スマホゲーム最適端末はOPPO?格安ゲーミングスマホの性能は

マイナーだが優秀!!リーズナブルな格安スマホメーカーOPPO


OPPOというメーカーをご存じでしょうか。


実はあまり知られていませんが、
リーズナブルな価格でハイスペックな
スマホを購入可能な優良メーカーなのです。


OPPOの端末を5点紹介します。


・A5 2020    Amazon価格:29,480円


 カメラを使うなら、これです。


 A5 2020のカメラ性能は、
アウトカメラが4眼カメラ1200万画素・
1600万画素インカメラとなっております。


 iphoneシリーズの中でも、
カメラ性能が格段に向上したとされる
iphone11でも、アウトカメラが1200万画素です。


 このことでもA5 2020の
カメラ性能の高さが分かります。


・Reno 10x Zoom Amazon価格:107,964円


 圧倒的ズーム、体感出来ます。


 10倍のズームを可能にし、
遠くの物もきれいに残せます。


 Reno 10x Zoomはその名の通り、
ズーム機能が抜きん出ています。


 インカメラを本体内部に収納し、
必要な時に出現する仕組みを採用しています。


 これにより、エッジを極力小さくし、

本体表面をほとんど画面が占有しています。


・R17 Pro Amazon価格:51,980円


 R17 Proは「水滴型ノッチスクリーン」という
水滴をモチーフにしたデザインを採用しており、
見た目に優しいデザインになっております。


 iphoneでもお馴染みの指紋認証ですが、
R17 Proはこの指紋認証機能を
画面内に搭載しています。


 画面の一部分を触ることで、
指紋を読み取ることが出来るのです。


 これにより、インカメラ以外の部分を
画面にすることが可能になっています。


・AX7   Amazon価格:23,500円


 一日中、使えます。


 4230mAhの大容量バッテリーを備えた
モデルです。


 AX7はAIによるバッテリー管理システムを
搭載しています。


 バッテリー管理システムは
使用していないアプリケーションを停止させ、
より多くの電力を節約可能になっています。


 また、反射防止コーティングを
採用しているため、
画面全体の明るさが35%向上しています。


 どの角度から見ても鮮やかに移る
設計になっています。


・Find X     Amazon価格:81,224円


 ステルス 3Dカメラという
インカメラを搭載しています。


 ステルス 3Dカメラは、
Reno 10x Zoom同様に、本体内部に
インカメラを格納するシステムです。


 このスライド式のインカメラによって、
顔認証による本体ロックの解除を
行えるようになっています。


 本体ロック解除のたびに使用するので、
30万回以上の耐久性試験が試されています。

いかがでしょうか、たしかにOPPOには、
10万円前後の端末もあります。


しかし画面内の指紋認証等、
高い性能を有いしているにも関わらず、
5万円台の端末もあります。


OPPOの中でもこれ!!コスパがよくスマホゲームも快適なR17NEOとは


OPPOの中でも特におすすめ出来る端末が、
R17NEOです。


R17NEOは、前述した画面内の
指紋認証を日本で初めて搭載した
端末になります。


ディスプレイは、インカメラ部分が
水滴のようなデザインになっている
「水滴型ノッチスクリーン」です。


これにより、スマホの前面91%を
画面が占めています。


もちろん、デザインだけでなく、
機能の面でも優れています。


ストレージも128GBあるので、
ゲームアプリなども大量にダウンロード可能です。


バッテリーも3600mAhと大容量なので、
連続待ち受け時間が300時間もあります。


ここまでの性能で、
Amazon価格:28,600円とスマホにしては、
安価に購入することが可能です。


しかし、1点だけ欠点があります。


防水・防滴に対応していないことです。


そのままでは、お風呂などで
スマホゲームやネットサーフィンを楽しむ事は
出来ません。


しかし、スマホ用の防水袋(タッチ可能)に
入れておけば、お風呂でも問題無く楽しむことが
出来ます。


スマホが一般的になって久しい昨今では、
スマホ用の防水袋も100円均一で
入手することが可能です。


袋に入れた状態では、
指紋認証機能を使うことは出来ません。

スマホゲームはUQモバイル!?圧倒的に選ばれ続けている理由


UQモバイルは、
データ通信が無制限のプランがあります。


モバイルWi-Fiルーターである
UQWIMAXと同時契約するプランです。


もともとUQWIMAXは
データ通信の無制限を謳っているルーターなので、
当然、使いたい放題です。


特に、スマホゲームを楽しんでいると、
どうしてもデータ通信の上限に
すぐに届いてしまいます。


50GBでも安心することは出来ません。


しかし、UQモバイルなら
そんな心配は無用なのです。


UQモバイルを含めた格安simは、
データ通信料金を安くする代わりに、
通話に関するサービスを減らして
安い料金プランを実現しています。


LINE等の通話機能を搭載した
snsが広く使われるようになった今では、
長い通話で通常の通話機能を使うこと自体が
珍しいので、格安simの方が圧倒的に安いのです。


通話利用金を下げるために、
3年ほど前に盛んに行われていた
3大キャリアと格安simの2台持ちも、
個人用ではあまり見られなくなってきました。

ダブルでお得!! OPPOとUQモバイルがスマホゲームの最強コンビ


OPPOの端末は、UQモバイルでも
取り扱われています。


前述の通り、UQモバイルは
データ通信が無制限のプランがあるため、
スマホゲームをするうえで
最適な格安simと言えます。


さらに、安くて使い勝手の良い
OPPOのR17NEOを契約することで、
安く快適にスマホゲームを楽しむことが可能です。


まさに、スマホゲームの
最強コンビと言えます。


スマホゲームだけで無く日常使いとしても、
インターネットメインで使用することが
多いスマホは、UQモバイルがお得です。


スマホゲームをするために
データ通信が無制限のプランを
契約しているので、ネットサーフィンなども、
気にせずに楽しむことが出来ます。


昨今一大ブームを巻き起こしている
動画配信サービスも、
どこでも楽しむことが出来るので、
退屈する時が無くなります。


OPPOのR17NEOも
大容量のストレージがあるので、
スマホゲームや動画配信サービス等の
エンターテインメントに最適です。


是非、UQモバイルで
R17NEOをお楽しみください。

UQモバイルでOPPOを使ってスマホゲームを遊び尽くそう!!


いかがでしたでしょうか、

今回はコストパフォーマンスに非常に優れた
OPPOのR17NEOに焦点を当てて
紹介しました。


しかしUQモバイルには、
他にも優秀な端末や安価な端末はあります。


是非UQモバイルのホームページで
ご自身にあったスマホを探して見てください。


スマホゲームを楽しみ尽くしましょう。

格安SIM乗り換えがポイント?グラブルMVPゲットの裏ワザは

個人的に最近CMで見なくなった
“グラブル”(※個人の意見です)。

毎日コツコツと楽しんでいるのですが、
過去にマルチプレイでMVPを
取ることができず悔しい思いをしました。

自分の方がランクが高くても取れない・・・、

そういう思いをした人は
少なからずいると思います。

そこで、MVPを比較的取りやすくするための
方法を紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のことが分かります。

  • マルチプレイでMVPを取りやすくするには?
  • 端末性能とMVP、どのような関係があるのか?
  • なぜ格安スマホ(格安SIM)がオススメなのか?

(1)どういう点が面白いの?グラブルの魅力とは

スマホゲームによく見られる《ガチャ》、
その《ガチャ》で排出された物(者)によって
ゲームの進行が通常よりもスムーズに行くことが多いと思います。

その《ガチャ》でより強い物(者)を
引き当てるために、中には“課金”を
する人が一定数います。

その“課金”するかしないかの差によって
プレイヤーの強さが大きく違ってくるのが
ほとんどです。

それと違って“グラブル”の場合、
《課金額=プレイヤーの強さ》ではなく、
自分のやりこみで強くなるので、
課金者との差があまり出ないと感じる点が
良いと感じました。

また、“グラブル”はクエストを単に進めるのではなく、
ストーリー展開が面白いので、
キャラゲーとしての楽しみ方もあると感じました。

(2)めっちゃ悔しい!自分より弱いのにMVPを取られる苦い記憶

段々とやりこんでいってマルチプレイをした際に
感じたのが、実力の差・・・。

そこからさらに頑張って強くなっても、
自分の方がランクなどが上なのに、
MVPが取れなくて、
とてつもなく悔しい思いをしたことが多々あります。

MVPを取るためにネットで調べてみたところ、
MVPを取るためには各種設定などを変えて、
マルチプレイに迅速に参加するのが
コツと書かれていました。

しかしそれでもMVPをとることが
できませんでした。

(3)MVPを取る方法?実はスマホの端末性能が・・・!

実はある時を境に、MVPを
そこそこ取れるようになりました。

その理由としてランクや装備が
良くなったというのもありますが、
スマホの機種変更で端末性能が上がった
というのもあります。

というのも、前の端末と比べたときに、
強制的に電源が落ちることがなくなり、
画面の動きが鈍くなることがなくなったので、
キャラがスムーズに動くようになりました。

マルチプレイは他のプレイヤーが多数いるので、
スマホの処理がとてつもなく重くなり、
スマホの頭脳に相当するCPUが
優秀であれば処理も速く、
スムーズにこなすことができると思いました。

このことから、“グラブル”の
マルチプレイでMVPを取りたいのならば、
ランクや装備だけでなく、
自身が使っている端末性能が
大きく関わっているというのが分かりました。

(4)CPUが優秀ならばゲームが快適に!?端末処理能力が良いのは・・・

グラブルでMVPを取りやすくする方法の中で、
自身の端末性能について触れたと思います。

その端末性能の中で頭脳に相当するCPUが
優秀であればあるほど良い、
ということも。

そのCPUの性能の善し悪しを見分ける方法として、
「コアの数が何個なのか」というのがあります

一般的にコアの数が多ければ
スマホの端末処理能力が良くなります。

というのも「コアの数=頭脳の数」なので、
パズルゲームなどの軽いものから、
MMORPGなどの処理が遅くなりやすいものまで
スムーズにプレイをすることが可能になるのです。

その端末処理能力が良いのが
“オクタコア”と呼ばれるもので、
コアの数が“8個”となっています。

そして“オクタコア”が搭載されている
スマホというのは、
スマホゲームに特化した
“ゲーミングスマホ”や
企業が出している最新版の端末だったりします。

“ゲーミングスマホ”は名前の通り、
ゲームをするために作られた端末で、
端末性能はとてつもなく良いものです。

快適にプレイできることは間違いないのですが、
如何せん財布にだけは優しくないのが現実です。

企業が出している最新版の端末について、
大手携帯会社では扱っていない
高性能&最新版の端末があることが多いです。

型落ちのスマホが多いのも事実ですが、
最新のスマホも多く取り扱っています。

(5)最新&高性能端末を格安SIMで快適にゲームを!

大手携帯会社だと高いと感じる端末料金や
ゴチャゴチャとしたオプションが
限りなく少ない格安スマホにすれば、
最新かつ高性能端末をお得にゲットすることが可能です。

また、値段が少々高くなってしまいますが、
SIMフリーの端末を購入して
格安スマホの会社と契約するという方法もあります。

この場合のメリットとして挙げられるのが、
自分好みの端末を使うことができると言うことです。

SIMフリーの端末の具体的な
例として挙げるのならば、
HUAWEIのMate 20 Proです。

機種名:Mate 20 Pro

会社:HUAWEI

CPU:HUAWEI Kirin 980

コア数:8個(オクタコア)

RAM:6GB

ROM:128GB

バッテリー容量:4200mAh

画面の大きさ:6.39インチ

対応回線:docomo/au/softbank

ゲームをするのに最適と言っても良いぐらい
端末性能が抜群だと思います。

CPUはオクタコアで、メモリーは128GB、
バッテリー容量もは,200mAhと大容量で
電池も長持ちします。

(6)毎月払う料金が減ることによる恩恵とは?

格安SIMに乗り換えることによって、
高性能端末を使っているのにもかかわらず、
毎月払う料金が少なくなると思います。

請求される料金が少なくなることによる
メリットは大きいです。

単純に、乗り換える前と後での料金の
差額分が浮きます。

課金の中でも、毎月継続して課金するものと、
カードを使って課金する方法がありますが、
この差額分を使って今までよりも
多く課金することができます。

毎月継続して課金する料金を増やせば、
ゲーム内での特典が増え、
今まで以上に楽しめること間違いなしです。

また、カードでの課金でも、
今まで1枚だけだったのが
2枚購入することができると思います。

もしくは、ゲームによって現実での
イベント・コラボがあります。

それに参加するための遠征費だったり、
グッズの購入費などに
割り当てることができます。

特に自分の好きなタイトルだったら
尚更だと思います。

(7)格安SIMではお得だけでなくグラブルも楽しめる!?

グラブルというゲームの性質上、
データ通信量が他のゲームよりも多くなってしまいがちです。

「データ通信量が多い=請求額が多い」
ということなので、通信速度制限に
かかってしまうことが多いです。

請求額を少なくして通信速度制限に
かからないようにするには、
大手携帯会社ではとても難しいです。

格安SIMならそれを実現すること
できるのでとてもオススメです。

契約する会社によっては、
グラブルのデータ通信量を
抑えることができたり、
攻略動画などを無制限で見れたり、
データ通信量が無制限な
プラン・オプションがありますよ。

(8)まとめ

いかがだったでしょうか。

“グラブル”の魅力やマルチプレイでの
MVPを取りやすくする方法、
ゲームの快適さ=CPUの性能、
というのが分かったと思います。

まとめると、

  • “グラブル”は課金者との差が出にくい!
  • MVPを取るなら、ランクを上げて装備を整えたり、
    端末性能を確認する!
  • SIMフリースマホなら最新&高性能端末で
    快適にプレイできる!

ということです。       

あなたが快適に楽しく“グラブル”が
できることを願っています。

キンスレにはAQUOS sense2が最適?門外不出の秘密の理由とは

キンスレにはAQUOS sense2が最適?門外不出の秘密の理由とは

超本格リアルタイムRPG KING’s RAIDといえば、
可愛いキャラクター、美麗なグラフィック、
ド派手な演出で大人気のスマホゲーですよね。


しかし、スマホの性能が低くいと、
せっかく育てたお気に入りのキャラクターの魅力が
最大限に引き出せません。


キンスレプレイヤーなら、
絶対に綺麗な画面でゲームをした方が、
より充実した毎日を過ごせます。


そう思いませんか?


・キンスレに最適!圧倒的画質の格安スマホとは!?
・画質だけが売りじゃない!スマホの充電が長持ちする秘密!
・スマホを乗り換えるなら今がチャンス!その理由とは??


数あるスマホの現行機種の中から、
私がキンスレプレイヤーに
一番お薦めのスマホを紹介します。

キンスレプレイヤーなら絶対IGZO液晶のスマホがお薦め!


キンスレの最大の魅力は、
やっぱり手塩にかけて育てた
お気に入りのキャラの大活躍。


出来れば、お気にのキャラの
派手なスキル演出は少しでも
綺麗な画面で鑑賞したいですよね。


そんな貴方にお薦めしたいのが、
S-pureLEDと新画像処理エンジンによって
実現した圧倒的高画質を誇る
IGZO液晶搭載のスマートフォンです。


あのSHARPの技術力によって
開発されたIGZO液晶搭載の
AQUOSシリーズにスマホを乗り換えて、
心行くまでキンスレを楽しんでください。

画質だけじゃない!私がIGZO液晶をお薦めする理由!

画質の凄さだけでも、
十分にAQUOSのスマホをお薦めする
理由になるのですが、IGZO液晶は
それだけじゃありません。


薄膜トランジスタを従来の
アモルファス液晶より小型化している
IGZO液晶なら、消費電力の効率が
上げられるので、パワフルな電池持ちが
実現するんです。


え?よくわからない?


つまりスマホの充電が、
IGZO液晶搭載ならより長持ちするってことです。


充電が長持ちするなら
放置周回効率が上がるってこと、
キンスレプレイヤーならよーくわかりますよね。

高画質なIGZO液晶スマホは高い?ご安心ください!


IGZO液晶がキンスレ向きなのは、
わかっていただけと思います。


でも、そんなすごい技術を搭載したスマホなら、
きっと本体代金も高い。


そう思いますよね?


それが違うんです!

今ならなんと、IGZO液晶搭載の
SHAPR 制AQUOS sense2が
月々800円で買えちゃうんです。

5000円キャッシュバックキャンペーンもやっている!?


今お使いのスマートホンで
キンスレの魅力を最大限に引き出せていますか?


もし自信がなければ、今すぐ
UQモバイルに乗り換えがお薦め!


こちらのキャンペーンサイトなら、
AQUOS sense2が月々800円で貴方の物に!


しかも、スマホ料金も通信料3Gの
スマホプランライトSが月額たったの1980円。


高いスマホ代の節約にも繋がりそうですよね!


そして、ご覧のとおり5000円の
キャッシュバックキャンペーンもやっています。


キャッシュバックの5000円で
おきにのキャラに衣装を買ってあげることも
できますよ!

・IGZO液晶搭載AQUOSsense2なら
 高画質でキンスレが遊べる!
・充電も長持ちすること間違いなしなので、
 放置周回も安心!
・安くなったスマホ料金とキャッシュバックで、
 お気に入りのキャラの衣装もゲット可能に!

そこのキンスレプレイヤーの貴方!


キンスレの魅力を最大限に引き出す
IGZO液晶搭載スマホで、
お気に入りのキャラと新衣装を存分に
楽しんでくださいね。


キンスレプレイヤーのスマホ乗り換えは、
絶対今がお得ですよー!

格安SIM限定!お風呂でスマホゲームも安心の防水スマホ大公開


皆さんはお風呂で本を読んだり、
スマホを使ったりする人でしょうか。

本に関してはいろいろと便利グッズが
販売されていますが、
スマホの防水に関しての便利グッズは
まだまだ少ないと思います。

スマホの防水グッズが少ない中で、
お風呂の中で使うには端末の防水性能に
頼るほかありません。

風呂場での「ついうっかり」に
よる端末故障、それを防げるような
スマホを紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のような悩みが解決されます。


● そもそも“防水性能”はどこの項目を見ればいいのか?
● そもそもゲームをするのに重視する項目とは?
● “高性能&防水”のおすすめ格安スマホとは?

(1)防水性能の善し悪しが判る項目とは?


スマホの防水性能が判るのは
“IP◯◯”という項目です。

左側の◯部分は“防塵性能”を表し、
右側の◯部分は“防水性能”を表しています。

今回は右側の“防水性能”について解説します。

“防水性能”を表す数字は0~8で、
数字が大きい方が性能が良いです。

”左側の“防塵性能”は今回問わないので
“X(エックス)”とおいときます。

● IP X0
→保護なし(防水性能がない)
● IP X1
→鉛直滴下に対する防水性能がある。(防滴 Ⅰ 形)
● IP X2
→15°の傾斜時における鉛直滴下に対する防水性能がある。(防滴 Ⅱ 形)
● IP X3
→鉛直から60°以内の噴霧上に対する防水性能がある。(防雨形)
● IP X4
→全方向からの水の飛沫に対する防水性能がある。(防沫形)
● IP X5
→全方向からの水の直接噴流に対する防水性能がある。(防噴流形)
● IP X6
→波浪または全方向からの水の直接噴流に対する防水性能がある。(耐水形)
● IP X7
→水中に一定の時間、浸漬することに対しての防水性能がある。(防浸形)
● IP X8
→水中に連続して水没することに対しての防水性能がある。(水中形)

シャワーだけでなく、
外出時の突然の大雨などにも対応することが
できるので、最低でも“IP X6”であることが
望ましいです。

理想をいえば“IP X7”以上が良いのですが・・・。

(2)スマホゲームに適している端末のスペックとは?


通学・通勤中などの暇つぶしなどに
スマホゲームをする人が増えてきました。

そういう私もよくモンストなどをするのですが、
プレイしたいゲームによっては容量を
多くとってしまったり、
通信量が多かったりします。

ゲームを快適にプレイしたいのに
「画質を下げないと電源が落ちる」
「したいゲームがあるのに容量が少なくて
ダウンロードできない」など、
端末性能に関する不満が少なからずある、
もしくはあったと思います。

私自身も過去に、
モンスト以外にも3つ程ゲームを
ダウンロードしてあったのですが、
容量が少なかった関係で消去してしまいました。

個人的にゲームを主とおくのならば、
チェックしておきたい項目が4つ程あります。

CPU

プログラムの処理速度に関する
性能を表していて、スマホの頭脳に相当します。

高性能なCPUの代表としてよく挙げられるのが《Snapdragon845》《Kirin970》、
Appleの《A12》です。

数字が大きければ大きいほど性能がよく、
端末価格も高くなってきます。

またコア数も性能の善し悪しに
関わってきます。

シングルコア・デュアルコア・クアドコア・
オクタコアの順に性能が良くなっていきます。

RAM

“CPU”はデータの処理速度に対して、
“RAM”はデータの処理可能量を表しています。

単位はGBで、ゲーム用なら
最低でも2GBは必要と感じます。

ROM

ストレージとも呼ばれていて、
ゲームのアプリはもちろん、
写真や動画などの保存領域となっています。

ゲームのダウンロードする数にもよりますが、
最低でも32GBは欲しいです。

解像度

MMORPGなどのグラフィックを
重視する人にとっては、
最低でもフルHDは欲しいです。

ゲーム以外にも写真や動画などの
画質にも影響があるので、あって損はないです。

(3)防水&高性能なスマホの条件とは?

これらのことを踏まえると
“IP X6”以上を満たす防水性能、
そして“RAM”は2GB以上/
“ROM”は32GB以上/解像度はフルHDを
満たす端末性能が望ましいと思います。

これらの条件を満たす格安スマホを
探してみました。

その中でもおすすめなのがこれらの端末です。

● iPhone7
● AQUOS sense2

ではそれぞれの端末性能を
紹介していこうと思います。

(4)おすすめの iPhone7 の端末性能とは

機種名:iPhone7
CPU:A10
RAM:2GB
ROM:128GB
解像度:1,334×750
画面の大きさ:4.7インチ
防塵防水:IP 67
バッテリー容量:1,960mAh

(5)おすすめの AQUOS sense2 の端末性能とは

機種名:AQUOS sense2
CPU:Snapdragon450
RAM:3GB
ROM:32GB
解像度:2,160×1,080
画面の大きさ:5.5インチ
防塵防水:IP 68
バッテリー容量:2,700mAh

(6)まとめ

いかがだったでしょうか。

防水性能・端末性能の善し悪しの判別方法、
おすすめの端末性能が分かったと思います。

まとめると

● 防水性能は最低でも“IP X6”以上!
● 端末性能の善し悪しは“CPU”“RAM”
  “ROM”“解像度”の4項目を要確認!
● 防水&高性能な“iPhone7”または
  “AQUOS sense2”がおすすめ!

あなたが快適にスマホが
使えることを願っています。

落下水没OK!スマホゲーム可能な超強靭端末が買える格安SIMは


皆さんはスマホをどういった用途で
使用しているのでしょうか。

人によっては連絡用であったり、
ゲーム用であったり、撮影用であったりなど、
用途は十人十色です。

そんな様々な所で使われるスマホですが、
ふとした瞬間に手から滑り落ちて、
画面が割れてしまったり、
水没してしまったり・・・と、
故障してしまった経験がある人は多いと思います。

そういったスマホの故障を
最小限に抑えられることできる端末を
しらべてみました。

特に最近勢いのある“格安スマホ”を
中心に調べてみました。

この記事を読むことによって、
以下のことが分かります。


● “耐久性”を表す指標は?
● “防水性能”“防塵性能”を表す指標は?
● オススメの端末は?

(1)使う環境によって求められる要素が異なる。


スマホを使う環境、すなわち場所によって
必要となるものが異なってきます。

人によっては家の中でもリビングやキッチンで、
外出時には電車の中やスポーツなどで
使うと思います。

リビングで求められる要素

座っているか立っているのかによって
変わってきます。

座っている場合に気をつけたいのが
不注意による飲み物をこぼすことです。

これに対応するためには“防水性能”が
必要となってきます。

また立っている場合に気をつけたいのが、
スマホを床に落としてしまうことです。

これに対応するためには“耐衝撃性能”、
つまり“耐久性”が必要となってきます。

キッチンで求められる要素

おそらくキッチンで使うときというのは、
洗い物中の暇つぶしや料理中に
レシピ参考のときに使うと思います。

私自身も気をつけているのが
スマホに水がかからないようにすること。

直接スマホに水を浴びせるわけでは
ありませんが、
連絡がかかってきたときのことを考えると、
やっぱり必要となってくるのが
“防水性能”だと思います。

スポーツで求められる要素

スポーツの種類にもよりますが、
必要となってくるのは“耐久性“防水性能”
“防塵性能”の3つだと思います。

“耐久性”は走っているときなどの落下対策で、
“防水性能”は突然の大雨などで、
“防塵性能”は浜辺などでの落下対策のためです。

これらの状況3種類を考えると、
“耐久性”“防水性能”“防塵性能”が
必要となってくるこが分かります。

それぞれの程度を表す指標について
説明していこうと思います。

(2)“耐久性”を示す指標とは?


残念ながら“耐久性”を詳しく表す指標は
ありませんでした。

この場合、スマホの“耐久性”は
メーカー独自の規格となっており、
メーカーによって“耐久性”の調査方法が
異なっている思われます。

(3)“防水性能”を表す指標とは?


“防水性能”を詳しく表す指標は
IEC(国際電気標準会議)で定められています。

指標0~8まであり、
最低でも6は欲しいところです。

“防塵性能”と同じ所に記載されており、
右側が“防水性能”を表します。

IP X0:防水性能が無い
IP X1:20cmの高さから10分間の水滴(地面に対して垂直)
IP X2:20cmの高さから10分間の水滴(地面に対して15°)
IP X3:20cmの高さから10分間の放水(地面に対して60°)
IP X4:30~50cmの高さから10分間の放水(全方位から)
IP X5:3mの距離から3分間の噴流水
IP X6:3mの距離から3分間のより強い噴流水
IP X7:水面下15cm~100cmの深さで30分間
IP X8:水面下での使用が可能

(4)“防塵性能”を表す指標とは?


“防塵性能”を詳しく表す指標は
IEC(国際電気標準会議)で定められています。

指標0~6まであり、
最低でも5は欲しいところです。

“防水性能”と同じ所に記載されており、
左側が“防塵性能”を表します。

IP 0X:防塵性能が無い
IP 1X:直径50mm以上の固形が内部に侵入しない
IP 2X:直径12mm以上の固形が内部に侵入しない
IP 3X:直径2.5mm以上の工具先端や固形が内部に侵入しない
IP 4X:直径1.0mm以上のワイヤーや固形が内部に侵入しない
IP 5X:安全を損なう程の量の粉塵が内部に侵入しない
IP 6X:粉塵の侵入が完全に保護されている

(5)ゲームをする人にとって必要な要素とは?


「“耐久性”“防水性能”“防塵性能”
どれが最も必要?」と聞かれたら、
私は“耐久性”、次点で“防水性能”と
答えると思います。

“耐久性”に関しては家の中や
外出時を問わず、スマホを落として
画面を割ってしまう、という事故を
限りなく減らすことができるからです。

“防水性能”に関しては、
個人的に外出時の大雨対策が理由です。

それはともかく、ゲームをする人にとって
要となってくるのが『スマホの故障対策』
と言うよりかは『端末性能の善し悪し』
だと思います。

ゲームのジャンルによっては
“故障対策”よりも“端末性能”を
重視すると考えます。

私がプレイしているモンストなどの
比較的データ通信量が軽いものは
“端末性能”がそこそこでも良いのですが、
MMORPGなどのグラフィック重視する人にとっては
ハイスペックでないと楽しめないと思います。

(6)“故障対策”と“端末性能”、どちらを選ぶのか・・・


格安スマホを販売している会社の中で、
個人的におすすめしたい端末を紹介します。

“故障対策”重視なら・・

機種名:arrows M04
会社:富士通
CPU:Snapdragon410
RAM:2GB
ROM:16GB
バッテリー容量:2,580mAh

arrowsシリーズの魅力である
“耐久性”は引き継がれています。

耐衝撃は1.5mからの落下、
防水防塵機能もバッチリです。

また、ハンドソープでスマホ本体を
洗うことができます。

“端末性能”重視なら・・・

機種名:ZenFoneMaxProM2
会社:ASUS
CPU:Snapdragon632 または Snapgragon660
RAM:4GB
ROM:32GB または 64GB
バッテリー容量:4,000mAh または 5,000mAh

とにかく目を引くのが
バッテリー容量だと思います。

大容量で充電を気にせず長時間ゲームが
できると思います。

またその他の数値も良いので、
MMORPGを快適にプレイすることが
できると思います。

(7)まとめ


いかがだったでしょうか。

格安スマホでも耐久性のある端末があり、
耐久性を重視しないのであれば
高性能な端末があることが分かったと思います。

まとめると、

● “故障対策”ならarrows M04がオススメ!
● “端末性能”ならZenFoneProMaxM2がオススメ!
● ゲームをするなら“故障対策”より
  “端末性能”を重視した方が良い

あなたが快適にスマホを
使えることを願っています。

iPhoneより快適?!低料金でスマホゲームが楽しめる優秀端末は

皆さんはスマホでゲームをしているでしょうか。

私の場合、使っている端末のストレージの
容量が足りないので、
比較的軽いゲームをしています。

本音を言えば、グラフィックが綺麗な
ゲームをしてみたいところです。

最近のスマホゲームは
パソコン並みにグラフィックが綺麗になってきて、
綺麗に映し出すためにも
ある程度の端末性能が必要となります。

そんな、ある程度の端末性能が確保されていて、
なおかつ財布にも優しい《格安スマホ》を
紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のことが分かります。

  • グラフィック重視の端末とは?
  • なぜ、格安スマホがオススメなのか?
  • スマホゲーム向けのオススメ端末は?

(1)グラフィックを楽しみたい人向けのスマホとは?

スマホゲームのジャンルの中で、
特に“MMORPG”を楽しみたい人にとって
《通信環境》と同時に《グラフィック》を
重視していると思います。

私自身が過去に使っていた端末で
最高峰グラフィックのゲーム
“アヴァベル”をプレイしていたのですが、
端末の性能不足でグラフィックを最低にしていました。

その影響で
「キャラの動きが鈍くて操作性が非常に悪く、
モンスターの攻撃を受けまくって
拠点に逆戻りを何度もする」という
苦い思い出があります。

これを考慮に入れると重視していきたいのが
《端末性能》、
特にグラフィックの善し悪しに直結する
“解像度”と、それに関する
“CPU”“RAM”の項目が重要だと考えられます。

そこで、オススメしたいのが財布にも優しく、
意外と高性能な端末を扱っている
《格安スマホ》です。

(2)憧れのゲーミングスマホ・・・財布に大ダメージ!?

スマホゲームに特化している
“ゲーミングスマホ”と呼ばれる
端末があります。

この端末を扱うことのメリットととして
挙げられるのがなんと言っても
「スマホゲームを快適に出来る」ということです。

なぜかというと、
データ処理の速度に関する“CPU”、
データ処理の容量に関する“RAM”、
ストレージとも呼ばれる“ROM”、
グラフィックに関する“解像度”の値が
それぞれ非常に優秀です。

しかしデメリットとして挙げられるのが、
「端末費用が高い」ことだと思います。

ほとんどのゲーミングスマホは
10万円を超えていて、
購入するのに勇気が必要となってきます。

それに加えて、三大キャリアで契約した場合、
ゲームでデータ通信容量を普通より必要となるため、
毎月請求される金額も嵩んでしまいます。

出来るだけ《端末性能》が良く、
毎月請求される費用も抑えたいところです。

(3)格安スマホにもゲームに適している高性能な端末が!?

皆さんが思っている《格安スマホ》イメージとして、
「大手携帯会社の扱っているスマホと
比べて性能が劣っている
」と想像している人がいると思います。

しかし、そんなイメージを
吹き飛ばすような端末も扱っています。

その例としてあげたいのが、
“OPPO_R17 Pro”だったり
“moto_g7 plus”だったり
“ASUS_ZenFone Max Pro M2”
だったりするのです。

それぞれについて紹介していこうと思います。

(4)オススメはこれ!“OPPO R17 Pro”

グラフィック重視のゲーム好きには
嬉しい端末性能となっています。

“CPU”“ROM”の値もそこそこ良く、
“解像度”はフルHD+と美麗で
“RAM”も6GBと大容量なので、
画面の動きが鈍くなることが限りなく少ないと思います。

機種名:R17 Pro

会社:OPPO

本体カラー:エメラルドグリーン/ミストグラデーション

CPU:Snapdragon710

RAM:6GB

ROM:128GB

解像度:2,340×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.4インチ

バッテリー容量:約3,700mAh

参考までに現在セール中の
《LINEモバイル》で端末費用を調べてみると、
通常だと税抜価格49,880円のところが
税抜価格39,880円となっていました。

(5)“moto_g7”はスマホゲームに適しているのか?

まず、端末性能を載せておきます。

機種名:g7

会社:モトローラ

本体カラー:セラミックブラック/クリアホワイト

CPU:Snapdragon632

RAM:4GB

ROM:64GB

解像度:2,270×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.24インチ

バッテリー容量:3,000mAh

“解像度”の項目を見るとグラフィックは
綺麗に見ることが出来ますが、
“RAM”が4GBとゲームをするには
最低限程度なので、
画面の動きが鈍くなりやすくなると思います。

グラフィックを求めないゲームなら
問題なく快適に使えると思います。

参考までに、《LINEモバイル》では
税抜価格30,800円となっています。

(6)“moto_g7 plus”はスマホゲームに適しているのか?

まず、端末性能を載せておきます。

機種名:g7 plus

会社:モトローラ

本体カラー:ディープインディゴ/ビバレッド

CPU:Snapdragon636

RAM:4GB

ROM:64GB

解像度:2,270×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.24インチ

バッテリー容量:3,000mAh

先ほど紹介した“moto_g7”と比較した際に
端末性能があまり変わってなく、
「“CPU”の性能が若干上昇したかな・・・」程度で、
“moto_g7”と同様に“パズルゲーム”なら
快適にプレイすることが出来ると思います。

参考までに、《LINEモバイル》では
税抜価格38,800円となっています。

(7)“ASUS_ZenFone Max Pro M2”

まず、端末性能を載せておきます。

機種名:ZenFone Max Pro M2

会社:ASUS

本体カラー:コズミックチタニウム/ミッドナイトブルー

CPU:Snapdragon660

RAM:4GB

ROM:64GB

解像度:2,280×1,080(フルHD+)

画面の大きさ:6.3インチ

バッテリー容量:5,000mAh

“moto_g7”と“moto_g7 plus”同じぐらいの
端末性能ですが、“バッテリー容量”が
5,000mAhと普通では考えられないくらい
大容量でスマホの充電を気にせず
楽しむことができます。

参考までに、《LINEモバイル》では
税抜価格35,500円となっています。

(8)まとめ

いかがだったでしょうか。

格安スマホでも快適にスマホゲームが
できる端末があることが分かったと思います。

  • 《グラフィック重視》なら“RAM”と“解像度”の項目を要チェック!
  • “OPPO_R17 Pro”はグラフィックが綺麗に映る!
  • 個人的に“R17 Pro”>“g7 plus”=“ZenFone Max Pro M2”>“g7”の順にオススメ!

格安ZenFoneMaxProM2でスマホゲームを快適プレイする裏技は

「スマホでゲームをするのでデータ通信量を
よく使い過ぎてしまう・・・」

「ダウンロードしたゲームがありすぎて
スマホの容量が足りない!」

「スマホの電池が持たない・・・」

など、スマホでゲームをするにあたって
不満に感じることがないでしょうか?

私自身も過去にゲームを2・3種類ぐらい
入れていて、アップロードするたびに、
スマホのデータ容量がなくなっていき、
それを解消するためにゲームを消して入れ直す、
という作業をしてきました。

それを行った結果、データ通信量が増えて
通信制限に掛かってしまう、
という事態に陥りやすくなりました。

そういったゲーム好きにとって悩みの種を
解決できる端末があるんです。

その端末はコスパが良く、
ゲームに適していると思います。

また、毎月請求される料金を抑えるためにも、《
格安スマホ》の会社から最適な
料金プラン・オプションを探しました。

この記事を読むことによって、
以下の疑問が解決されます。

  • そもそも“ZenFoneMaxProM2”の端末性能とは?
  • なぜ“ZenFoneMaxProM2”がオススメなのか?
  • スマホゲームをするのに最適な格安SIMとは?

(1)コスパ最高!?“ZenFonMaxProM2”の端末性能とは?

スマホゲームをする際に求められる性能を
中心に載せておきます。

この端末を使うことによって、
端末性能における不快感
(キャラの動きが鈍い・電池の減りが早い・
データ容量が少ない、など・・)が軽減、
または解消されると思います。

機種名:ZenFoneMaxProM2

会社:ASUS

CPU:Snapdragon632 または Snapgragon660

RAM:4GB

ROM:32GB または 64GB

画面の大きさ:6.3インチ

解像度:1,520×720(HD+) または 2,280×1,080(フルHD+)

バッテリー容量:4,000mAh または 5,000mAh

(2)なぜ“ZenFoneMaxProM””がゲームをするのにオススメなのか?

この端末“ZenFoneMaxProM2”の
オススメするポイントとして挙げられるのが、
なんと言っても《バッテリー容量》の
大きさだと思います。

最低でも4,000mAhあるので、
通常よりも長くスマホゲームをすることができます。

画面が大きく解像度も良いので、
ゲーム以外に動画を見るのにも
適していると思います。

他の性能(CPU/RAM/ROM)は
平均的でゲームをするにせよ、
動画を見るにせよ普通に使う分には問題がないです。

(3)ゲームの種類によって必要となる通信環境が異なる?

自分が使いたいゲームの種類によって
データ通信量が大きく異なります。

私自身がそうなのですが、
Wi-Fi環境が整っていない人にとっては
特に気にしている部分だと思います。

データ通信量が多くなり、通信速度制限に
掛かってしまう原因として挙げられるのが
「更新データの多さ」、すなわち「アップロードが多い」
ということです。

この《アップデート》はゲームの快適さを
上げるためなので、文句はないのですが、
なるべくこれが原因で通信速度制限には
掛かりたくないですよね。

それを回避するためには、
契約している会社の料金プラン・オプションなどで
変えるしか方法がないと思います。

ただ、料金プラン・オプションを変えた影響で、
毎月請求される料金はやっぱり抑えたいところです。

(4)“ZenFoneMaxProM2”に適した格安SIMは〇〇だ!

“ZenFoneMaxProM2”を使うにあたって
適している格安SIMは《BIG LOBE》だと思います。

ゲームを進める際の攻略の手口として、
YouTubeなどで攻略動画を見ると思います。

私の場合はモンストのクエストを
進めるときによく見ます。

その動画を何回も見ているとデータ通信量を
多く使ってしまい、通信速度制限に
何回も掛かってしまいました。

そんなYouTubeでの動画視聴の際に掛かるデータ通信量を
ゼロにできるオプションが《BIG LOBE》にあります。

そのオプションはコースによりますが、
月額480円で加入できる《エンタメフリー・オプション》
というのがあります。

このオプションに加入することによって、
ゲーム攻略の助けとなるだけでなく、
ゲームのスタミナ待ちなどの際に動画を
データ通信量なしに見ることができるのです。

(5)まとめ

いかがだったでしょうか。

バッテリー容量が5,000mAhという
電池を気にせずゲームをすることができる
“ZenFoneMaxProM2”を、
《BIG LOBE》のエンタメフリー・オプションに
加入することで攻略の助けとなること間違いなしです。

まとめると、

  • “ZenFoneMaxProM2”のバッテリーは大容量!
  • “ZenFoneMaxProM2”は画質が良く、グラフィックが綺麗!
  • 《BIG LOBE》のエンタメフリー・オプションで動画見放題!

ということです。   

AQUOS sense2に最適スマホゲームがモンストである理由とは


・安い端末が良いけど性能が欲しい
・今ガラケーだけどスマホゲームをしたい
・モンスターストライクしたいだけだけどスマホは端末が高い


この記事は、そんなあなたのための記事です。

ここではそうした悩みを解決します。

端末は安くていい!?モンストが端末スペックを不問の理由


スマホゲームの中に長年人気となっているゲーム
「モンスターストライク」があります。


このゲームが長年人気となっている理由は、
LINEが使えて、ゲームアプリをダウンロード出来る
スマホならどれでもプレイ可能であることです。


スマホゲームによっては、ハイスペックな
スマホでなければプレイできない物もあります。


しかしモンスターストライクなら
そのような心配は不要です。


そのため、条件を満たすなら
端末は安い方が良いのです。


また、モンスターストライクは、
モンスターのビジュアルも人気があるゲームです。


しかし、モンスターストライクの魅力として挙げられるのが、
「マルチプレイ」です。


マルチプレイは、LINE等の通話可能な
アプリを介して、複数人で通話しながら
同時にゲームを進めていくというものです。


モンスターストライクはゲームと
マルチプレイ用の通話アプリで、
かなりのデータ通信量(以下ギガ)を消費します。


そのため、データ通信が安い
格安スマホは相性が良いと言えるのです。

最安はUQモバイル!?AQUOS sense2はなぜ504円なのか


AQUOS sense2を504円で契約するには、
UQモバイルで「ピッタリ・おしゃべりプランS」
(月額2138円)に加入する必要があります。


「ピッタリ・おしゃべりプランS」は、
「ピッタリプラン」と「おしゃべりプラン」の
2つに分かれています。


格安スマホでは珍しく「通話する人」への
サービスとなっております。


「おしゃべりプラン」は、5分以内の国内通話が
何度かけても無料というものです。


3大キャリアでは特に珍しくないサービスですが、
前述の通り通話系の割引が少ない格安スマホでは、
珍しいサービスです。


「ピッタリプランS」は、月に60分間無料通話が
適用されるというサービスです。


この60分は、おしゃべりプランのように
小分けにして使ってもいいですし、
一度に60分無料で話すことも可能です。


このようなお得なプランに加入でき、
その上2か月目以降の端末代金と同等の割引まで入ります。


そのため、504円で端末が買える計算になるのです。

これが504円!?AQUOS sense2の驚異の性能とは


AQUOS sense2はシャープが独自に
展開しているAQUOSシリーズの一つです。

UQモバイルなら504円の端末代金で
購入可能なスマホですが、実際その性能は
どのようなものなのでしょうか。


まず、スマホと言えば画面サイズが大きな、
ポイントになりなます。

ゲーム用に購入するならなおさらですよね。

AQUOS sense2の画面は、5.5インチになっております。


このサイズは、iphone11よりは小さいですが、
Android oneS5やZenfoneLive(L1)と
同等のサイズになっております。


次にバッテリー容量ですが、2,700mAhとなっており、
連続待受時間は約650時間です。


KDDIの独自調査によると、
平均的なスマホの利用であれば、
約125時間の電池持ち時間です。


防水防塵使用のスマホですので、
場所を選ばずにゲームを楽しむことが可能です。


OSは、Android 8.1ですので、
最新のスマホではありませんが、
使えないアプリは少ないです。


また、そんなに新しい端末でもないですが、
生体認証機能を搭載しています。


指紋認証機能はもちろん、近年iphoneにも
搭載され始めた顔認証機能も付いています。

UQモバイルで安価にモンスターストライクを楽しもう!!


いかがでしたでしょうか、AQUOS sense2で
あれば特にストレスなくモンスターストライクを
楽しむことが可能です。

防水・防塵も備えているので、
海辺やお風呂でも使うことが出来ます。


UQモバイルでは、このように特定の
プラン加入することで、端末代金を信じられない額で
割引するサービスを行っています。


まるでかつて流行った0円スマホの様ですが、
契約後にその分の料金を上乗せされていた当時とは
根本的に異なります。


是非、皆さんもUQモバイルで安く
スマホゲームを楽しんでください。

今回関係する格安スマホのメリットは?


1.UQモバイルなら端末が安い
2.安いので2台持ち出来る
3.格安スマホは、データ通信が安いのでスマホゲームにピッタリ

OPPOvsHUAWEI ROGphone ZenFone最強ゲーミングスマホは?

やっぱり懐にも優しく!格安SIMのスマホ

「《格安スマホ》で扱っているスマホは、
性能が悪い」と思っていませんか?

実はそうでもないんです。

スマホで快適にゲームをするという
点においては、大手携帯会社が扱っているスマホに
引けをとりません。

そんな《格安スマホ》の会社、
今回は《UQモバイル》で扱っているスマホを
紹介していこうと思います。

ゲームに適した格安スマホ①

会社:HUAWEI

機種名:P30 lite

発売時期:2019年5月

OS:Android 9.0

CPU:Kirin710

RAM:3GB

ROM:32GB

画面の大きさ:約6.21インチ/2312×1080ピクセル

バッテリー容量:約3,400mAh

ゲームに適した格安スマホ②

会社:OPPO

機種名R17 Neo

発売時期:2018年11月

OS:ColorOS 5.2

CPU:Snapdragon660

RAM:4GB

ROM:128GB

画面の大きさ:約6.4インチ/2340×1080ピクセル

バッテリー容量:約3,600mAh

オススメの料金プラン

快適にスマホゲームをするために
必要な端末性能とその機種が分かったと思います。

そして次に必要なのが通信環境についてです。

通信環境が整っていないと、
データを読み込むのに時間がかかってしまいます。

そこで、ある程度の通信速度と
データ通信量が確保されていて、
懐にも優しい料金プランが
《UQモバイル》に存在するのです。

そのオススメしたい料金プランは
“データ無制限プラン”で、
月額基本料金は1,980円です。

名前の通り、データ通信量は無限で、
この価格設定は同じ《UQモバイル》の
スマホプランS(3GB)に相当します。

通信速度は500kbpsです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

快適にスマホゲームをしたい人にとっては、
《UQモバイル》の端末・料金プランともに最適ですね。

もし端末が気に入らない場合は
“SIMフリー”を利用してゲームを
楽しむことができます。

まとめると、

  • 端末性能の善し悪しは5項目を要確認!
  • SIMフリーを利用すれば好きな端末で遊ぶことが可能!
  • データ無制限プランはスマホゲームに最適なプラン!

ということです。   

あなたが快適にスマホゲームが
できることを願っています。

スマホゲームならAndroid?失敗しない端末&格安SIMの選び方

家の中や電車の中など、
暇つぶしの一環としてスマホを使うと思います。

おそらく動画を見たり、
ゲームをしたりしている人が多いはずです。

私自身スマホでゲームをする際に
「読み込み時間が長い」
「グラフィックが綺麗でない」など、
不満に思ったことが多々あります。

そんな快適にスマホでゲームをするために
必要な携帯端末の性能、
懐にも優しい安価で性能の良いものを調べました。

この記事を読むことに
以下のことが分かります。

  • スマホゲーム不調の原因とは?
  • 《格安スマホ》には良い端末がないときの解決策とは?
  • オススメの料金プランとは?

(1)スマホゲームが快適にできない原因は〇〇だ!

スマホでゲームをするときに感じる不満な点は
大まかに分けると2種類あります。

それは“端末性能”と“通信環境”です。

端末性能

不満に感じる点として
「データ容量が足りないのでアップデートできない」
「グラフィックが綺麗でない」
「ゲームをしていて強制的に落ちる」
「電池の消費が激しく長持ちしない」などが
挙げられます。

ちなみに、私自身が一番不満に感じる点は
「データ容量が足りない」ことです。

今更だと思いますが、
データ容量が足りないと
「アップデートができない」
「他のアプリがダウンロードできない」
「電池消費がさらに激しくなる」
「スマホの起動に時間がかかる」など、
様々なデメリットがあります。

その解決策は至ってシンプルで、
より高性能なものに買い換えれば
良いだけなのですが、「懐にダメージが・・・」と
なってしまうのが現実です。

通信環境

現在形約している携帯会社の通信環境が悪いと
「快適にスマホゲームができない」
ということになります。

この不満点として挙げられるのが
「通信速度が遅く、読み込みに時間がかかる」
ことだと思います。

ゲームの種類にもよりますが、
1回のデータ通信量が多いものがあるので、
すぐに通信速度制限がかかってしまい、
「読み込みに時間がかかる」
ということもあります。

私自身も経験があるのですが、
ひどいときには
「読み込みに時間がかかりすぎて、
ゲームにログインできない」ということもあります。

その解決策としては、Wi-Fiを使うか、
料金プランを変えてGBを増やすか、
の2種類だと思います。

しかし、新規Wi-Fiを契約するにせよ、
料金プランを変えるにせよ、
出費が増えてしまいます。

(2)これにて解決!「機種変更は出費が・・・」

快適にスマホゲームをするための
解決策として「機種変更をする」
ことを挙げましたが、
やっぱりお金がかかってしまいます。

それに加えて
「通信速度制限を回避するために
料金プランを変更する」となると、
さらに出費が増えてしまいます。

場合によっては今までの
2倍となることもあります。

「《格安スマホ》に乗り換えた方が安くなる」
ということから、《格安スマホ》に
乗り換えようと考える人は多いです。

しかし「《格安スマホ》のスマホで
気になるのがない」ということから、
乗り換えるのを断念する人がいるのも事実です。

そんな人のために“SIMフリー”
というものがあります。

そもそも“SIMフリー”とは、
簡単に説明すると「キャリアに縛られず、
どの通信業者とも契約できる」
ことを指します。

この“SIMフリー”というものを使って、
大手携帯会社で購入した端末を使って、
《格安スマホ》に乗り換えることができるのです。

(3)快適なスマホゲームに必要な端末性能とは

快適なスマホゲームを実現するために
必要な端末性能を解説します。

端末性能の善し悪しを見分ける際に
確認する必要があるのは5項目です。

CPU

スマホにおいて頭脳の役割を担っている部分です。

この性能がゲームをする際に
キャラの動きなどに直結し、
性能が良ければキャラの動きが滑らかになります。

一般的にCPUの型番には数字がつきます。

この数値が大きければ大きいほど
性能が良いとされます。

RAM

スマホの作業スペースを担っている部分で、
メモリとも呼ばれます。

このRAMの容量が大きければ大きいほど
アプリがサクサク動きます。

スマホでゲームを快適にしたい場合は、
最低でも4GBがほしいです。

ROM

スマホのデータを保存する領域のことで、
パソコンでいうHDDやSSDに相当します。

1つのゲームで1GB以上の
データ容量が必要となることが多いため、
最低でも64GBほしいところです。

また、ROMは写真や動画の保存にも必要のため、
多くても損はないと思います。

画面の大きさ

ゲームをするときに画面が大きければ大きいほど
大迫力となります。

3D系のゲームする際など、
画面が大きいほど操作性も上昇します。

また、綺麗なグラフィックも楽しみたい場合は
解像度にも注目で、
最大限に楽しみなら
フルHD画質“1920×1080”がオススメです。

バッテリー容量

容量が多ければ多いほど、
充電せずにゲームをできる時間が長くなります。

電池の消費が激しいものが多いので、
最低でも3,000mAhがほしいです。

主に家でゲームをする場合は
あまり気にする必要はありませんが、
外出の時など考えると少ないより
多い方が良いです。