リンクスメイトの音声通話SIM1GBプランに
カウントフリーオプションを付帯することで、
月額1,600円~からiPhone11が利用でき、
さらにデータ無制限で荒野行動が遊べるようになります。

SIMフリー機と格安SIMを上手に組み合わせよう


高性能のSIMフリー端末は
快適にゲームができる反面、
価格が高いため敬遠されがちですが、
通信料の安い格安SIMと組み合わせて利用することで、
十分に元は取れます。

特に荒野行動のようなハイクオリティのゲームこそ、
高性能スマホ+格安SIMの組み合わせが活きてくるので、
節約しつつストレスフリーで遊びたい賢い人におすすめです。

ツムツム、パズルゲームこそ格安SIMでプレイすべき理由

スマホゲームの中でもパズルゲームは
程よく脳を刺激できますし、
1回あたりのプレイ時間も短く、
マイペースで遊べるので多くの人がプレイしています。


今までゲームをしたことはなかったけれど、
スマホのパズルゲームだけは熱心に遊んでいる
という人は少なくありませんし、
複数のパズルゲームを使い分けて楽しんでいる人もいます。


もしもよくパズルゲームで遊んでいて、
なおかつ毎月のスマホ代を節約したいと
考えているのであれば、格安SIMへの
乗り換えが絶対的におすすめです。


その理由を詳しく説明していきます。

パズルゲームは格安スマホと相性抜群!


現在配信されている人気のパズルゲームの
ほとんどは、RPGなどと比較してゲーム自体の
容量が少ないですし、動作要件も
比較的優しくなっています。


最新のハイスペックスマホでなくても
十分快適にプレイができるので、
ミドルスペックでコストパフォーマンスに優れた
格安スマホを利用することで、
毎月の支払いを抑えつつ、
大手携帯キャリアと同じような感覚で
遊び続けることができるのです。

パズルゲームのデータ消費量は?


パズルゲームは初回のダウンロードや
更新データをダウンロードする際には
数十MB~数百MBの通信量を消費しますが、
通常のプレイではほとんどデータ容量を消費しません。

パズドラやドクターマリオワールド、
LINEツムツムなどのパズルゲームでは
30分プレイしても3MB~5MB程度しか
データ容量を消費しないので、
初回ダウンロード時にWi-Fiなどを利用すれば
格安SIMの低容量プランでも全く問題ないと考えられます。

パズルゲームは低速通信でも快適に遊べます


パズルゲームはデータ容量をほとんど
消費しないことに加えて、
低速通信でも比較的快適に遊べます。


格安SIMで通信回線が混雑する時間帯でも
プレイに支障はありませんし、
節約モードをオンにした状態や高速データ量を
使い切ってしまって通信速度が200kbpsと
なってしまった場合でも、
起動時に少し時間がかかる以外は
大きな問題なくプレイできます。

パズルゲームを遊ぶのにおすすめの格安SIMは?


パズルゲームを快適に遊べる格安SIMとして
おすすめなのが、OCNモバイルONEの格安SIMです。


OCNモバイルONEは
NTTグループの格安SIMなので、
通信安定性に定評がありますし、
専用のアプリやウィジェットから
ワンタッチで節約モードのオンオフ切り替えが
可能となっています。


また最大500kbpsで15GBまで
通信ができるプラン
(パズルゲームメインなら実質データ容量無制限)
もあるので、中速でデータ容量を気にせず
通信をしたい場合に最適な格安SIMと考えられます。

格安SIMなら通信料金を抑えつつ、快適に遊べます


パズルゲームは端末に大きな負荷がかかりませんし、
通信速度や大容量のデータ通信量を
求められることもないので、
大手携帯キャリアよりも格安SIMの方が
相性が良いと考えられます。


格安SIMへ乗り換えをすることで、
大幅な通信料金の節約も期待できるので、
スマホではパズルゲームができれば満足
という場合には格安SIMへの乗り換えを推奨します。

格安プランとデータ無制限で攻略!!パズドラにUQが最適な理由

スマホゲームの中でも特に人気があり、
短時間で誰でも熱中できるのがパズドラです。

初めてゲームをする人から、
ゲーム上級者まで虜にしているパズドラに
興味はあるものの、段階制プランや
低容量プランを契約しているなどの理由で、
データ消費量を気にしてパズドラを
プレイしていない人も少なからずいると考えられます。


パズドラをデータ容量を気にせず、
お得に利用するおすすめの方法を紹介していきます。

パズドラのデータ消費量は?


通信環境やプレイ状況によって異なりますが、
スマホでパズドラをプレイする場合、
1回ダンジョンを攻略するのに消費する
データ容量はおよそ1MB程度となります。


スマホゲームの中では比較的消費する
データ容量が少ない方ではありますが、
パズドラは中毒性が高く、繰り返し何度も
プレイをしてしまうケースが多いため、
知らないうちに大量のデータ容量を消費してしまい、
データ容量が上限に達してしまった
というケースも珍しくありません。

大手携帯キャリアの場合、速度制限がかかるとプレイができない


大手携帯キャリアの場合、
決められたデータ通信量を使い切ると、
通信速度が最大で128kbpsと
極端に遅くなってしまいます。


128kbpsの速度ですと、文章が主体の
メールの送受信や、LINEのテキストの
送受信程度であれば問題なくできるものの、
ウェブサイトの表示やLINEの無料通話などは
精度が低下してイライラしますし、
パズドラもまともにプレイできなくなってしまいます。

格安SIMなら速度制限がかかっても快適にプレイできる!


格安SIMの場合、速度制限がかかった場合、
通信速度は最大で200kbpsと
大手携帯キャリアより高速となっています。


200kbpsの速度だと、動画の視聴などは
厳しいものの、LINEの無料通話は
特に問題なくできますし、
パズドラも最初の読み込みでやや時間がかかるものの、
プレイが始まれば比較的快適にプレイができます。

より快適にプレイするならUQモバイルが一押し!


格安SIMの多くが、速度制限がかかると
速度が最大で200kbpsになりますが、
UQモバイルの場合は速度制限がかかった場合の速度は
最大で300kbpsと大手携帯キャリアや
他の格安SIMよりも遥かに高速です。


300kbpsの速度であればストレスフリーで
パズドラができるので、
実質的に速度制限を気にすることなく
パズドラがプレーできます。

格安SIMへ乗り換えればストレスフリーでパズドラができる!


格安SIMへ乗り換えをすれば
実質的にデータ容量を気にすることなく
パズドラで遊ぶことができます。

・200kbpsの速度でもパズドラは比較的快適にプレイできる
・UQモバイルなら速度制限がかかっても全く問題なし

これらの点を踏まえて、
データ容量が比較的少ない格安SIMプランへ
乗り換えることで、毎月の通信料を
大きく節約しつつ、データ容量の残りに
怯えることなくパズドラで遊べます。


低容量プランを利用しつつ、
ストレスフリーでパズドラを
プレイしたい人におすすめです。

ガーデンスケイプは格安SIM●●モード以外プレイNGの理由

スマホゲームの中でも多くの人に
馴染み深いパズルゲームとして、
またガーデニング要素をコラボしたカジュアルゲームとして、
年齢性別に関係なく人気なのがガーデンスケイプです。

パズルを問いて、庭をアップグレードしていくシステムは、
ゲームに馴染みの無い女性からも高評で、
実際ガーデンスケイプでスマホゲームデビューした
という女性も珍しくありません。


ガーデンスケイプを快適かつお得にプレイするための
おすすめの方法などを紹介していきます。

ガーデンスケイプは格安スマホでも十分遊べる


スマホゲームというと、インストール時に
多くのストレージを占有したり、
最新の高性能スマホでないと
スムーズに動作しなかったり、
プレイ中に多くのデータ通信量を消費したりする
ケースが多いのですが、
ガーデンスケイプはそれらとは無縁です。

iPhone6sなどのおよそ4年前に販売された
スマホでも問題なく遊べますし、
インストールした時に占有するストレージも
およそ300MBと、スマホゲームの中では
少なくなっています。

そのため、ストレージの容量が32GBのスマホでも
大きな問題はないと考えられるのです。

ミドルスペックのAndroid格安スマホも
iPhone6sと同等以上のスペックを誇っているので、
格安スマホでも十分にガーデンスケイプをプレイできます。

ガーデンスケイプのデータ消費量は?


ガーデンスケイプは初回ダウンロード時に
大量にデータ容量を消費しますが、
通常プレイであれば1時間プレイしても
2MB~4MB程度しかデータ容量を消費しません。


初回ダウンロード時だけWi-Fi環境で行えば、
あとはほぼデータ容量を気にすることなく
遊べると考えられます。

節約モードを利用すればより安心して遊べます


格安SIMの場合、任意で高速通信と
低速通信の切り替えができる「節約モード」
という機能が使えるケースが多くなっています。


節約モードをオンにすると通信速度が
最大で200kbps~300kbps程度になり、
データ容量を消費しなくなるのですが、
ガーデンスケイプは200kbpsの速度でも
問題なく遊べます。


節約モードを利用することで、
実質データ容量の制限無しで
ガーデンスケイプがプレイ可能となります。

おすすめの格安スマホを紹介!


より安く快適にガーデンスケイプを
遊ぶのにおすすめなのが、UQモバイルです。


UQモバイルは節約モードをオンにした状態でも、
300kbpsで通信ができるので、
他社よりも節約モードが利用しやすい強みがあります。


またiPhone7や国内メーカーのAndroidスマホを
セットで購入できますし、実店舗で手続きができるので、
初めて格安スマホへ乗り換えをする場合でも
安心して手続きができます。

格安スマホなら節約しつつ、ガーデンスケイプで遊べる!?


格安スマホへ乗り換えれば端末代を合わせても
月々2,000円台でスマホを利用できます。


また格安スマホでもガーデンスケイプは
全く問題なく遊べるので、
節約しつつガーデンスケイプを楽しみたい場合には
格安スマホへの乗り換えがおすすめです。

高速通信不要?ドラクエウォーク格安SIMプレイ時の注意点

UQモバイル/【要注意】/高速通信

RPG×位置情報ゲーム、さらに人気のドラクエが
テーマになっていることもあり、配信開始から
高い注目を集めているのがドラクエウォークです。


長時間プレイしているとデータ消費量などが
気になる人も多いでしょうが、そんな場合に
おすすめなのが格安SIMを利用したプレイです。

こんな悩みを一発解決!

・なぜ格安SIMがおすすめなの?
・格安SIMでも快適にプレイできる?
・おすすめの格安SIMや活用方法は?

これらの疑問に応えていきます。

どうして格安SIMがおすすめなの?

ドラクエウォークは1時間でおよそ
40MB~50MB程度のデータ容量を消費します。


毎日プレイをしたり、休日に長時間
プレイする場合などにはデータ容量を
大量に消費してしまうことが懸念されますが、
格安SIMの場合大手携帯キャリアよりも
データ容量が安いため随時通信量を消費するゲームでも
お得&安心してプレイできるのです。

格安SIMでプレイした場合の感じは?


格安SIMは回線混雑時に通信速度が
3Mbps前後になってしまうなど、
極端に速度が遅くなることがありますが、
回線混雑時でも問題なくプレイできます。


加えて通信量を使い切った後には
通信速度が最大で200kbps前後に
制限されるケースが多いのですが、
200kbpsに制限された場合でも、
最初にマップを読み込む際には
ややもたつきがあるものの、
その後は特に問題なくプレイできます。

ドラクエウォークをプレイするのにおすすめの格安SIMは?


特にお得度が高い格安SIMとして
おすすめなのが、UQモバイルの格安SIMです。


UQモバイルは利用できるデータ容量別に
複数のプランが有るのですが、
ドラクエウォークをリーズナブルにプレイしたい場合、
最も容量が少ないプランを選ぶのがおすすめです。

UQモバイルは任意で高速通信と
低速通信の切り替えができる「節約モード」
という設定ができるのですが、
「節約モード」設定中はデータ容量を消費しません。


UQモバイルは低速通信時でも、
通信速度が300kbpsとドラクエウォークをプレイするのに
十分な速度がでるので、ドラクエウォークをプレイする時に
「節約モード」の設定を行うことで、
安い料金で実質的にデータ容量無制限で遊べるのです。

UQモバイルを利用すればお得にドラクエができる


データ容量を気にせず、できる限り
お得にドラクエウォークをプレイするためには、

こんな悩みを一発解決!

・低速通信時でも300kbpsの速度が出るUQモバイルの格安SIMを使う
・データ無制限プランではなく、少ない容量ののプランを選ぶ
・節約モードを活用する

これらのポイントを抑えることで、
最小限の費用で快適にドラクエウォークができます。


UQモバイルは無料で格安SIMを
お試し利用できるサービスを提供しているので、
まずは気軽に試してみることをおすすめします。

UQモバイル/【要注意】/高速通信

要注意!マリオカートツアー/スペックと通信速度への対処法

UQモバイル/【要注意】/要注意!

国民的なキャラクターともいえる
スーパーマリオファミリーのレースゲームである
マリオカートツアーの配信が始まり、
早速爆発的な人気となっています。


スマホで手軽に操作でき、一人でもみんなとでも
熱く盛り上がれるので、ゲーマーはもちろん、
普段あまりゲームをしない人からも
高い注目を集めています。


スマホゲームは高性能スマホが
必要であったり、大量に通信量を
消費するイメージを持つ人も多いでしょうが、
実際のところ、マリオカートツアーは
格安スマホでも遊べるのかを解説していきます。

マリオカートツアーは格安スマホで十分遊べる!


結論から申し上げますと、
マリオカートツアーは格安スマホでも十分に遊べます。


iPhoneであればiPhone6sやiPhoneSEなどの
比較的古いiPhoneでも特に問題なく
プレイできましたし、ミドルスペックの
Androidスマホでも十分遊べました。

現在MVNOではミドルスペックの
AndroidスマホやiPhone6s、iPhone7などの
スマホをセットで販売していますが、
MVNOのセット端末でも全く問題なく
マリオカートツアーは遊べます。

マリオカートツアーのデータ消費量は?


プレイ環境やスマホによって
データ消費量は異なると考えられますが、
筆者が節約モードをオンにして
10分間遊んだところ、消費されたデータ量は
およそ2MBでした。


1時間遊んだ場合でもデータ消費量は
およそ12MBという計算になるので、
格安SIMの1GBプランや3GBプランでも
全く問題なく遊べると考えれます。

但し、アプリのダウンロードと初回起動時の
データのダウンロードで300MB以上の
データ量を消費するので、初回プレイ時は
Wi-Fiに接続することを強くおすすめします。

マリオカートツアーのバッテリー消費量は?


節約モードをオンにして実際に
10分間プレイしたところ、
7%程度バッテリーを消費しました。


節約モードをオフにして遊んだ場合には
さらにバッテリーを消費すると考えられます。

かなりバッテリーを消費する印象なので、
屋外でプレイする場合には
モバイルバッテリーの用意をおすすめします。

安く遊ぶなら格安スマホへ乗り換えよう!


スマホゲームはハイスペックモデルの
スマホが必要な上に、大量のデータ量を
消費するケースが多いですが、
マリオカートツアーは格安スマホ+
格安SIMの低容量プランの組み合わせでも
ストレスフリーで遊べます。


格安スマホへ乗り換えることで通信料金が浮き、
その分課金に回せるので
(マリオカートツアーは課金要素が強めの印象です)、
マリオカートツアーをとことん遊びたい場合には
格安スマホへの乗り換えを推奨します。

UQモバイル/【要注意】/要注意!

通信制限回避!!バンドリデータ消費に格安SIMが有効な理由+

スマホで音楽の演奏や仲間とのバンドライフを
楽しめるバンドリは、音楽好きのゲーマーはもちろん、
育成や学園ライフゲームなどが好きな人からも
高い評価を受けているゲームです。


バンドリは演奏やボイスなど音源が多いため、
プレイの際にデータ消費量が気になる人も
多いでしょうが、バンドリのヘビーユーザーや
これから本格的にプレイしようと考えている人に
おすすめのサービスを紹介していきます。

バンドリのデータ消費量はどのくらい?


利用するスマホや通信環境などによって
異なるのですが、バンドリをプレイする際の
消費量の目安は概ね次のとおりとなっています。

・ガチャ1回・メインストーリー1話分…3MB前後
・フリーライブ1回…6MB~10MB
・対バンライブ1回…15MB

特にライブでは1回のプレイで10MB前後の
データ容量を消費するため、Wi-Fiがない環境で
頻繁にプレイしているとすぐにデータ容量を
使い切ってしまうことが考えられます。

お得にプレイするならLinksMateの格安SIMがおすすめ


できる限りお得にバンドリをプレイするには、
1MBのデータ通信量が安い格安SIMを契約するのが
良いのですが、格安SIMといえども
20GBや30GBなどの大容量プランを契約した場合には
毎月高額の通信料がかかってしまいます。


そこで利用をおすすめしたいのが、
LinksMateの格安SIMの利用です。


LinksMateは特にスマホゲームをプレイする人に
おすすめの格安SIMで、月額500円で
カウントフリーオプションに加入できる点に
大きな強みがあります。

カウントフリーオプションに加入をすると、
対象となるゲームやSNSなどを利用した際に
消費されるデータ通信量が90%以上OFFとなるので、
加入することで実質無制限でゲームがし放題になるのです。

もちろん、バンドリもカウントフリーの
対象となっていますし、TwitterやInstagramも
カウントフリーの対象なので、バンドリのプレイ状況を
SNSで発信することが多い人でも安心です。

テザリングでもカウントフリーオプションは
利用できるので、格安スマホへ乗り換えるのが
難しい場合でも、データSIM(1GBプラン)に
カウントフリーオプションを付帯して
モバイルルーターで利用すれば、
月額1,000円+税の料金で、データ容量を気にせず
バンドリがプレイ可能となります。

カウントフリーを上手に使おう!


バンドリはデータ消費量が激しく、
Wi-Fi環境以外では通信量が気になる人も多いでしょうが、

・LinksMateのカウントフリーオプションを利用する
・格安スマホへの乗り換えが難しい場合にはモバイルルーターを利用する
・データ容量は1GB~30GBの中から自分にあった容量を選ぶ

以上のポイントを抑えてLinksMateの
格安SIMを利用することで、
お得かつ快適にバンドリがプレイできます。


通信料金がネックで思い切りプレイできていない
という人は、ぜひ利用をおすすめします。

格安SIM●●プランがハリーポッター魔法同盟に最適な理由

OCN モバイル ONE/【要注意】/格安SIM

ポケモンGOで有名なナイアンティック社の
最新の位置情報ゲームということで、
7月の配信開始から高い人気を集めているのが、
ハリーポッター魔法同盟です。


グラフィックがとても美しいですし、
ハリーポッターの世界を自分自身で
気軽に体験できることもあって、
通勤や通学などの際に毎日プレイする人も
多いでしょうが、毎日プレイしていると
データ消費量が気になります。


毎日ハリーポッター魔法同盟をプレイする場合でも、
データ消費量を気にせず利用できるおすすめの
格安SIMサービスを紹介していきます。

データ消費量はどのくらい?


利用するスマホや通信環境、プレイ方法などによって
データ消費量は変わってくるのですが、
すべてのアセットをダウンロードした状態で
ハリーポッター魔法同盟をプレイした場合、
1時間あたりのデータ消費量は
およそ40MB~60MB程度となります。


毎日通勤や通学の時間帯などに合計で
2時間プレイした場合、毎日100MB程度の
データ容量を消費する計算となりますし、
マルチプレイをした場合には当然ながら
より多くのデータ量を消費します。


毎日プレイする場合、1ヶ月単位で計算すると
かなりのデータ量を使うこととなるので、
ハリーポッター以外のゲームはせず、
低容量のプランや段階制プランを契約している
ライトユーザーの場合、データ消費量に
頭を悩ませていると考えられます。

ハリーポッター魔法同盟をプレイするのに最適な格安SIM!


毎日ハリーポッターのゲームをストレスフリーで
プレイしたいと考える人におすすめの格安SIMが
OCNモバイルONEです。


大手携帯キャリアや格安SIMのほとんどでは、
一ヶ月あたりに利用できるデータ容量が決まっていて、
データ容量を使い切ってしまった場合には
翌月まで低速通信に規制されてしまう、
「月次プラン」が採用されています。

一方でOCNモバイルONEの場合、
1日毎に利用できるデータ容量が決まっている
「日次プラン」が利用できるので、
毎日一定量を通信をする人に特におすすめの格安SIMなのです。

もしもデータ容量を使い切ってしまった場合でも、
翌日には再びデータ容量が復活するので、
毎日安心してプレイできます。


1日あたり110MBまで高速通信ができるプランと、
170MBまでのプランがあるので、
毎日1時間程度プレイする場合には110MBプランを、
2時間程度プレイする場合には170MBプランを
選ぶのがおすすめです。

日次プランなら毎日のプレイも安心!


ハリーポッター魔法同盟のように
毎日少しずつプレイできる位置情報ゲームの場合、
毎日の積み重ねによってデータ容量を
使い切ってしまう心配があります。


特に大手携帯キャリアの低容量プランや
段階制プランを利用している場合、ハラハラしながらのプレイとなってしまいますが、

・格安SIMに乗り換えをする
・格安SIMの中でも日次プランのあるOCNモバイルONEを選ぶ

以上のような工夫をすることで、
安い料金でハラハラせずにゲームがプレイできます。


利用を検討してみてはいかがでしょうか。

OCN モバイル ONE/【要注意】/格安SIM