格安SIM乗り換えがポイント?グラブルMVPゲットの裏ワザは

個人的に最近CMで見なくなった
“グラブル”(※個人の意見です)。

毎日コツコツと楽しんでいるのですが、
過去にマルチプレイでMVPを
取ることができず悔しい思いをしました。

自分の方がランクが高くても取れない・・・、

そういう思いをした人は
少なからずいると思います。

そこで、MVPを比較的取りやすくするための
方法を紹介していこうと思います。

この記事を読むことによって、
以下のことが分かります。

  • マルチプレイでMVPを取りやすくするには?
  • 端末性能とMVP、どのような関係があるのか?
  • なぜ格安スマホ(格安SIM)がオススメなのか?

(1)どういう点が面白いの?グラブルの魅力とは

スマホゲームによく見られる《ガチャ》、
その《ガチャ》で排出された物(者)によって
ゲームの進行が通常よりもスムーズに行くことが多いと思います。

その《ガチャ》でより強い物(者)を
引き当てるために、中には“課金”を
する人が一定数います。

その“課金”するかしないかの差によって
プレイヤーの強さが大きく違ってくるのが
ほとんどです。

それと違って“グラブル”の場合、
《課金額=プレイヤーの強さ》ではなく、
自分のやりこみで強くなるので、
課金者との差があまり出ないと感じる点が
良いと感じました。

また、“グラブル”はクエストを単に進めるのではなく、
ストーリー展開が面白いので、
キャラゲーとしての楽しみ方もあると感じました。

(2)めっちゃ悔しい!自分より弱いのにMVPを取られる苦い記憶

段々とやりこんでいってマルチプレイをした際に
感じたのが、実力の差・・・。

そこからさらに頑張って強くなっても、
自分の方がランクなどが上なのに、
MVPが取れなくて、
とてつもなく悔しい思いをしたことが多々あります。

MVPを取るためにネットで調べてみたところ、
MVPを取るためには各種設定などを変えて、
マルチプレイに迅速に参加するのが
コツと書かれていました。

しかしそれでもMVPをとることが
できませんでした。

(3)MVPを取る方法?実はスマホの端末性能が・・・!

実はある時を境に、MVPを
そこそこ取れるようになりました。

その理由としてランクや装備が
良くなったというのもありますが、
スマホの機種変更で端末性能が上がった
というのもあります。

というのも、前の端末と比べたときに、
強制的に電源が落ちることがなくなり、
画面の動きが鈍くなることがなくなったので、
キャラがスムーズに動くようになりました。

マルチプレイは他のプレイヤーが多数いるので、
スマホの処理がとてつもなく重くなり、
スマホの頭脳に相当するCPUが
優秀であれば処理も速く、
スムーズにこなすことができると思いました。

このことから、“グラブル”の
マルチプレイでMVPを取りたいのならば、
ランクや装備だけでなく、
自身が使っている端末性能が
大きく関わっているというのが分かりました。

(4)CPUが優秀ならばゲームが快適に!?端末処理能力が良いのは・・・

グラブルでMVPを取りやすくする方法の中で、
自身の端末性能について触れたと思います。

その端末性能の中で頭脳に相当するCPUが
優秀であればあるほど良い、
ということも。

そのCPUの性能の善し悪しを見分ける方法として、
「コアの数が何個なのか」というのがあります

一般的にコアの数が多ければ
スマホの端末処理能力が良くなります。

というのも「コアの数=頭脳の数」なので、
パズルゲームなどの軽いものから、
MMORPGなどの処理が遅くなりやすいものまで
スムーズにプレイをすることが可能になるのです。

その端末処理能力が良いのが
“オクタコア”と呼ばれるもので、
コアの数が“8個”となっています。

そして“オクタコア”が搭載されている
スマホというのは、
スマホゲームに特化した
“ゲーミングスマホ”や
企業が出している最新版の端末だったりします。

“ゲーミングスマホ”は名前の通り、
ゲームをするために作られた端末で、
端末性能はとてつもなく良いものです。

快適にプレイできることは間違いないのですが、
如何せん財布にだけは優しくないのが現実です。

企業が出している最新版の端末について、
大手携帯会社では扱っていない
高性能&最新版の端末があることが多いです。

型落ちのスマホが多いのも事実ですが、
最新のスマホも多く取り扱っています。

(5)最新&高性能端末を格安SIMで快適にゲームを!

大手携帯会社だと高いと感じる端末料金や
ゴチャゴチャとしたオプションが
限りなく少ない格安スマホにすれば、
最新かつ高性能端末をお得にゲットすることが可能です。

また、値段が少々高くなってしまいますが、
SIMフリーの端末を購入して
格安スマホの会社と契約するという方法もあります。

この場合のメリットとして挙げられるのが、
自分好みの端末を使うことができると言うことです。

SIMフリーの端末の具体的な
例として挙げるのならば、
HUAWEIのMate 20 Proです。

機種名:Mate 20 Pro

会社:HUAWEI

CPU:HUAWEI Kirin 980

コア数:8個(オクタコア)

RAM:6GB

ROM:128GB

バッテリー容量:4200mAh

画面の大きさ:6.39インチ

対応回線:docomo/au/softbank

ゲームをするのに最適と言っても良いぐらい
端末性能が抜群だと思います。

CPUはオクタコアで、メモリーは128GB、
バッテリー容量もは,200mAhと大容量で
電池も長持ちします。

(6)毎月払う料金が減ることによる恩恵とは?

格安SIMに乗り換えることによって、
高性能端末を使っているのにもかかわらず、
毎月払う料金が少なくなると思います。

請求される料金が少なくなることによる
メリットは大きいです。

単純に、乗り換える前と後での料金の
差額分が浮きます。

課金の中でも、毎月継続して課金するものと、
カードを使って課金する方法がありますが、
この差額分を使って今までよりも
多く課金することができます。

毎月継続して課金する料金を増やせば、
ゲーム内での特典が増え、
今まで以上に楽しめること間違いなしです。

また、カードでの課金でも、
今まで1枚だけだったのが
2枚購入することができると思います。

もしくは、ゲームによって現実での
イベント・コラボがあります。

それに参加するための遠征費だったり、
グッズの購入費などに
割り当てることができます。

特に自分の好きなタイトルだったら
尚更だと思います。

(7)格安SIMではお得だけでなくグラブルも楽しめる!?

グラブルというゲームの性質上、
データ通信量が他のゲームよりも多くなってしまいがちです。

「データ通信量が多い=請求額が多い」
ということなので、通信速度制限に
かかってしまうことが多いです。

請求額を少なくして通信速度制限に
かからないようにするには、
大手携帯会社ではとても難しいです。

格安SIMならそれを実現すること
できるのでとてもオススメです。

契約する会社によっては、
グラブルのデータ通信量を
抑えることができたり、
攻略動画などを無制限で見れたり、
データ通信量が無制限な
プラン・オプションがありますよ。

(8)まとめ

いかがだったでしょうか。

“グラブル”の魅力やマルチプレイでの
MVPを取りやすくする方法、
ゲームの快適さ=CPUの性能、
というのが分かったと思います。

まとめると、

  • “グラブル”は課金者との差が出にくい!
  • MVPを取るなら、ランクを上げて装備を整えたり、
    端末性能を確認する!
  • SIMフリースマホなら最新&高性能端末で
    快適にプレイできる!

ということです。       

あなたが快適に楽しく“グラブル”が
できることを願っています。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/feziaffilli/sushisyo-kibun.com/public_html/wp-content/themes/refinesnowluster2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す