スマホゲームも任天堂!マリオカートがTV版より面白い理由

とうとう任天堂がスマホゲームに本格的に参入しはじめてついにかの有名なゲームが移植されてしまいましたね。
そう、ビックタイトル「マリオカート」です!
ただどうしてもスマホ版とTV版では違うところが出てきても仕方ないものです。
そこでどこが違うのか、やってみました!

スマホ版のマリオカートの進め方は?
テレビ版と比べるとどう違う?
アプリ重たくない?

スマホ版のマリオカートはどういうゲーム?


スマホのマリオカートでは各ステージに4つのステージが存在しています。
4つのステージはいっぺんにやりきるのではなくひとつひとつ区切れているためひとつひとつのステージが非常に短くなっています。一コースに当たり大体3分程度かかります。

カーブなどは指でタップすることによって曲がることができるマニュアルモードや携帯を傾けて操作することができるジャイロモードなんかも搭載しています。
お好みに合わせてプレイしてあげてください!

さらにスマホ版にはランキング制度が存在しています!
あるステージに関して4つのステージでのスコアの合計を世界のみんなと競い会うことができます。
いい成績をとると商品ももらえる制度になっています、頑張ってください!

さらにとうとうできるようになってきました、オンライン対戦!
まだまだβ版ですがもうそろそろしたら普通にプレイできる日も近かったりするかもしれませんね…!

TV版との違いは?


まずTV版ではオンライン対戦が売りになっていましたよね。残念ながら先ほども書きましたがオンランプレイには「ゴールドパス」が必要になります。こちらも先ほど書きましたがβ版が来たということはもしかしたら普通にプレイできる日もすぐそこかもしれません!
一コース当たりの時間がかなり短くなっています。なので空いた時間にちょこっとする程度でも大丈夫ですね!

容量はどれくらい?


通信料など、気になりますよね!!
ゲーム自体の容量は200MB程度になっています。
通信データは大体20分程度で400MB使用ことになります。一分当たりのデータ量に換算すると20MB程度ですね。
通勤時間が一時間程度だとして一時間毎日プレイすると毎日1200MB必要とする感じですね。ちょっと多めですね。(大体、ですので完全に正しいわけではありません)

まとめると
あの有名なマリオカートがスマホ版に!
オンライン対戦はまだ普通にできるわけではない
通信量は多め
という感じです。ぜひプレイしてみてください!